アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
床でお部屋の印象は変わりますよね。

建築会社は類友で選べば失敗しない

  • 16
  • 4月
  • 2018

類は友を呼ぶ。

自分の周囲には
似たような人が集まるという意味ですが、

これ、建築会社選びにも利用できるんです。

もちろん家づくりの知識や
経験があることは
最低条件となるのですが、

条件だけで選んで
悲しいケースになる実例をたくさん見てきました。

金額や仕様は重要です。
でも家って、ただ「物を買う」行為と違うんです。
「暮らす」という行為は、

物を使うとか使わないとか、
そういう一言で片付けられないことだから、

類友で選ぶ方法を考えてみたいと思います。

類友だと共通言語が多い

いつかは使いたい自然素材ではなく
いつもの自然素材メーカーへ。
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

10年ほど前、知人に相談されたことがありました。
検討している建築会社のブログに私が登場していたが、
どんな会社か教えて欲しい、というような内容です。

床でお部屋の印象は変わりますよね。

知人が検討している建築会社とは親しくしていて、
経営者の人となり、会社の状況、
家族構成などを把握。

そして知人とは学生時代からの付き合いで、
奥様とはお会いしたことはないとはいえ、
人となりは理解をしていましたので、
双方に、相性が悪いことを、キッパリと伝えました。

もちろん私のフィルターを通してのことですが、
類友の法則というのは、

自分と近しいフィルターを持っている人の
感性を大事にする、

ということでもあります。

私の知人は学生時代から「キチっと」としたい人でした。
優しい側面を持っている反面、
自分の立ち位置を冷静に判断し、
将来構想も明確で、それに向かって進むタイプ。

さらには建築会社とはサッパリとした付き合いを求めていましたから、
家族ぐるみで深く付き合うことを良しとする
地域密着工務店よりも、
全国規模のハウスメーカーの方が
気が楽ではないか、ということもアドバイス。

建築会社の社長は、
偏差値の高い理数系の大学を出て、
知識レベルは高いのですが、
詰めが甘いというかナマケモノで、
そういう部分を私の知人は受け入れられないんじゃないか、と

双方に伝えたんです。
そうです、キッパリと。

がしかし知人は金額的に、
建築会社は契約が欲しく、
すったもんだの挙句に契約を締結。

そうなんです。
契約までにも、色々と意見の食い違いがあり、
揉めたんです。

どちらの意見も間違ってはいなくて、
知人に対しては「そういう考え方もある」と伝え、

建築会社には、
価値観が違う人の家づくりは苦労することも話しました。
つまりは共通言語を持たない家づくりは、
大変ということです。

そして私の予言!?が悲しくも的中し、
建築中から揉めにもめ、
現在は音信不通状態だと風の便りに聞いています。

価値観が多様化しているからこそ類友で選ぶ

今、様々なことが多様化しています。

家も同様です。
木造もあれば、コンクリート造りもある。
輸入住宅もあれば、外断熱もあって、
何が何だか、わからなくなりますが、
それだけ選べる自由があるということです。

でも、だからこそ
自分と似た価値観の人の意見は、大事になっていきます。

その口コミ、本当に信用できる?

全国規模のハウスメーカーも、設計事務所も、
それぞれにメリット、デメリットがあります。
100人に良いという家づくりはないですし、

これだから100%安心という家づくりの法則もありませんから、
多くの方が知人からの紹介や、口コミを参考にしています。

でも質問する相手が自分と違う
価値観を持っていたらどうでしょう。

特に相手の素性が明らかになっていない口コミや
ブログの投稿は、
慎重に判断していきたいところです。

類友の法則を上手に利用する。

似たような人が集まることを類は友を呼ぶと表現します。

学生時代のグループには、なんとなくカラーがありました。
派手な子、地味な子、スポーツマン、オタクなど
似たものが不思議と集まり、
話題も価値観も近くて、楽しいですよね。

今でも、お互いスポーツジムに通っている方だとわかると
会話が広がり、ぐっと近しい関係になれます。

スポーツジムという1つの基準ができ、
その人の価値基準が自分と近いかどうかを
判断する材料にできます。

そこから家づくりに話が発展した時、

あ、この人の好みって自分に合うから
参考にしてもいいかも。

となりますし、
逆に、あえて自分とは違う価値観から、
情報のバランスを取ることもできますが、

教えてくれる方の属性を意識しないまま、
誰にでも意見を求めてしまうのは、
あまり適切でない場合もあることを知っておきたいですね。

欠陥住宅は多くないから類友で選ぶ

マスコミでは欠陥住宅や手抜き工事が大きく報道されますから、
どうしても心配になりますが、
当たり前のことは報道しないのがマスコミです。

普通に家が建ち、滞りなく日常が過ぎていく光景は

ニュースにも、ドキュメンタリーにもなりません。
だからマスコミでは取り上げないのです。

つまり欠陥住宅は多くない!

そういう前提に立って
工法や、坪単価を調べ、
ある程度納得できる範囲であれば、
最終的に類友の法則で決めることが、

失敗しない家づくりの秘訣です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら