アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
長火鉢

原発問題、エコをどう考えるか?

  • 09
  • 11月
  • 2012

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごとう ひろ美です。

エライことになったなー、という正直な想いを友達に聞いてみました。
長火鉢

何故かというと、
確かに原発はない方がいいだろうけどCO2とかどうするの?
電気の使用量をこれ以上少なくする生活は、私的にはちょっとキツイ。我が社はエアコンなし、暖房も少量。
でも携帯電話はないと不便だし、乾燥機があるから会社でタオルが洗濯できる。
会社でタオル干してるって、どう?美容院じゃないし。

貸しタオルは、薬剤が酷い。
クリーニングの溶剤問題を考えたら、自社で洗濯乾燥した方が安全だし、
地球環境にも優しい。

使い捨てが悪なのではなく、
リユースのその過程も知った上で、ジャッジする。
便利と安全を、それぞれで都度天秤にかけて判断する。
だからいつでもリユースが良いということでもありません。

原発反対デモや、もろもろ報道を鵜呑みにするのは簡単。
でも友人に、そのあたりどう考えているのか聞いてみたのです。

私と同じでした。友達だからかもね。

ちょっと遠い人、取引先とか、最近知り合った人にもい聞いてみたら、
すごく似ていました。
もしかして、ほとんどの人が私と同じ感覚?
あっとホーム

原発は哀しいことになった。被害は甚大だ。
日本が嫌ならニュージーランドでも、どこでも移住すればいい。できない私は、日本人に生まれること選んだ者として、
厳粛に受け止め、今できることをしていこう。
政府の文句を言う暇があるのなら、粛々と働らこうよ。

ま、こんなところです。

アトピッコハウスの工場は畳以外、お蔭様で被害がありませんでした。
幸か不幸か、福島及び周辺の地域とのご縁も薄い。

この事は、あまり声高にはお伝えしていなかったのですが、
産地についてのお問合せをいただくことがありません。

震災以降、1年8か月が経過して5名程度。
産地を気にしていないのではなく、
政府発表を鵜呑みにしている訳でもなく、この運命を受け止め、
自分が信頼した会社や商品に、自信を持っているのではないか。

つまりは、自分自身を信用している。

もちろん気になる人は、気にした方が良い。
同じように考え、産地を公開している会社の商品を選ぶべき。それが精神安定上、重要です。

でも日本に住み続けなければならないのであれば、
日本政府の対応に文句を言い続けるより、
不安いっぱいに暮らすより、楽しいことを考えた方が、私はいいのです。
被ばくっていう単語も、あんまり好きじゃないな~。ちょっと、淋しい。被ばくしながら、
除染作業している人たち、たくさんいるからね。

いつものご飯を安心して食べるための準備は、人それぞれ。
日本にいながら外国産だけで生きるという選択肢もありますが、
輸送する際のエネルギー消費についても是非がある。
外食できるお店もい限られるし、出張で出掛けて新幹線の中でお弁当を買うこともできない。
いつも「あれは大丈夫?これは安心?」と不安な日々を送るなんて、愉しくないよー。

と、私は思うのであります。
あっとホーム食事

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら