アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
家づくりのお金の話

家づくりのお金の話

  • 05
  • 4月
  • 2018

家計の見直しってどんなタイミングでしますか?

我が家は5人家族ですが、家づくりのタイミングでも
様々なシュミレーションをし、家計を見直してきました。

あれからから早7年目。
子供たちも大きくなり、生活スタイルも変わり、
教育費の額もだんだん大きくなってきました。

でも7年前に、この現実はどこまで想像出来ていたでしょうか。

幸い我が家には口癖が「先々のことを考えろ」という、
堅実的な主人のおかげで、今日現在、手に入れた住まいを
手放さなければならないなんてことにはなっていませんが。

あの時、お金の話は不動産屋も施工会社もどこも
してはくれなかった、という事だけは今になって
はっきりしています。

家づくりをスタートさせるとき、
何故お金の話を一番にしなきゃいけないのか?

何をすれば、失敗しない家づくりになるのか?

今回は改めて家づくりのお金の話を考えてみたいと思います。

家づくり 何から始める?

家づくりのお金の話

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

アトピッコハウスにもこれから結婚、子育てをするであろう
と想像してお問合せをしてきてくださる方、

今まさに子育てをしていて、子供の進学に合わせての家づくり、
などなど家づくりのタイミングもお問合せ内容も様々です。

家づくりの始め方は皆さん本当に様々ですが、
アトピッコハウスでは、先ずお聞きすることがあります。

「資金計画はお済ですか?」

これは、人に聞くには、ちょっと聞きにくいお金の
お話でもありますが、実はこれが家づくりには、一番大切です。

そして、この「資金計画」を立てるためには、
ライフプランを1から考えなおすことが必要です。

そしてそこからの資金計画を立てる事が、
最も「あきらめ」の少ない
家づくりができると、考えています。

「資金計画」を1番にしてくれるHBを選ぶ

家づくりのスタートは、お金の話からです。
これは、間違いありません。

今の自分に、果たして「総額いくらまでの家づくり」が
出来るのかを考えないとなりません。

という事は、各ご家庭で

でも、これは自分自身で把握していくのは中々難しい事です。
この家計で、資金計画で良いのか?という
後押ししてくれるものが欲しいですよね。

ホームビルダーを選ぶ時に、そこを丁寧に案内してくれる
というのも、一つのホームビルダーを選ぶ基準だと
考えてください。

家づくり 住宅取得に充てられる予算

住宅取得に廻せる予算は、以下がほとんどです。
① 貯蓄
② 住宅ローンなどの借入れ
③ 親等からの援助

この総額が家づくりに使える予算のすべてです。
その他の資金源というのはほとんどありません。

① の貯蓄は、明確だと思いますし、
② の親からの援助も、ある程度予測がつくかも知れません。

その中で②の借り入れに関しては、気を付けないと
落とし穴があります。

それは、「借りれる額と返せる額は異なる」という事です。

銀行は年収や勤め先の安定性など、
借り入れをする本人へ対しての「借入加納額」
というものを提示してくれます。

しかし、それは自分たちが「無理なく返せる額」
ではないという事です。

ここを間違えない為にも、ライフプランからの
資金計画が大切なのです。

ライフプランを組み立ててみる

「ライフプランニング」とは、ご自身や家族の未来の
お金の収支を想像して計画をたてることです。

家族構成や、車や住宅購入・子どもの進学などの
出来事(ライフイベント)は各々異なりますので、
ご夫婦や家族と話し合って、人生の見通しをたて、
それに沿って具体的な目標と実現する方法を考えます。

「ライフプラン」を作成するメリットは、
ご自身と家族のライフイベントに必要となるお金が
自分自身で「見通せる」という事です。

ライフプランをたてたら、資金計画

ライフプランがはっきりすると、自分たち家族に、
いつ、どこで、どこに、どれだけかかるのか?
という事が、大よそではっきりします。

家づくりの総額がハッキリしたら、つぎは予算の配分です。

坪単価いくらの家で、何坪にするのか?

建物以外の費用は、どんなものがあって、いくらかかるのか?

坪単価いくらという中には、
外構費用、家具、カーテン、照明器具などは
含まれていないので、それらの費用は、あといくらかかるのか?

そうしたことを考えないとなりません。

また、住宅ローン借り入れに当たって、
ローン手続き費用とか、建物の登記費用とかもかかります。
引っ越し代や仮住まいの費用が必要な場合もあります。

そして、土地がない場合は、土地代も必要になります。

よく土地のない人で失敗するのが、
「総額いくらまでの家づくり」が可能なのかといった
ファイナンシャルプランの見直しをするまえに、
「予算以上」の土地を購入してしまうケースです。

土地が欲しいから、家づくりをする人は少なく、
皆さん「家」がほしいから、家づくりをするのでは
ないでしょうか。

家が欲しい訳ですから、まずどんな家で、何坪なのか?

その他の費用はいくらかかるのか?

総額の予算から、それらの費用を引いた残りが「土地予算」と考え、
その予算の中で土地を探すという方が、最終的に
建てたい家に近づくことが出来るのです。

いかがでしたか

一般の会社は、「どんな家がご希望ですか」と言って、
「プラン作り」や「夢を描かせる」作業からスタートすることが
ほとんどです。

夢は持ちたいです。でも夢だけで果たして家づくりは成功し、
家を持ち続ける事は出来るのでしょうか。

総額いくらまでの家づくりなら失敗しないかを考え、
どんな家にしたいのかの予算配分を決定する。

この手順で、家づくりを行うと、予算をオーバーして、
「あれを削り」「これを諦めて」といった諦めの家づくりには
ならないのです。

アトピッコハウスではそんな諦めの家づくりにならないように、
家づくりのステップをメール講座でご案内しています。

失敗しない 本物の家をつくる秘訣

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら