アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

目的と違う商品を買ってしまう

  • 07
  • 3月
  • 2006

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

自然素材ブームです。
多くの会社が他社との差別化で、自然素材を採用しています。
昨日ご紹介した会社の事例です。
昨日はメーカーの視点から書きましたが、今日は購入者(建築会社)の視点から書きたいと思います。

自然素材にも「本物」と「偽者」があるというのが私の考えです。
昨日ご紹介した会社は、既にご紹介した塗り壁材を標準として採用しようとした訳ですが、目的は「自然素材の家」を造ることでした。

自然素材を採用するといっても、建築会社としては、売れる商品(建物)を作らないとならないので、コストパフォーマンスは当然無視できません。

塗りやすく、ムラがなく、色柄が豊富で、価格が安い。
魅力的な特徴です。
うっかりすると、直ぐに手を出したくなります。
しかし、その商品は
・何の原料で出来ていますか?
・石油樹脂が沢山入っていませんか?
・着色剤は何を使っていますか?
・呼吸しますか?
・調湿性はありますか?
・有害な化学物質は揮発しませんか?
・にわかには信じがたい長所を強調していませんか?

自然素材といっても、色々あります。
スプーン1杯珪藻土が入っていれば、珪藻土塗り壁材で通用します。
しかし、性能は自ずと知れています。

キチンと素材の中身を見抜く目を持たないと、「目的と違う商品」を買ってしまうことになると思います。
ただし、見かけが良くて、とりあえず自然素材風になれば良いと考えている場合は、この指摘は無意味だと思います。
しかし、「本物」を造りたいと考えるのなら、絶対に素材を吟味してほしいと思います。
接着剤が入った塗り壁材は、バーナーであぶると煙がでます。
臭いも臭いです。
今お使いになっている塗り壁材をあぶってみると良いと思います。
あぶって煙が出ない場合でも、別な問題点がある場合があります。
100%成分を公開している会社の製品は多くありませんが、アトピッコハウスの珪藻土塗り壁材「はいからさん」は、珪藻土含有率70%、内容成分も100%公開しています。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はいから小町の資料のご請求は、こちらです
珪藻土塗壁 はいから小町