アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
顔が見えない電話対応は難しい

電話の対応は顔が見えないので難しい

  • 01
  • 8月
  • 2019

相手の顔が見えないから難しい。
でもつながりの第一歩になることが多いのが電話。

初めて電話するのって結構緊張しますよね。

そして初めて電話に出た人がその企業の顔になります。

感じが良ければ会社としても好感を持ってもらえるし、
感じが悪いと思われればそれまでです。

こういった理由で電話対応を苦手とする
若者が増えていると聞きます。

家づくりにおいては一生のことですからなおのこと
一つ一つの対応への評価が細かくなります。

しかし、対応がいいからよい会社、横柄だから悪い会社とも
一概には言えません。

電話での第一印象は大きい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

最近、老舗のウナギやさんに行きました。
直接行ってもまず入れないので予約の電話をしました。

18:30から予約したいのですが。

19時には閉めますけど。

ラストオーダーが19時ですよね?

閉められるんなら閉めたいんで。

食べ終わったらすぐ帰ります。

ならいいですけど、時間厳守で来てくださいよ。

行ってみたらよかったけど

なんだか行きたい気持ちがなくなってきました。
同行者が嫌な気持ちになったらいやだな。

なんて思いながら行きましたが、うなぎはやはりおいしかった。

行ってよかったと思いましたが、電話の途中で何度も別のところにしようかと
考えました。

いいものはいいので来たかったらどうぞ。
というスタンスなのでしょう。

丁寧な電話対応に慣れすぎている?

どの業界でも同じことが言えますが、
電話応対がいいからいい仕事をするとも限らないし、
横柄だから仕事を頼めないということではありません。

ただ、印象としては残るということです。

ハウメーカーなどの大手では営業、施工などが
きちんとしているので一般的な電話対応に慣れている
私たちには電話をしやすいのだと思います。

電話する相手の状況もある

逆に職人さんや工務店さんは仕事をしながらの
受け答えだったり忙しい中での対応になるので
とっつきにくい印象を持たれてしまうのかもしれません。

私もお電話をする際にいつも、忙しいのに申しわけないなと
思いながらお話をさせていただいています。

でもちゃんと話してみるとハウスメーカーのオペレーターより
現場を知っている職人さんのほうが話が早かったりするのです。

経験もお持ちなので安心できるというところもあります。

しかし、一般的にはオペレーターや営業担当がいるような
会社に電話するほうが簡単と思っている人も多いのではないでしょうか。

電話は声だけでとるコミュニケーション

対企業だけではなく、個人においても同じことがいえると思います。

自分は客だから、と自分の要求や話したいことばかりを
つらつら話しても会話のキャッチボールはできません。

それにより相手が理解してくれないからと怒るのも違うのかなと思います。

自分が伝えたいことを相手に理解してもらえているかなと
考えながら話すのが大事ですよね。

対面していない、声だけの対話だからこそ色々と見えて
来るところもあるのです。

いかがでしたか

電話は相手の顔が見えない中での「声」のみの交流となるため
対応が難しいところがあります。

企業であっても、個人であっても最初に話した人が
よくも悪くも企業や家庭の印象となります。

電話での第一印象というのは大きいですが、
それだけで判断してしまうのももったいないことがあるのかもしれません。

きちんとその会社の在り方や考え方も理解して
自分と同じ方向に向かってくれる業者さんを見つけられるといいですね。

アトピッコハウスでは家づくりに役立つ無料のメールセミナーを
ご用意しています。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら