アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
お家づくりは難しい??

家づくりで自然素材を使ってもらうには

  • 17
  • 1月
  • 2019

自然素材を使って家を建てたいのに、
建築会社の人がいい顔をしてくれない。

見積もりが高くなった。

思うようにいかない。
といったご相談は毎日のようにいただきます。

ただ、同時に建築関係の方からご自分の家の
家づくりにアトピッコハウスの商品をご注文いただくことが
多いのも事実です。

自分の家では採用するのに、建て主さん相手の『仕事』では
採用を渋るのはなぜなのでしょうか。

建築会社の人はなぜ自分の家に自然素材を使うのか

お家づくりは難しい??

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

建築会社の人が自分の家づくりに自然素材を使う理由、
それはいいものだと知っているからです。

自然素材を使った家づくりの気持ち良さを、美しさを、経年変化の
楽しみを知っているからなのです。

ではなぜ、『仕事』での採用を嫌がるかというと、
建て主さんに納得をしてもらわなければいけないことが
あるからです。

自然素材を採用すれば当然高くなる

最近の家の標準の建材といえば壁紙はビニールクロス、
床材はフロアタイルか合板のフローリングです。

それを無垢のフローリングや塗り壁にしたいと言ったら
金額が上がるのは当たり前です。

材料費が上がるのはなんとなくわかりますが、
目に見えない施工費が高くなるのも必至です。

自然素材が高くなるのは材料費だけではない

例えば同じ部屋を施工するにも、
下地の不陸をものともしないビニールクロスは、
貼るだけ。半日ほどで終わります。

それを塗り壁にした場合、パテ処理やアク止め処理などの
作業で一日。
状態によればそこから下地作りに一日、そして仕上げの塗り壁材で
一日といった具合に丁寧な施工を要するため日数がかかります。

日数がかかるということはその分職人さんの拘束時間も
長くなるわけです。

そこを理解されていない建て主さんが多いように思います。

新建材は出来上がった時が一番美しい

ビニールクロスの壁、合板フローリングといった
新建材の家は完成した時が一番美しいということは
聞いたことがある方もいるかと思います。

もちろん住み方や施工の仕方によって変わってきますので
一概には言えませんが、徐々に劣化していき、
10年程でリフォームが必要になるということが言われています。

自然素材も万全ではない

では自然素材はどうなのでしょうか。

自然素材は経年変化が美しく、強度もあります。
なので、一度施工すれば経年変化を楽しみながら
長い時間使っていただける建材です。

でも、生活をしていく上で塗り壁にはクラックが入りますし、
無垢フローリングは季節によって痩せたり膨らんだりします。

それは自然素材の特徴であり、起こり得ることなのです。

全てを覆いかぶしてラップするビニールクロスや、
季節に左右されない合板フローリングといった新建材に
慣れてしまった私たちには、自然素材のちょっとした不具合にも
目くじらを立てすぎなのかもしれません。

いかがでしたか

自然素材での家づくりは良い環境づくりに欠かせません。

建築のプロの方のご自宅にてご採用をいただくことが多いのも
うなずけます。

プロの方は自然素材が良いものであることを知っています。

また、自然素材における多少の不具合や、差額に関しても
分かっています。

自然素材を使ってのお家づくりをしたいけど建築会社との話し合いが
うまく進まないという方。

自然素材における差額の捻出や起き得る不具合などを
理解していると伝えてみてはいかがでしょうか。

きっと前に進めると思います。

アトピッコハウスでは家づくりに役立つ無料の
メール講座をご案内しております。

失敗しない 本物の家をつくる秘訣

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら