アトピッコハウス ブログ
  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

畳の部屋を、気持ちの良い空間に生き返らせよう

2020/11/27
2021/09/30

洋室のみの家に住んでいる方も多いと思いますが、
温泉旅館や実家に帰省した際に、
和室で過ごすと畳っていいなあって思いませんか?

和室はあるけど、客間や物置としての役割だけ。
普段は使わないというお住まいも多いかもしれません。

畳のある部屋の使い道を、
今一つ見い出せないという方、
開拓して気持ちのよい空間に生き返らせてみませんか。

畳を生き返らせよう

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの山田です。
畳の部屋をどうやって生き返らせて、
気持ちの良い空間にレベルアップさせることができるでしょうか。

以下のポイントでチェックしてみましょう。

・畳の上に大きい家具を置いたり、敷物を敷いていないか?
・畳の使用年数を計算してみよう。
・畳のメンテンス方法を知っているか?
・和室での楽しみ方を考えてみよう。

畳の上に大きい家具を置いたり、敷物を敷いていないか?

畳の上にベッドや箪笥など大きい家具を置いたり、
敷物を敷いていませんか?

呼吸ができる畳にとって、
家具や敷物でフタをされるのは
息苦しい状態と言えます。

空気が循環できず湿度が溜まりすぎることで、
カビが生えることもあります。

断捨離して、使っていない家具を捨てたり、
敷物を外して呼吸させてあげることで、
畳にとって良い状態が続き、寿命が伸びます。

スッキリさせることで部屋も広く使えるし、用途が広がります。
ぜひ、畳の面積を広げてみましょう。

畳の使用年数を計算してみよう

新築やリフォームで新調した畳は青々としていますが、
年数が経つごとに、いい感じに変化していきます。

新畳の状態から換算して、
畳表を裏返す「裏返し」は5年が目安。

「表」を新品に変える「表替え」は10年が目安。

「畳床(とこ)」の寿命は商品によりますが、
新畳への交換は20年位が目安です。

そんな風に計算して、畳表だけでも交換することで
長く使っていただけます。

畳のメンテナンス方法は?

普段は畳の目に沿って、
掃除機をかけるだけでいいと思います。



ヘリの部分にホコリがたまりやすいので、
ホコリを除去して、たまに乾拭きするくらい。
簡単に考えてもらって大丈夫です。

新畳に交換した、初めての梅雨時期など、
高湿度な状態が続くとカビが生えることがあります。

呼吸をする畳は、高湿度な状態だと過加湿となり、
許容量を超えるからです。
敷物や家具を置いていたら、さらに悪い状態になります。

カビが生えても、
エタノールで除去して十分に乾燥させれば大丈夫です。

高湿度が苦手なので、加湿器の使用は控えましょう。

和室での楽しみ方を考えてみましょう

圧迫感が出るし、畳に良くないので、
背の高い家具を置かず、低い家具で統一しましょう。
目線が下にいくので部屋が広く見えます。

アンティークの和風家具だけでなく、
洋風家具も色調やテイストを統一することで違和感が出ません。

床の間に季節ごとに、お花や掛け軸を飾ってみる。
家で眠っている骨とう品を出して鑑賞してみる。
お茶やお香を楽しんでみる。

和室を生き返らせるだけで、新たな趣味ができそうですが、
ゴロゴロ寝るだけでも幸せですね。

いかがでしょうか?

自宅の畳を生き返らせたい。

畳の状態がどのレベルなのかわからない。
どこに頼んで良いかわからない。

そんな方は、近所の畳屋さんに問い合わせてみることが
一番早いかもしれません。

自分で動くのは億劫だという方は、
当社にお問い合わせください。

畳屋さんの手配まで当社が担当しますので、
安心しておまかせください。

ほんものたたみ

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら