アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

古から生まれる現代のモノ

  • 24
  • 11月
  • 2011

スタッフの岸です。
私ごとですが先週の週末に奈良と京都に行ってまいりました。
アトピッコハウスに入ったばかりの時に左官の文化は京都と馴染みが深いのよ。
と、ひろ美専務に教えていただきました。

それから絶対に京都に近々行こうと決めていたのが念願叶って
奈良で1年に1回の開催される正倉院展の時期に合わせて行ってまいりました。

鹿の糞をふみつけながら向かった正倉院展は長蛇の列です。

正倉院展の中は撮影できませんが、古の品々が展示され、どこもかしこも人だかりでした。
ちゃんと勉強して行ったらもっと感動的なのだろうな・・と思いつつ、
日本の伝統文化、材料のルーツを目の前にして歴史の重さを感じました。
昔のものが現代にも伝えられ、色んな形で継承されているということも感動的です。

実は、アトピッコハウスのはいから小町も、昔の建物からヒントを得て開発された左官材です。

洞潤会アパートや渋沢記念館など、それらの建物には漆喰や入洛(じゅらく)、
そして土壁ともまったく違う、でも非常に強固で、美しい塗り壁が使われていたことから
ここに珪藻土を加えてみたらどうだろうか‥。というちょっとした発想が、
まったく新しい、自然素材100%の珪藻土塗り壁誕生につながったというわけです。

アトピッコハウスの人気のはいから小町のルーツは昔の技術からヒントを経て
現代に生まれた新しい塗り壁材です。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

オススメの記事