アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

プロ向けサイトを作る意味

  • 22
  • 6月
  • 2010

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

技術的な質問を時々頂くことがあります。
プロからも、ユーザーからもです。

今プロ向けのサイトを準備中ですが、

なぜ、プロ向けに、
技術的なことを解説したサイトを作ろうと思うかというと・・・

世の中に情報が氾濫していて、
また、間違った情報や理解もあるので、

自社製品のことを正しく理解してもらうためにも
必要だと考えたからです。

今日頂いた資料請求の中にも、
吸水と、吸湿を混同しているコメントがありました。

珪藻土の壁に、水を垂らして、
吸水のスピードが早いものは、調湿性能が高い?
遅いものは、調湿性能が悪い?

そういう評価が成り立つのではないか?
という理解のようなのです。

これは、完全に誤解ですね。

スキーウェアなどに使われる「ゴアテックス」などを想像してもらえれば、
理解しやすいと思いますが、
水を透さない素材であっても、水蒸気は透します。

珪藻土の場合は、
吸湿ということになりますが、根本は同じです。

水を吸うだけなら、スポンジでも吸います。

しかし、調湿性能というのは、
目に見えない小さな分子の水蒸気を、吸湿することなので、

珪藻土の壁に水を垂らして、
染み込むスピードで評価するものではないのです。

珪藻土に水を吹きかけて、
調湿性能をアピールするデモは、解りやすいデモなので、

どこの会社でも行いますが、
調湿とは、JIS規格で定められた評価に基づき、
「吸湿」と「放湿」の両方の性能を発揮しないとならず、

また両方の性能が、最低、70g/㎡/24h以上ないと
調湿建材とは呼べないことになっています。

建築のプロには、
客観的な評価基準を理解した上で、
製品の優劣を論じるべきだと思いますね。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁
はいから小町に水を吹きかけても、

驚くほど急激には、吸水しません。

が、それは・・・
はいから小町の表面の穴が小さいからですが、
実はその方が、水蒸気を吸湿するには適しています。

だから、
はいから小町の吸放湿量(調湿性能)は、241g/㎡/24h(JIS評価)もあるのです。

つまりJIS規格の3倍以上と、
業界トップクラスの調湿性能です。

プロ向けのサイトでは、こんな
技術的なこともお伝えしたいと思っているのです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら