アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
無垢フローリングは木から切りだされています

自然素材の常識って?

  • 20
  • 11月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

普段、無垢フローリングを取り扱わないという業者さんから、
こんな質問がありました。

無垢フローリングは木から切りだされています

「自然塗装とUV塗装、どちらが傷つきにくいですか?」

「どんな色がありますか?」

「接着で施工するのですよね?」

その業者さんが当社にお問い合わせ頂いた経緯は、
関係会社の希望があったからのようなのですが、

同じフローリングでも、
合板フローリングと無垢フローリングでは、
扱いや共通認識がまったく異なることを再認識させられた質問でした。

アトピッコハウスは、材料の販売のみをしています。
施工は、お近くの業者さんにご依頼して頂いています。

施主の方からも、業者の方からも、
色々な立場の方から、お問い合わせを頂きます。

「アトピッコハウスでは、施工してくれないのですか?」

という施主の方からの問い合わせも、よくあります。

その際、

「ご近所で、自然素材を取り扱っている工務店さんに
 ご相談してみてくださいね」

とご案内しています。

『自然素材を取り扱っている』というのが大事なところ。

合板フローリングは、
「安く、早く、簡単に」を追求して開発されています。

無垢のデメリットとして、よく挙げられている
「反り」や「暴れ」などの動きが少ないです。

つまり、施工後クレームになりにくいという理由で、
大手を中心にどんどんと広がっていった経緯があります。

そういうわけで、合板フローリングしか扱ったことのない業者さんは
全国に大勢いらっしゃるのです。

自然素材を扱ったことがないと、
言語化されていないようなちょっとしたノウハウが分からず、
現場が混乱することがあります。

無垢材にしたい!という強い希望がないのであれば、
何も問題がないのですが、

そういった業者さんに、
無垢フローリングにしてください、とお願いするのは、
あまりお勧めできないのです。

冒頭で述べた

「自然塗装とUV塗装はどちらが傷つきにくいですか?」

というご質問。

アトピッコハウス入社前の、何も知らなかった私だったら、
普通の質問のように思いますが、

自然素材を扱っている業者さんからしたら、
「おや?」と思ってしまう質問だと思います。

理由は、
無垢フローリングで、傷つきやすいかどうかは、
樹種、つまり木の種類によって異なるからです。

大きく分類すると、
針葉樹はやわらかく、広葉樹は固いものが多い傾向にあります。
傷つきやすいのは、もちろんやわらかい樹種です。

自然塗装は、自然由来のオイル塗装のこと。
UV塗装は、合板フローリングの表面のような、テカっとした塗装のこと。

両者の違いをあえて挙げるならば、
自然塗装品は、無垢の風合いが味わえる。
UV塗装品は、水はねに強い。
といったところでしょうか。

たかが塗装の質問とも思えますが、
合板フローリングしか取り扱っていない方には、
「自然塗装」は耳なじみがないものです。

耳なじみがないと、
その業者さんにとって、手探りの作業が増え、
自ずと手間や時間がかかり、しいてはミスにつながることもあるのです。

一般の私たちからしたら、
大工さんならどんなものでも扱えると思いがちですが、

自然素材の施工には新建材とは異なるノウハウが必要なのが事実です。

そんな理由から自然素材の住宅をご希望されたときに、
新建材メインの業者さんに依頼されると、

家づくり中に、行き違いが起こる可能性があるのです。

ですから、アトピッコハウスは
「自然素材に慣れている会社にご相談してみて下さいね」
と、ご案内するのです。

ちなみに、冒頭の質問。

「どんな色がありますか?」

については、
色は自然の木を切り出しているので、均一ではありません。
選ぶときは、樹種で決めて頂いています。

「接着で施工するんですよね?」

殆どの無垢は、接着剤と釘で施工するものです。

自然素材という言葉が、身近になってきているとは思いますが、
やはり、まだまだ取り扱ったことがないという会社が多いです。

お魚をお魚屋さんで買うように、
お肉をお肉屋さんで買うように、

自然素材の住宅は、
自然素材を取り扱っている工務店に依頼してみましょう!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら