アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

アトピッコハウス流シゴトの流儀

  • 25
  • 3月
  • 2011

スタッフの脇です。

「分からなければ実際に体感して来い!」
これがアトピッコハウス流、仕事の流儀のひとつ。

と、いうことを身をもって実感した。そう、あれは、おとといのこと。

多くの運送会社さんがそういうサービスになっているようですが、
当社の建材の配送をお願いしている運送会社さんも、
基本、エレベーターのないアパートやマンションへの配送は、階下での
お引渡しです。

基本そういうサービス内容なので、送料も、どこでも運んでくれる
大手の運送会社さんと比べて抑えられ、
結果、少しでも安く商品をお届けできております。

私は知識も経験も少なく、
どの運送会社さんでも、よく知っている大手さんのように、いつでも
どこでも配送してくれることが当たり前と思っていました。

よくよく考えてみれば、、、

たとえば1箱8、4kgのわんぱく応援マット30箱を、エレベーターのないマンションの
5階まで、1箱1箱お届けするとしたら、、、?

それだけの人件費がかかるので、送料も高くなるのは、当然ですよね。

そんな中、ちょうどエレベーターのないマンションへのご注文が入りました。
エレベーターのないマンションに配送することがどのくらい大変なことなのか、
いい機会だから見てきな!とひろみ専務に言っていただき、
おととい、就業時間を使わせてもらって、現場を見に行ってまいりました。

110323_165234-kaidan.jpg

もちものは自分のバッグ1つだけ。
エレベーターなしのマンションの5階まで、
上がって、下がって、上がって、下がってを何度か
繰り返し、、、

それだけで、フゥ~。

厳密に言えば他にも付加サービスがあるのだろうけれど、どこでも運んでくれる
運送会社さんにはたとえばこの、「フゥ。」が送料に反映されている。
やってみて、納得です。

この感じたことをひろみ専務に報告すると、じゃあ次はいつもの送料とどこでも運んでくれる
運送会社さんで送った場合の送料を比べてみな!とのこと。
計算機でパチパチパチ。比べてみると、これがケタが1つちがったり、
結構すごい差があって、また驚き。

そうか、そうなんだ!

「サービスにはそれ相応の対価がある」

今回体験させていただいたことで身をもって実感することができました。
そして、経験の少ない私が、このように経験をつませていただけるということ。

それって本当に、ありがたいことですね。

【計画停電・緊急用携帯電話について】
アトピッコハウスの計画停電は、第一グループです。

緊急用に臨時携帯をご用意いたしました。
固定電話がつながらない場合に、ご利用ください。

090-2176-2536