アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
本物の木目と質感が部屋をオシャレにします

健康的な住まいづくり

  • 08
  • 12月
  • 2017

身体に出来るだけ負担をかけないで暮らせる住まいにするには
家の中の空気をいかにきれいに保てるかということが
大きくかかわってくると思います。

空気だけではなく、暑さ、寒さの対策も必要ですね。

健康的な住まいにするにはどのような事を
気にしたらよいのでしょうか。

今回はこちらについて考えたいと思います。
本物の木目と質感が部屋をオシャレにします

昔ながらの家

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

高温多湿である日本では昔から「夏」に焦点を置いて家が作られていました。
夏の暑さをしのぐため風通しが良いことが優先され、
その為冬場にはすきま風に耐えながら火鉢などで
暖を取っていました。

昔ながらの日本家屋には木が多く使われてきました。

木は呼吸すると言われるように夏は湿気を吸い取り、冬には放出します。
湿気を吸えば膨張しますし、湿気を吐き出せば木も痩せます。

このため木の伸び縮みを考え、また夏の風通しを良くするため
隙間が出来る家づくりが不可欠だったわけです。

現代の家

変わって現代は鉄筋コンクリートなどの普及に加え、冷暖房の
技術が発展したため、気密性の高い家づくりが増えてきました。

寒さに震えることは無くなった反面、気密性の高すぎる家は
換気不足や、結露、シックハウスなどのデメリットが
生み出されています。

自然素材による健康的な住まい その1

そこで健康な住まいを作るために見直されているのが自然素材です。
昔ながらの木や紙、塗り壁などを使った家づくりですね。

先に述べたように木は調湿をしてくれます。
合板とは違った優しい足触りで夏場はヒンヤリ、
冬場は暖かく足元を癒してくれます。

障子は直射日光を遮り、光を適度に通してくれるので
自然な日差しが入り込み明るさを確保することが出来ます。

紙と木からなる障子にも通気性や調湿性があります。

カーテンに比べ熱や湿気がこもりにくいため、夏は涼しく
冬は暖かいという断熱性の高さがあります。

断熱性が高いため、結露を防いでくれます。

自然素材による健康的な住まい その2

自然素材の塗り壁はどうでしょうか。

例えば珪藻土。
良く知られているのが、調湿性ですね。

木材と同様、夏場には湿気を吸いこみ、冬場の乾燥した時期には
溜め込んだ湿度を吐き出して部屋の湿度を調整してくれます。

また、シックハウスの原因の一つであるホルムアルデヒドを
吸着・分解もしてくれます。

消臭能力にも優れているので吸湿する際にいやなニオイの元になる
物質を一緒に吸着し分解して消臭をします。

焼肉をした翌日でもニオイが残らないという話は
耳にしたことがあるのではないでしょうか。

それだけでなく、アンモニアや硫化水素、アセトアルデヒドなども
効果的に吸着して分解してくれるのです。

温度差による体への負担

健康的な住まいには快適な温度も必要です。
「ヒートショック」をご存知でしょうか。
温度差による肉体的ショックのことです。

ご高齢の方など体の弱い方に起こりやすく、特に冬場の発生率が
格段に高くなると言います。

暖房のきいた暖かい部屋と冷たく冷え切った
廊下や浴室。
こういった温度変化により血圧が一気に上下して心臓や
血管に負担をかけます。

出来る限り部屋の温度差は無くしたいものですね。

そこでお勧めなのが床暖房です。
優しい温度でじんわりと足元から体を温めてくれます。

エアコンに比べ乾燥しにくく、風を起こさない為
埃も舞いにくいです。

風もなく部屋をムラなく温めてくれるのが床暖房です。

いかがでしたか

健康的な住まいづくりには自然素材が不可欠です。

木材、障子、塗り壁などの先人の知恵を生かしつつ、
床暖房などを併用して現代ならではの健康的な家での
生活を目指したいですね。

アトピッコハウスでは床暖房対応の無垢フローリングを
取り扱っています。
ぜひご検討下さいね。

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら