アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

森林療法ってご存知ですか?

  • 21
  • 9月
  • 2005

週末、自宅から車で10分程度の「上郷森の家」で行われたホリスティック医学協会の「森林療法の魅力と可能性を探る」という講座に参加してきました。

上郷森の家は、昆虫観察やウオーキングなど森林を自由に楽しむことができる横浜市の施設です。ここは朝比奈インターから5分程度の、かなり不便な場所にあるのですが、木々がうっそうとする中に小川が流れていて、幹線道路にもかかわらず、比較的通過しても気持ちの良い地域です。

自宅近くにあるとにもかかわらず初めての場所。いつでも行けるや、感覚でなんとなく出かけないんですよね。特に横浜市の市民の森には、駐車場が完備されておらず(自然を楽しむのでマイカー不可ということらしいです)、我が家からはバスを2本乗り継いで行かなければなりません。

バスは乗り物酔いする可能性があるので、ちょっと苦手。だから、ついつい足が向きません。

さて、結論から申し上げると、私は山より海派ということを再確認して帰ってきました。

講座の内容が悪かったわけではなく、樹木と対話したり(気に入った木と会話するんですよー。ちょっと不気味でしょ。)、深呼吸したりに不満はなく、ただ単に、潮風にさらされているほうが、リラックスできる、ということです。

でも、ガーデニングは嫌いではなく、特に無心になれる草むしりがお気に入り。ミミズが出てきたり、ナメクジを処理したりしないといけませんので、素手ではできませんが、何も考えずにひたすら、草を抜いていく作業が落ち着きます。

特に雨上がりの後は、土も柔らかくなっていてスポっと抜けて、よりスッキリ!今日とか絶好の草むしり日よりなんだけどな。

当日、森林療法の第一人者の上原巌先生(兵庫県立大学附属自然環境科学研究所助教授)の特別講座もありました。

実は、爆睡してほとんど聞いていませんでした。ゴメンなさい!前日、数時間しか眠ることの出来なかった私に、ランチ後の1時間、起きていろ、というほうが無理。とても残念なことをしました。

上原先生が、横浜市の森を誉めてくれていたところは聞いていました。都道府県では、行政主導の森が増えているけれど、訪れる人が少ないところもあるそうです。

それは、森を用意したから「森林浴を楽しんで」だけでは、何をどう利用したらいいのかわからないから。

横浜市の市民の森は、ボランティアさんや、日本野鳥の会のレンジャーさんが常駐されているところもあり、イベントが盛りだくさんなのです。陶芸教室や炭焼き小屋、プール、自然観察の講座など、遊びにいきたくなるような仕掛けが工夫されているのだとか。

週末も、歩け歩け会の団体さんもいらしていて、休憩場は大賑わい。これからがピークで、1日1000人の来場者もあるとか。まるで水芭蕉の頃の尾瀬みたいです。

横浜市って、前市長が箱物大好き人間だったから、ソフトの部分で誉められることってあんまりありません。市民の森は行政と民間との役割分担が上手くできた事例。ちょっと嬉しいです。

森林療法はドイツでは歴史があるようですが、日本は模索中というところ。でも千葉大学でもガーデニング療法を研究し始めたり、これから色々発展しそうです。

数年後には「森林カウンセラー」というような資格もできるとか。国家資格を持った医療従事者で、森のことを良く知っている人が誕生するそうです。

街の真中にある森林で遭難することはないとは思いますが、毒キノコやスズメバチ、草木に被れてしまうなど、自然を侮ると痛い目に合います。知識のある方が一緒だと安心ですよね。

森林療法、これから注目の治療方法の一つになるかもしれません。

興味のある方はココをクリック!

ありがとうございます。また明日も楽しい話題が提供できるように頑張ります。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら