アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

【建築・建材展2006 開幕迫る~3月7日から4日間】

  • 25
  • 2月
  • 2006

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

建築・建材展のお知らせです。
表参道ヒルズ開発の経緯という講演もあるようです。
復活した同潤会アパートのこともあるし、今後発売する
はいからさん「洗い出し」のこともあるし、興味をそそられます。
関心のある方は参加されてみたらいかがですか?

=================================
【建築・建材展2006 開幕迫る~3月7日から4日間】
=================================
3月7日(火)~10日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催。
展示規模283社、590小間(2月21日現在)と過去最大に。
入場料が無料になる来場事前登録は3月6日(月)までの受け付けです。
事前登録がお済みでない方は、いますぐWebサイトへ!
https://www.shopbiz.jp/pages/t_index.phtml?PID=0005&TCD=AC

=====================================================================
【セミナーピックアップ】
=====================================================================
■日経アーキテクチュアセミナー「東京再生」
3月9日(木)10:00~13:00
申込番号:AC-3
受講料:5000円、日経アーキテクチュア読者3000円(各税込み)

東京都心部は、バブル崩壊後も大型プロジェクトの開発が進み、この数年 だけでも新しい大規模複合施設が続々登場しました。世界中から人気ブラ ンドや高級ホテルが集まり、超高層ビルやマンションも相次いで建てられ ています。一方で、高層ビルが高さも規模もまちまちに乱立し、ほとんど 無秩序に近い形で都市開発が進められている状況に批判の声も出ています。
経済成長を目的としたスクラップ&ビルド的発想だけでは、これからの 東京は再生できません。時には歴史資産を残しつつ、昔からのコミュニ ティーを強化しながら街づくりに取り組む姿勢が求められています。本セ ミナーでは、東京再生の今後のあり方を開発担当者や研究者が、本年2月 に開業したばかりの表参道ヒルズなど、話題プロジェクトを事例に、わか
りやすく解説します。(平島 寛 氏/日経アーキテクチュア編集長)

◎「建築による風景の再生」
光井 純 氏 シーザー・ペリ&アソシエーツジャパン(株)/
光井純&アソシエーツ建築設計事務所(株) 代表取締役

◎「表参道ヒルズの開発経緯・コンセプト・意義」
中河 吉秀 氏 森ビル(株) 都市開発本部総合計画部長

◎「趣味と都市:秋葉原のケーススタディ」
森川 嘉一郎 氏 桑沢デザイン研究所 特別任用教授

詳細・お申し込みはこちら↓
http://www.shopbiz.jp/contents/AC/7_062.phtml

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら