アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

どっちがいい?

  • 11
  • 4月
  • 2007

先日のブログ以外でもF☆☆☆☆に関係する話題が周囲で続いています。で、思い出したことがあります。

とある埼玉の工務店さん。
社長の志は高いのですが、スタッフもお客さんもついてこれずに、結局F☆☆☆☆レベルの家しかつくれていない。

某工務店の専務。
家造りのセンスというより、見せ方、お客さんとの対話が長けていて、施主はついつい引き込まれる。利益率を重要視し、不用意なサービスはゼロ。

この2社。
対極にあるな~、といつも感じています。そして、どっちがお客さんにとって幸せか、じっくり考えたことも。

埼玉のA工務店は、元々お客さんが本物素材志向でないから、そこそこ満足していたとする。でも、作り手は十二分に不満足で、毎回フラストレーションが溜っている。

神奈川のB工務店。
とにかくお客さんの満足度が高い。
正直素材は中途半端だ。でもF☆☆☆☆レベルよりは高い(ように見せている)。例えば、フローリングは無垢が標準仕様。合板フローリングは低ホルムでね、とか説明をする。でも、節が多く、見る人がみれば品質が低いことは一目瞭然。そこを突っ込まれると「住んでいるうちにすぐに気にならなくなります」でお客さんは、ほぼ納得。とにかく素材という部分ではない、他の部分での顧客満足度を高くしているので、クレームになり難いのだ。

そしてウソを言っているわけでもない。
成分を公開してくれといえば、オープンにする。標準仕様のものが嫌なら+3万円です、となる。そして、メーカーや職人にその費用を叩くことは一切せず(じゃないと現場の雰囲気が悪くなるから)、ひたすら安くて自然素材風のものを探しまくる。

目指しているものが違う2社を比較することは本来はできないのですが、あえてしてみると、私は神奈川のB工務店の方がトータルで考えると良い家になっているように思うのです。

パーツ、パーツで判断すると、50歩100歩ではありますが、家って全体を見ることが重要で、施主はもちろん、電気屋さんなどの職人さんも含め全ての人が満足している家のほうがよくなる。

100%完璧な家なんてできる訳はないから、どこか片目をつぶることも大切。ただ、その目のつぶり方が、間違っていると、とんでもないことになるような気がする。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら