アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

工事業者が自然素材を自宅に使いたいわけ

  • 16
  • 10月
  • 2020

アトピッコハウスでは、自然素材を使いたいけど
業者がいい顔をしないとか、自然素材は不具合が多いから
良くないと言われたとか、高く見積もられているなどという
ご相談を建て主さんからいただきます。

それと同じくらい、工事業者さんや設計士さんからの
「自宅用」や「事務所のリフォーム用」の注文をいただきます。

建て主さんには勧めないのに、工事業者さんや設計士さんは
自宅や事務所に当たり前のように使う。

なぜなのでしょうか。

業者さんが自然素材を選ぶ理由


自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

業者さんが自然素材を自分の生活に取り入れたいと当たり前に
考える理由。

それは自然素材がいいものだと実感として知っているからです。

調湿をする塗り壁や、時間が経つにつれ美しく変わっていく
無垢フローリングや、高級感があって強度も抜群の織物クロスなど。

美しいだけでなく、生活環境も整えてくれ、長く使える
内装材だと知っているからです。

それではなぜ、建て主さんが使いたいというと
すんなり話が進まないのでしょうか。

そこに予算を割けますか?


家作りの基本仕様はほとんどがビニールクロスや
合板フローリング、クッションフロアといった新建材です。
そこから自然素材に変更するとなると大きな差額が出てきます。

自然素材が本当に良いもの、どうしても採用したいと考えて
予算組をしている建て主さんであれば問題はありませんが、

お金のかかる家づくりにさらにプラスアルファして自然素材を
使いたいとなると予算が捻出できずハードルが高くなるというところがあります。

本当にそこまで予算が出せるのか?無駄な期待をさせてしまうのでは?
無理して採用してこれからの生活は大丈夫?

建築会社はそんなところも考えているのです。

無垢フローリングは動きます

新建材と違い、自然素材は生きているものを建材として使っています。

無垢フローリングは建材となってからも呼吸続け、室内の
湿気を吸ったり吐いたりを繰り返します。

そのため冬の乾燥した時期には痩せるし、夏場の湿気の多い時期には
膨らみます。

無垢フローリングも日が当たればその分日焼けするし、
キズだってつく。

それは当たり前のことではありますが、動きのない新建材に
なれている私たちにはちょっとビックリすることでもあります。

塗り壁材はヒビが入ります

塗り壁はボロボロするんじゃないか?ヒビが入るんじゃないか?
そうご心配される方も多いです。

塗り壁だからって必ずボロボロするわけではありません。
きちんとした素材を選べば、硬く仕上がるので
ボロボロすることなく長く使えます。

ただ、クラックについては起こりえる現象です。

家は地震などがなくても多少は動きます。
ドアや窓の開け閉めなどでも家は振動するのです。

それにより塗り壁にクラックと呼ばれるヒビが入ることが
あります。

それは塗り壁だけでなく、ビニールクロスなどほかの壁紙にも
起こりえることでもあります。

自然素材に起こりえる当たり前をクレームにしないでほしい

無垢フローリングが痩せたからって、塗り壁にヒビが入ったりするからって
いちいちクレームにされたら堪りません。
普通に暮らしても音は聞こえてくる

自然素材はそういうものなのです。
動きがあるもので、時には思い通りにはならないものなのです。

きちんとした材料を使い、きちんと施工をすれば
不具合は起こりません。

ただ、生きている自然の力をお借りしているので、
動かない新建材に比べて起こりえる現象があるということを
知っておいてほしいのです。

いかがでしたか

唯一無二の家になる。
長い期間で味のある家になる。
空気のきれいな気持ちの良い家になる。

こういったことのお手伝いができるのが自然素材の内装材。

自然素材だからこその動きもあります。

それが嫌ならビニールクロスと合板フローリングを
選べばいいのです。

おおらかな気持ちと予算を大きく持って
工事業者さんに自然素材を使いたいとお話できるといいですね。

アトピッコハウスでは気持ちの良い床ごろ寝フローリングを
ご用意しています。

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

いつでも手軽にLINEで質問