アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

家づくりの裏側 4つ 失敗しないためにお伝えします

  • 19
  • 4月
  • 2019

踏切の遮断機を切断した
板金業男性のニュースが流れました。

職人気質だから短期で頑固。

という人物評がありましたが、
まっとうな職人は、
社会秩序を乱すような行動は致しません。

踏切の遮断機を切断するような人は、
職人でなく作業員以下だし、

職人気質とは、

誠実で自分の仕事に誇りを持っているから
他人からは偏屈に見えるだけ。
仕事に真摯に向き合う姿勢を、
職人気質と呼ぶはずです。

家づくり 失敗しないために

いつかは使いたい自然素材ではなく
いつもの自然素材メーカーへ。
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

踏切が30分も空かなければイライラします。
大事な仕事があったんだろうし、
遅れてはいけない事情があったのかも、しれません。

でも遮断機を切断する行為は、
社会的秩序から逸脱しているし、

そもそも社会的秩序を逸脱した行為を
職人気質と表現するのは、悲し過ぎる。

理由があったとしても、
社会的秩序を乱す可能性がある人が、
自分の家づくりに関っていたとしたら、
気分は良くありません。

こういう職人さんが関っているかどうかは、
表面から見えずらいものですが、

その種をみつけることは難しくありませんので、
ご紹介したいと思います。

家づくりの裏側1 人間関係の構築

遮断機を切断した板金職人さん。
クライアントや仕事仲間と、

人間関係の構築ができていなかったように思います。

仕事に、小さなトラブルはつきもので、
大事なことは、その対処法。

今回の場合、
遅刻することで他の工事関係者に
迷惑を掛けてしまうことを避けたかったのでしょう。

でも、もしも人間関係を構築していれば、
普段からキッチリした仕事をし、
遅刻なんて珍しい!という人物評価であったなら、

人身事故で遮断機が上がらないという、
突発的な出来事を、
正直に伝えられたし、
関係者も受け入れてくれたはず。

家づくりは様々な人が関ります。
電気屋さんや、ガス工事、
自社だけでは完結することはできません。

だからこそ、どんな取引先があるのか、
それ以上に、取引先と、
どのような関係性を構築しているのか、

設計事務所と建築会社、
そして職人さんとの電話の内容から

垣間みることができます。

家づくりの裏側 2 約束が守れる

約束を守る。

それは社会人としての最低限のルールだと
私は思っています。

腕が良くても、
営業センスがあっても、
すべて帳消しです。

質問した返事がなかなか来ないとか、
約束したことを忘れてしまうとか‥。

忙しいは理由になりません。

忙しいなら忘れない工夫をする、
そして守れる約束をすることが大事ですが、

守れない人は、ずっと守れませんし、
そういう会社にスタッフが増えても、
不思議と同じような人が集まってきます。

類友の法則、ということです。

家づくりの裏側 3 情報伝達

スマホや携帯が普及して、
担当者と連絡が取りやすい時代になりました。

それでも事務所の固定電話に、
事務員さんが出てくれて、
担当者からの折り返し連絡があり、

しかも伝言がちゃんと伝わる。

これだけで会社の信頼度が増すのは、
やはり、家は人がつくり、
人が住むもの、だからだと思うんです。

工場化が進み、
コンピューターが耐震を
計算してくれていたとしても、
コンピューターを使うのは人間です。
事務員さんが、営業担当が、設計担当が、

どんな風に対応してくれるのかを
じーっと観察すれば、
失敗してしまう家づくりの種はみつかります。

家づくりの裏側 4 相手への思いやり

アトピッコハウスには全国の建築会社や
職人さんなどから注文が入りますが、

注文1つとっても会社のカラーが出てきます。

納品先の細かい情報までいただける会社もあれば、
品番までも当社で確認しなければならないケースもあります。

これはキッチリしているかどうかということと、

人との関り方が反映されていると思うのです。
自分が動いたことは、
必ず影響を及ぼします。

よりよい影響があれば、
その家づくり全体が、
いい感じで回っていきますし、
逆であれば、暗雲が立ち込めてしまう。

暗雲が立ち込めている空気感は
現場見学会や、
その会社に行ってみると伝わります。

だからこそ相手の会社に出向くことって大事です。

出掛けるのは、
ちょっと面倒かもしれませんが、

家づくりを失敗したくないのなら、
会社訪問は必須です。
整理整頓ができているか、
お掃除は行き届いているか、

などなど、
プロが撮影した施工事例の写真だけでは、

見えてこない真実が、必ずみつかります。

以上ポイントを4つあげてみましたが、
家づくりで予算と、耐震や安全性は当たり前。

決定するポイントは、
家づくりとは関係がないのような、
社会のモラルが大事。

家はリアルで、夢物語では手に入らないからこそ、
実社会を、
リアルを全うに生きていない人に、
家づくりに関られたら、
失敗してしまうのです。

これから家づくりをスタートする方は、
4つのポイントを頭の隅に置きながら、

契約する会社を、みつけてみてくださいね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら