アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

自然素材の家を建てるための手順について

  • 13
  • 3月
  • 2020

春を感じられる暖かい日が増えてきました。

暖かくなると、行動が活発になり、
新しいことを始めよう、先延ばしにしていたことを
片付けようなど、前向きな気持ちになりますね。

当社も、資料請求をされるお客様が増えています。
新築、リフォーム、DIYと目的は様々です。

数ある建材の中で、当社の商品を見つけて下さるということは、
それなりの理由や目的を持っている方が多いです。

自然素材の家を建てたい、体に優しい素材で壁を塗りたい。
その目的を叶えるためには、どんな行動を起こしたらよいのでしょうか。

まずは資料請求してみましょう

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの山田です。
化学物質に過敏だったり、
子供がアトピーなので、体に優しいものを使いたい。
切実な悩みを抱えている方も多いです。

ネット検索すると、たくさんの情報が出てきます。
その中から、商品を探し出すのはお客様にとって非常に難しいのではないでしょうか。

商品情報を見ると、良いことしか書いていないし、
値段も明確じゃないし、
混乱してしまうのではないでしょうか。

ネット検索をして気になるものがあれば
資料請求をしてみて、実際に目にしてみるのが良いですね。
沢山集めすぎると、集めることが目的になってしまい、
本来の目的から離脱してしまうので、2~3点に絞りましょう。

資料には、価格が記載されていると思いますので、
まずは材料費だけでの比較をしてもいいかもしれません。

工事費に関しては、施工会社によりけりなので、
使いたい材料を話して見積もりを出してもらいましょう。

予算と見積もりを比較しましょう

施工会社に見積もりしてもらったが、
思ってたより高い!って感じてしまいました。
その見積もり金額は、妥当なんでしょうか。
お客様からそんな相談もあります。

本物の自然素材の材料は高いですし、
ビニールクロスと違い、塗り壁材は
専門の職人の施工が必要です。
そのため、技術料や日数がかかります。

自分が捻出できる予算はどこまでなのか、
線引きをしましょう。

今は、予算を捻出できないというのであれば、
お金が貯まるまで待つというのも一つです。

自然素材を使うということが第一目標なら、
新築であれば、設備費を抑える、間取りを変えるなど、
妥協する箇所を作り出し、予算を捻出する方法を考えねばなりません。

内装材は最後に決めるので、予算がなくなりがち

新築であれば、家の中のあらゆる材料を決める必要があるのですが、
壁材の決定は最後になりがちです。

後から予算を上乗せできるのであれば問題ないですが、
使い切ってしまったのであれば
自然素材の建材を使いたい!と言っても、時すでに遅しかもしれません。

自然素材の建材を使いたいのなら、
初めからこの材料を使いたいと、
施工会社と打ち合わせておくことが必要です。

知らない商品は使いたくないのが業者の本音

自然素材の塗り壁材をお施主様が使いたいと言っても、
ビニールクロスが標準仕様の業者は使いたがりません。
まして、知らない商品は使いたくないのが本音です。

どこの会社もリスクを回避したいし、
新しい材料にあまり前向きではありません。

アトピッコハウスは小さな会社ですので、
ご存知でない企業が多いと思います。

当社は、自然素材のメーカーとして20年以上の歴史がありますので、
安心して使って頂きたいところですが、
何かあった時に責任をとりたくないのが施工会社の本音。

自然素材の建材を使うことが第一目的なのであれば、
自然素材の家を強みとした建築会社、リフォーム会社を探しましょう。
塗り壁材や無垢フローリングを標準仕様としている会社の方が
当社の商品を採用できる可能性は高いです。

いかがでしょうか?

自然素材の建材を使った家づくりのために、
まずは資料請求からしてみてはいかがでしょうか。

資料を見て価格、性能などを比較し、
使いたい商品が決まったら、施工会社に提案。
採用できるかどうか確認の上、見積もりをしてもらいましょう。

見積もりと予算が釣り合わないのであれば、
お金が貯まるまで待つ。
優先順位が低い箇所から予算を削るなど、
努力が必要かもしれません。

アトピッコハウスは自然素材の家づくりをスタートする方に
お役立ていただける資料をお渡しいたします。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら