アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

自然素材型の新築を親戚に頼むと失敗します

  • 06
  • 8月
  • 2019

新築やリフォームが依頼できる会社は、
山のようにあり、
だから自分にとってベストな選択か、悩みます。

SNSの影響で
クチコミや、知人の紹介というケースも増えてきているのも、
分かり難いからですよね。
ハウスメーカーに設計事務所、
リフォーム会社に、最近はリノベーション会社も登場して混戦状態です。

クチコミや知人の紹介は、
その紹介してくれた方と
自分の好みが近いということが最低条件ですが、

そこは意外と皆さん、
大切にしているようです。

難しいのが親戚。

100歩譲って、普通の家ならOKですが、
自然素材型の新築を親戚というだけで
頼むのは200%お勧めしていません。

リノベーションでも、
小さな修繕でも、です。

自然素材型で一番大事なこと 共感

いつかは使いたい自然素材ではなく
いつもの自然素材メーカーへ。
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

共感って
最近良く聞く単語だし、
フワっとしていて新築リフォームとは関係がなさそうですが、
自然素材型に関しては、

一番の重要ポイントなんです。

普通の、新建材の家であれば、
淡々と家を組み立てていけば良いのですが、

自然素材型って、
違うんですよね、ちょっと。
例えば無垢フローリングは、

合板フローリングと違って、動きます。
その動きを考慮して工事を進める必要がありますが、

それを数字や文字などに
落とし込めない部分があり、
高度成長期やバブル時期は

面倒と切り捨てられてきました。

ほとんどの建築関係者が、
新築リフォームを合理的なロジックで
考えていくクセがついています。

だから日本の建築技術は向上してきたのですが、

「数字で表せないものがあるんです。」と
伝えてもピンときません。

それが自然素材というもので、
自然素材型の新築リフォームは、

そのあたりを理解できないと、
非常に苦しい工事になってしまうのです。

 

自然素材型に正解を求めてはいけない

ロジックと検証を繰り返し、
安全性能を高めていく建築で、

正解を求めるなって、
ものすごく危険な表現になってしまうのですが、
自然素材に関しては、

1+1=2というような
方程式にできない場面が多々あります。

例えば塗り壁は、
水分を、工事現場で追加する必要があります。
その水分量は、目安として提示はしていますが、

それが毎回正解とは限りません。

湿度が高い日であれば、
気持ち少な目がいいかもしれないし、

でも湿度が高めって、
ごのレベルを高めと考えるのか、
撹拌する機械によっても感じ方が変わる、
可能性がある。

こんな微妙な話し、
昭和な時代をバリバリ生きてきた建築会社や
職人にはナンセンス。

でも、そこが理解できないのなら、
新建材で建売住宅に専念された方が幸せです。

人が住むんだから感覚を大事するべきじゃないか

世の中の95%の新築リフォームが、
正解があり、共感は必要ありません。

そんな家を、
40年も50年も、
親の代から、ずっと作り続けている建築会社に、
自然素材型の新築リフォームを依頼しても、

戸惑うだけ。
つまりは建て主も
建築会社も不幸になるだけですが、

昭和平成と、
無駄なものを排除し、

合理化を進めてきた日本は、
家が人が住む場所という感覚を忘れ、
箱としてモノづくりし続けてきました。

新築リフォームに、
感覚や共感を求めていたら時間がかかって仕方ありません。

次から次と発生する
新築リフォーム工事を、
流れ作業のようにチャチャっと片付けていく。

それが染みついている建築会社に、

無垢フローリングの施工は経験で、
左官材の水分量は季節に応じて変更して、

なーんて出来るわけがありませんが、

そういうことをしないと、
いえ、そういうことができるのなら、

親戚の建てたくもない自然素材型の家づくりを、
渋々請け負う必要もありません。
だって行列ができていて、
親戚であっても入り込む余裕がないほど賑わっています。

親戚にお願いして、
もしくは親戚に新築リフォームを
頼まざるを得ないケースもあると思いますが、

その場合は、
妙な忖度をせず、
共感をしてくれない相手だということを前提に、
分かりやすい言葉で、

論理的な交渉を、
他人行儀だと言われたとしても、

膝を詰めて、
話し合う必要が、あるんですよ~。

アトピッコハウスの建材は
季節に応じて、ちょっと工夫していただく必要がありますが、
一般的な無垢材よりも加工精度がいいから、

無垢材に慣れている職人さんには評判がいいんです。

自然素材型の新築リフォームに、
無垢フローリングの採用を検討されているのなら、
下記から資料をご請求くださいね。

ごろ寝フローリング