アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
フローリングのサンプルです

世界遺産の森で育った ヒノキ下地材 熊野古板

  • 19
  • 9月
  • 2008

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

ゼロホルム合板が製造中止になって、
その代替品として

作ったのが、
cimg1171.JPG
尾鷲ヒノキで作った ヒノキ無垢下地材
「熊野古板(くまのこいた)」です。

世界遺産に指定された
「熊野古道」を知る人は多いと思います。
三重県尾鷲は、その世界遺産の真っ只中にあり、

江戸時代から400年続く、
ヒノキの銘木の産地なのです。

尾鷲のヒノキは、
・年輪が緻密で
・粘りがあるので
・キチンと乾燥させると、床暖房にも準対応
する品質です。

フローリングとして使っているものは、
節を補修し、表面もピカピカに仕上げた高級品です。

しかし、Bグレードの商品を
手間隙かけずに製品化したら・・・

ヒノキの無垢材で 下地材が作れるのでは?
そこに着目して製品化したのが・・・

「熊野古板」なのです。
cimg1180.JPG
フローリング工事の時の下地材はもちろん
湿気が気になる押入れの内張りや
トイレの腰板などにも良いかも?

早くも、注目されています。

追伸:熊野古板は、原木の確保が困難となり、製造を中止させて頂きました。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら