アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

自然素材を選ぶ際の心配事とは?

  • 13
  • 11月
  • 2020

自然素材を内装材に使いたいと考える方が
増えてきました。

何となく気持ちが良さそう。とか、
かっこいいからという理由が多いですが、
一般的な建材に比べ、自然素材は高価なため、
事前に心配事のお問い合わせをいただくことがあります。

いただく質問で多い下記4件について考えてみたいと思います。

1塗り壁は割れる?
2塗り壁は掃除が大変? 
3無垢フローリングは動く?
4無垢はワックスがけが大変? 

その1 塗り壁は割れる?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

塗り壁って調湿性がいいので選びたいという方多いですね。
ただ、割れたりヒビが入ったりということを気にされる方も
多いです。

塗り壁は硬く仕上がってもコンクリートほどの硬さはないので
鋭利なものをぶつければえぐれます。

また、ドアや窓の開け閉めで起こる家の揺れにより
ヒビが入ることもあります。

しかし、壁の真ん中に大きなヒビが入ることはありません。
主に入隅出隅といわれる角の部分なので、
気になるほどではないと思います。

その2 塗り壁は掃除が大変? 

塗り壁はビニールクロスと違い、拭き掃除はできません。

しかし、ちょっとした汚れなどは消しゴムでこすって落とせますし、
薄めた漂白剤などでたたくことで汚れは落とせます。

そもそも塗り壁は静電気を起こさないので、
ホコリが集まってくることもなく、基本的には汚れにくい
壁ですので、普段のお掃除というのは必要ありません。

その3 無垢フローリングは暴れる?

無垢フローリングは暴れるからやめたほうがいいですよー。
無垢フローリングに慣れていない業者さんはこう言います。

自然素材である無垢フローリングは調湿作用をを持っているため、
空気中の湿気を吸収したり、吐き出したりすることにより
膨張したり収縮したりします。

このような作用があるため、環境、温度、湿度により
膨らんだり痩せたりします。

そのため、通常は冬場の痩せている時期に施工する際には
夏場の膨張を予測して隙間を開けて施工します。

こういった適切な施工をしていれば暴れることもありません。

また良質な無垢フローリングを選ぶということも大切です。

その4 無垢はメンテナンスが大変? 

無垢フローリングにしたら年に一度はワックスをかけたり、
塗装をし直さないといけないの?

そう思っている方もいらっしゃると思いますが、
実際はそんなことはありません。

もちろんワックスを定期的にかけることで長持ちすることは
確かですが、人が歩くことにより足の脂がワックスとなり
こまめなワックスがけが不要になるのです。

無垢フローリングにしたら年に一度はワックスをかけたり、
塗装をし直さないといけないの?

そう思っている方もいらっしゃると思いますが、
実際はそんなことはありません。

もちろんワックスを定期的にかけることで長持ちすることは
確かですが、人が歩くことにより足の脂がワックスとなり
こまめなワックスがけが不要になるのです。

アトピッコハウスでは1階にナラ材、2階にウォルナットを
張っていますが、移転してから4年間一度もワックスがけを
していません。

ですが、年を重ねるほどにつややかになって行っている気がします。

無垢のお手入れに適しているのは?

ただ、あまり知られていないことですが、無垢フローリングは
水拭きが苦手です。

水拭きをすることでワックスや塗装がとれ、傷みやすく
なってしまうのです。

軽いワックス効果のある米ぬかクリーナー、こめっとさん
スプレーしてフローリングワイパーでふき取るだけで
汚れも取れてワックス効果も期待できます。

こういったクリーナーを活用することでよりお手入れが楽になります。

いかがでしたか

自然素材にもメリット、デメリットがあります。
しかし、きちんと商品を選んで、適切な施工をすれば
心配することもありません。

おおらかな気持ちで自然のパワーをいただきましょう。

アトピッコハウスでは品質、施工性の良い無垢フローリング
ごろ寝フローリングを扱っています。

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら