アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
釘を打ちこんでいます

自然素材を扱えるプロに任せる

  • 16
  • 12月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの尾崎奈苗です。

自然素材には個性があります

釘を打ちこんでいます

先日、友人が鎌倉に遊びに来ました。
彼女が行きたいと言った場所は、
お寺でも神社でも海でもなく、

ネットで話題になっているという、
オーダーメイドの指輪のお店でした。

事前に整理券をもらい、店の前に行くと、長蛇の列。
クリスマス前ということもあり、
大勢の若いカップルが並んでいました。

そんなウキウキで楽しそうなカップル達を
羨ましく、いえ、ほのぼのとした心持で眺めながら
私たちも並びました。

ようやく中に入ることができた小さな店の中には、
たくさんの金属の山が見え、
奥でカンカンカンカンと、職人さんがトンカチを叩く音が。

じっと様子をうかがっていると、
お客さんが選んだ金属を、
お客さんの指を一瞬見ただけで大きさを判断し、
カンカンと叩いて、
ものの1分ほどで理想の形と大きさの指輪に仕上げる職人さん。

これには驚きでした。
まさに職人技

トンカチひとつで魔法のようにリングを操る姿から
目が離せませんでした。

この技術は、一朝一夕で培われたものではなく、
毎日触れて、扱い慣れたものだからこそ、
上手に操れるのだと思いました。

自然素材も、
扱い慣れた人と、そうでない人とでは
出来上がりに大きな差が生まれます。

ものさしで測ったように全てが均一な新建材とは違い、
自然素材には、個性があります。

例えばごろ寝フローリングの場合。

同じ樹種でも木によって色味や木目の出方が違うので、
出来上がりがより美しく見えるように
並べ方を調整する必要があります。

また、
夏は膨張し、冬は伸縮する性質があるので
施工する季節により、隙間を開ける必要もあります。

そうしないと、
床が盛り上がってきたり、逆に隙間だらけの床になってしまうのです。

木の特性や、その土地の気候について詳しい人は、
すぐに判断することができます。

また、すっぴんクロスの場合。

ビニールクロスに比べると、
ジョイント部分が目立ちやすい素材です。

コークボンドが使えない分、きっちり張っていく必要があります。
糊の量の調整や貼るスピードなども、
ビニールクロスより技術の要る作業です。

普段、新建材だけを扱っている業者さんに
無理やり自然素材での施工を依頼すると、
施工後に問題が発生してしまう可能性も少なくありません。

せっかくの楽しい家づくりが、悲しいものになってしまいます。

ずっと住み続けていく家だから、
信頼できる業者さんにお任せできれば、
心の負担はずっと軽くなるはずです。

もし、自然素材を使いたいというご希望があるのであれば、
まず、業者選びの段階から
そのことを心に留めておいてください。

自然素材をうまく扱ってくれる職人さんがいるかどうか、
確認した上でご契約されることをお勧めします。

自然素材に扱い慣れた職人さんは、必ずいます。

アトピッコハウスでは、
個性のある自然素材を上手に扱ってくれる、
まさに職人技を持ち合わせた工務店をご紹介しています。

自然素材での家づくりを安心して任せられる、
お近くのはなまる工務店に是非お問合せください。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら