アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

漆喰にも色々あること新築後に知ったんです

  • 13
  • 10月
  • 2020

住宅展示場で一目ぼれして、
注文住宅をオーダー。

漆喰に関心があったわけでも、
無垢材にしたいという強い希望もなかったけれど、
感覚を大事にする主人が気に入って、
私も嫌いじゃない雰囲気だったから…。

でも今から思えば、
知識不足、勉強不足で後悔が多い。

でも、どこまで勉強すればいいのか、
何を勉強すれば良かったのか、
難しくないですか?

 

漆喰は全部同じだと思ってました

住めば住むほど元気になる自然素材
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

3年前に注文住宅をオーダーした女性が、
有料セミナーに参加されました。
珍しいパターンなので、

詳しく伺うと、
事務職から営業に転職を希望されていて、
その候補の一つが建築営業。
自らの経験を活かしたいと転職活動してみたものの、

知識がないから面接もしてもらえない。
これから職業訓練校に通う予定だが、

漆喰について詳しく知りたいということで、
セミナーに参加。
なるほど、いつもの趣旨とは方向性が違いますが、

折しもコロナ禍で、
参加人数はお1人となりましたので、

いつもの流れと変えて、
セミナーを進めることに致しました。
気になるのは、やっぱり漆喰のようで、

セミナールームの漆喰についての解説から始めました。

漆喰に色々あることに気付いたのは、
お友達の家に遊びに行った時。

自分の壁と全然違う仕上がりで、
これが漆喰なの!?と驚いたそう。
そしてアトピッコハウスの漆喰も、また違う。

一番驚いたのは、
隙間やヒビ割れがまったく入っていなこと。

隙間は、

  • 窓枠の周辺
  • 部屋の四隅
  • 建具周辺

が多く、広いところでは2mmぐらい開いているとおっしゃいます。

ひび割れは、

  • ドアの周辺
  • 階段回り

が気になるのだそう。

さらに浮いている箇所もあり、
アトピッコハウスの漆喰は隙間も、ひび割れも限りなくすくなく、
浮きはゼロであることに、
クロスみたいと非常に驚いていらっしゃいました。

施工年数もほぼ同じ3年にも関わらず、です。

 

 

漆喰でもカラーが選べる?

注文住宅をオーダーした会社では、
漆喰は白しか選択肢がなかったとのこと。

選択肢がなかったのは床材も同じ、杉のみ。

暮らしてみると、
杉の汚れが気になる。

特にキッチン周辺は、
こんなところまで油がはねているのか?
と驚いているのだろう。

伺ってみると、
塗装の選択肢もなく、無塗装。

メンテナンスの説明は
あったかもしれないけれど記憶にないから、
ワックスもクリーナーも使わず3年が経過。

さらに柴犬が2匹いるから、
キズがスゴイけれど、

全体としては
柔らかくて暖かく気に入っている。
でも自分たちの知識が
あまりにも不足していたと反省されていました。

そもそも漆喰とは?

漆喰は太古の昔から世界中で使われている壁材です。
石灰岩や粘土を水で練ったもの。

乾燥すると固まり、

その過程で、
ひび割れたり、乾燥して縮み隙間が空いたりします。

漆喰はそういうものです。

漆喰は静電気が発生しません

漆喰や杉などの無垢フローリングの良いところは、
静電気が発生しないこと。

静電気が発生しないと、
ホコリを吸い寄せないため
大掃除が不要になります。

冷蔵庫など家電品周辺は、
家電品が静電気を発生させるので、
ホコリが吸い寄せられてしまいますが、
壁や床に汚れが付着することがありません。

これが本物の漆喰や無垢フローリングかどうかの
1つの目安になりますが、

2人で、掃除が楽よねぇと盛り上がりました。

共働きのご家庭程、
漆喰や無垢フローリングを採用すると楽になります。

杉フローリングのメンテナンス方法

キズと汚れが気になるという杉フローリングは、
ナチュラル塗装を施したり、

ワックスをかけることで、
不着汚れが軽減されます。
もちろんワックスも毎年は必要ありません。

普段のお掃除はハウスクリーナーこめっとさんを利用すれば、
汚れが付着することはなくなります。

アトピッコハウスでは杉フローリングは扱っていないのですが、
メンテナンスで相談の多いのは杉フローリング。

ずっと疑問だんたのですが、
1つクリアになったことがあります。

 

建てたら終わり、建築後のフォローがまったくない。

家は住んでみて気付くことがたくさんあります。

杉のフローリングも、
柔らかくて暖かい部分は気に入っている。
キズがつくのも最初から納得している。

でも、どうやって掃除したらいいのかわからない。

きっと説明していると思うんです。
だけど必要な時にならないと、

その情報が頭に残らないのが人間という生き物です。

そんな時、
タイミングよく連絡くれたり、
ハガキが届けば、聞きやすくなりますよね。

今は保証を付けないと家を建てられなくなっています。
だから契約書に、
保証書がついていて、
記載がついているので見てみて下さいね、

とご案内させていただきました。

実は建築中から、不安を感じていた。

お話を伺っていて、
ちょっと気になってきてので、質問してみました。

その建築会社への不満は、
引き渡し後からですか?

住宅展示場で気に入って、
契約後、引き継がれた男性とは、
コミュニケーションがうまく取れていなかったようです。

その理由を冷静に、
担当が忙しすぎた、
と分析をされていましたが、
連絡したことが現場に伝わらない、

などの不安が重なり、
最終的には、
禁止されていた別会社の下請け現場監督に直接連絡をし、
なんとかスムーズに工事が完了したのだとか。

その後、まったく音沙汰たがなく、
建具の不具合に気付き、
担当の携帯に連絡したら、退職していた。

さすがに驚いて、
建築会社本体に連絡したが、

その対応も悪く、
建て替えたといとご主人と話していることを
教えて下さいました。

建築後のフォローは、建築会社の当然の役割。

漆喰やフローリングの知識が不足していたとしても、
完成した家に満足している方が大部分です。

逆に、漆喰やフローリングの知識が万全な方の方が珍しい。

家を建てるという段階になって、
1つ1つ知識を増やしていく。
その学びを手助けすることが、
建築会社の役割ですし、

建築後のフォローは、
法律で義務付けられています。

そのフォローを自社で担うのか、
TVコマーシャルをしているようなハウスメーカーのように、
グループ会社に引き継ぐのかは、
それぞれの建築会社で様々ですが、

地域密着で、丁寧な家づくりをしている建築会社は、

建築後のフォローも
自社でおこなっている会社が多いんです。

建築後のフォロー体制について、
契約前に聞いてみるというのは、
建築会社選びの1つの方法かもしれません。

大切なことは、
建築会社に連絡しやすい体制を整えているかどうか。

小さな会社でも、
しっかりとフォロー体制整えている会社は、
たくさんありますよ。

アトピッコハウスでは、
フローリングや塗り壁についての相談のほか、

家づくり全般についての
お話も伺います。
建築工事をしていないからこそ、聞けること、ありますよ。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです
資料請求は、こちら

いつでも気軽にLINEで質問