アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
丁寧なハンドドリップのコーヒーよりも、インスタントの方が美味しい場合もある?

自然素材が向く人、新建材が向く人

  • 17
  • 12月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

身の丈や環境、気持ちに似合ったものがいい。

丁寧なハンドドリップのコーヒーよりも、インスタントの方が美味しい場合もある?

寒さも本番、あたたかい飲み物が恋しい季節になりました。

特別に美味しいお茶やコーヒーは
温度など物理的なあたたかさだけでなく、
何かもっと別のぬくもりがあるように思います。

わたしはそのぬくもりが
淹れてくれた人のあったかい気持ちだと確信しているのですが

自分自身で淹れるお茶の時も

丁寧に「おいしくなあれ」と淹れたお茶と
慌ただしく、“ただ淹れただけのお茶”とでは
味が全然違うのです。

やはり、丁寧に思いを込めて淹れた方がおいしい。

同じお茶でも味が変わるから不思議です。

オフィスでも、お茶やコーヒーを飲む人は多いと思います。

でも、丁寧に時間をかけてお茶を淹れるのは
職場によっては難しいかもしれません。

お湯を沸かせる環境が無かったり、
そもそもお茶を淹れる時間を確保することが
困難な職場もあると思います。

自分たちで淹れなくても
自動販売機で手軽に買えるようにしていたり、

手軽なインスタントのお茶を置いている職場もあります。

茶葉から淹れたお茶とインスタントのお茶

好みの違いはあるでしょうが
一般的には茶葉から淹れた方が美味しいといえます。
そして、人が気持ちを込めて淹れたお茶の方がより美味しいはず。

でも、この考えは全ての環境に当てはまるわけではないのです。

例えば、忙しい中で髪を振り乱しながらお茶を淹れられても
悪いなあと気が引けますし、
飲みにくく、素直に味わうことができません。

環境や時間、気持ちが整っていない中で
無理して淹れるお茶は美味しくないのです。

そのような場合は、
インスタントや自動販売機の飲み物の方がよほど美味しく感じられます。

昔勤めていた職場では朝一番にお茶を淹れることが習慣となっていました。

お茶が好きな人、嫌いな人、飲む、飲まないにかかわらず
とにかく全員に淹れることが決まりでした。

飲みたくない人に淹れるのはおかしなことだと思いましたが、
昔からやってきた決まりだからと
その習慣を変えることは出来ませんでした。

お茶を含め、食品を扱う会社でしたので
茶葉はなかなか良いものを使っていました。
ポットを温め、時間をかけて淹れます。

でも、本当はお茶が飲みたくない人へ
どんな気持ちを込めて淹れていいのかわかりませんでした。

しかも、朝一番と決められたお茶出しの時間は
その会社では最も忙しい時間です。

お茶を淹れながら私が込めていた気持ちは
「なんでこんなに忙しいときに」とか
「飲みたくない人へ淹れて何の意味があるのだろう」
といったマイナスの気持ちだったと思います。

今思うとそんなお茶、恐ろしくて飲みたくありません。

それぞれの環境には、
それぞれに適したものがあると思うのです。

身の丈に合ったものが一番いいと思うのです。

もしも美味しいお茶を淹れたいのなら、
環境や時間、気持ちを整える工夫が自分自身に必要だったのです。

アトピッコハウスでも
お茶やコーヒーをいただきます。

毎日、社長や専務が時間を作って
本当においしいと思うものを
心を込めて淹れているのです。

最初にそれをいただいたとき、
この自然素材を扱うアトピッコハウスにピッタリだと思いました。

無垢のフローリング珪藻土などの塗り壁など、
自然素材の商品は
じっくりと時間をかけて作られます。

あっという間に大量に出来上がる
新建材とは異なります。

自然素材が全ての人にとって最適とは限りません。

均一に作られた工業製品にはない、
自然素材ならではの特徴がたくさんあるのです。

同じ特徴も、メリットと感じるか
デメリットと感じるかは人によって違います。

それでは自然素材にはどんな特徴があるのか、
アトピッコハウスでは無料のメールセミナーや資料をご用意しています。
お気軽にお申し込みくださいね。

失敗しない 本物の家をつくる秘訣

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら