アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

急性シックハウス症候群に‥6

  • 09
  • 3月
  • 2006

新店舗のお店に入って具合が悪くなったご報告の6回目。

この辺りで一緒にお店に入ったスタッフの<ち>のこともご報告したいと思います。だって、まるで私だけが特殊人間みたいじゃないですかね~。

彼女はアレルギーは持っている物の、父親も夫も喫煙者、本だしで育っているし、ニオイ等にもそれ程敏感ではありませんが、今回は多少体調を崩してました。

入ってすぐ、ニオイが気になったとか。
特別、鼻が敏感ということもないから、これは珍しいこと。

あと、私はシックハウスは目にくるけれど、彼女の場合は喉みたい。20分ぐらいしたら、喉がいがらっぽいと訴え始めました(食べ物は、この時点で出ていなかったのでグルタミン酸ソーダの影響ではないと思われます)。

そして、事務所に戻ってきたら、脳天に違和感があったそう。これは初めての事みたいでしたが、この症状も夕方には治ってました。

彼女曰く、「敏感でない私が感じたんだから、スゴイ。」とか。

これって、知識があるかないかじゃないかな。

例えば、喉がイガイガしたとしても「なんか調子が悪いな」で終わってしまうけれど、多少なりとも知識があるから、体調の変化に気付くことができる。

アロマセラピストの方も、「気付き」を大事にする方多いですよね。
肩こりも、腰痛も自分で気付かないと養生ができない。足が浮腫むから、とリフレクソロジーに行って、実は目がすごく疲れているから肩凝りがヒドイ、ということを知ったりします。

気付く為の「知識」はやっぱり必要なのですが、それをどう、感心のない方に提供し、理解をしてもらえるようにするか、が永遠の課題。

さて当日、店内の他のお客さんはどうだったかというと、ほぼ全員がイライラ状態。
が、それはシックハウスのせいなのか、段取りが悪かった為なのか、を突き止める術はありません。

永遠の課題があるからいいのかも、ね。

ブログランキングに登録をしています。
応援クリック1回、よろしくお願いします。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら