アトピッコハウス ブログ
  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

畳のメンテナンスについて

2016/11/02
2021/09/30

和室のある家がどんどん少なくなっています。
その反面、
畳の良さを訴える声が無くならないのも事実です。

昔はどの家にもあった畳。
でも今は和室で暮らしたことのない人の割合も増え、
畳に関する知識も、調べないと分からないことのほうが多いかもしれません。

日々のメンテナンス方法や、
古くなった時にプロに頼むメンテナンス方法について
詳しくお伝えします。

畳は裏返して使える

畳はメンテナンスして長持ちさせよう
自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスのスタッフ尾崎です。

畳が、リバーシブルってご存知でしたか?

畳は、表面を包むゴザのような畳表
芯となる板のような畳床
そして畳表を畳床に固定するための、フチとなる畳ヘリで成り立っています。

畳の劣化に伴うメンテナンスとして、
畳の裏返し、畳の表替え、新畳への交換、があります。

畳の表面が、
日焼けや擦り減りなどで傷んできたなと思ったら
裏返しのタイミングです

だいたい、3-5年と思っていてよいと思います。

畳床から畳表をはがして、畳表だけをひっくり返すと、
新品のようになるのです。

畳はリバーシブルなので、一面で3-5年、両面で6-10年使えます。

畳の表替え

畳表が両面痛んだら、次のメンテナンスは畳表の交換です。
床からはがし、畳表だけを新しいものに交換します。
タイミングとしては、6-10年です。
生活スタイルにもよるので、
分からない方は畳屋さんに一度ご相談されるとよいと思います。

表を新しいものに変えるだけで、イグサの香りが広がり
部屋まで新しくなった気分になります。

ただ、芯の部分となる畳床はそのままなので、
踏み心地は変わりません。
畳の上を歩くときに、へたった感じがある場合は
新畳に変えたほうがよいかもしれません。

畳の新調

畳のへたりが気になったり、畳の隙間が目立ち始めたら
新しい畳を新調するタイミングです。
畳の種類を変えたり、ヘリの色を変えることで
雰囲気もガラッと変わります。

最近は畳の部屋がどんどん減ってしまい、
アトピッコハウスにも、
「畳をフローリングにリフォームしたい」というお問合せが
度々あります。

生活スタイルの変化により、フローリングのほうが
使い勝手がよいのも事実ですが、
畳には、畳にしかない良さもたくさんあります。

フローリングへのリフォームを安易に決めず、
畳を新調する、というリフォーム方法
選択肢に加えていただけたら、うれしく思います。

尚、畳の裏返し、表替え、新調は
全てプロに任せましょう。

普段のメンテナンス

では、日々のメンテナンスはどうしたらよいでしょうか。

畳は、ジメジメが大敵です。
1日1回は窓を開けて、風を通すようにしましょう。

畳を守るためにカーペットを敷いている家もありますが、
それは却って畳にとって悪影響です。
湿気がこもり、カビや虫が湧く可能性もあるので、
畳はなるべく空気に触れさせておきます。

普段のメンテナンスは、
掃除機を畳の目に沿ってかけるくらいです。
あとは、日焼け跡を少なくするために
たまに家具を移動させられたらいいですね。

アトピッコハウスの畳は、
今の時代には珍しくなってしまった、
国産100%の畳です。
耐久性も高く、10年は持ちます。

我が家の子供達は、こたつに入ったことがありません。
畳にこたつ、という生活に
ものすごい憧れを抱いています(笑)

本物の畳と触れ合うことは
情操教育にも良いと言われています。
正座をしたり、ごろんと横になったり、

せっかくだから、ビニールの畳ではなく
本物のワラとイグサでできた畳と触れ合ってほしいなと思います。

「ほんものたたみ」は
採寸から敷込みまでを、腕のいい畳職人が全て行います。
そのため、施工エリアが限られてしまうのですが、
ご興味のある方は、ぜひ当社までお問合せください。

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら