アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
70年以上経っても現役の無垢フローリング

建材選びは手入れのし甲斐のあるものを

  • 25
  • 11月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

質のいいものを大切に使う喜び

質の良い無垢床なら年々味わい深く変化します

先日、「マイ・インターン」という
話題の映画を見に行きました。

若くして大成功したファッション通販サイトの女性社長ジュールズ。
けれど、会社の急成長ゆえに会社・家庭ともに悩みを抱えている。

そこへ、社会福祉事業の一環で「シニアインターン」として
元電話帳印刷会社の課長として勤め上げた70歳のベンが入社。

最初は彼をうとましく思っていたジュールズが、

ベンの長年の社会経験に裏打ちされた処世術や
人生経験豊富で包容力あふれる大人の男性としての優しさに触れ
大きな影響を受けていくさまを描いたハートウォーミングな作品です。

このインターンの男性ベンを演じたのが、
個性派俳優ロバート・デニーロなのですが、
とにかくデニーロ演ずるベンのカッコイイことと言ったら…!

ファッション通販サイト会社というトレンド重視、
年齢層もとても若い社員の中にあっても
自分のポリシーを貫き、ラフな格好の若者に交じって

シワひとつないスーツと
きっちりアイロンのかかったシャツを着て

アップルのパソコンの前には
万年筆・電卓・革表紙の手帳…と

今の若者にとったら縁遠くなっているアイテムを並べる。

しかもそれらは、手入れの行き届いた
クラシックな革のスーツケースに
きっちりと収められていて、
それを大切そうに一つ一つ取り出してデスクに並べる。

そんな姿に、いかにも今時な若者の同僚たちも、徐々に影響されていきます。
一緒に観に行った夫も、思わず「かっこいい…」とつぶやくほど
そのポリシーは男女問わず新鮮に、素敵に映りました。

良いものを選び、それを丁寧に扱い、大切に持ち続ける姿が
とても品がよくて温かく、人間味に溢れていると感じたからです。

この映画を見終わって大いに影響を受けた私が
帰宅してすぐ取った行動といえば、
夫の出勤用の革靴を磨いたことです。

これまでも月に1回とか、気づいたときには
磨くようにしていましたが、
この映画を見てからは毎日のブラッシングは絶対。
週末にはクリームを塗って艶が出るまで磨き上げています。

「目指せロバート・デニーロ!」とばかりに、
せっせと靴磨きのみならず
ジャケットのブラッシングにも励んでいます。

ここで大切なのは、「自分が気に入って選んだ」
「質のいいもの」ということ。

「気に入って選んだもの」は、手入れしていても楽しいし
愛おしさがあるから手入れにも身が入ります。
そしてそれが「質のいいもの」であれば、手入れに応えて
良い艶を出し、美しく変化し、長持ちしてくれます。

それは建材も同じこと。

例えば無垢フローリングは、皆さんが思っているよりも
ずっとお手入れは簡単です。
ですが、専用クリーナーで日々のお手入れをしっかりすれば
美しい艶が出て深みが増していくことも確かです。

手を入れなかったら入れなかったなりに、
手をかけたらかけたなりに、違った変化を見せるものです。

たとえ掃除を欠かさず行ったとしても、
それがビニールクロスやクッションフロアなどの新建材だと
素材そのものの劣化や破れ・剥がれなどの傷が醜さに繋がります。

けれど無垢フローリング布クロスならば
たとえ簡単な手入れしかしていなかったとしても
多少の汚れや傷もいつのまにか馴染んで味となっていきます。

しかもマメにお掃除をしたり、無垢床ならクリーナーで磨いていけば
更にバランスよく年を重ねて、深く美しく輝きを放ってくれます。

新建材だと「おっくうな掃除」になってしまうものが
自然素材の内装材なら「美しさのためのお手入れ」となります。

この違いは大きいです。

慈しんで楽しんでお手入れするためには、
お手入れに応えてくれる質の良い素材、そして
自分の気に入った素材を選ぶことが大切です。

アトピッコハウスには、皆さんのご期待に沿える
質が良い本物の自然素材を厳選してご用意しています。

ぜひ、「長く愛していける」一品を見つけて下さいね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら