アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

左官職人

  • 22
  • 1月
  • 2009

ありふれた奇跡というドラマがはじまりました
私的にはあまり興味がそそられなかった初回。

でも!
主役の男性の設定が左官職人でした。
その左官職人が、
本漆喰の現場に出掛けたことが棟梁である祖父ちゃんにバレ、
怒られるというシーンがありました。

ほ~。

祖父ちゃんはセメント左官のプロとして頑張っていて、
映像をみると、
マンションや大型商業施設の現場のシーンがでてきます。

これからの時代、
漆喰なんかじゃ食えねーよ。
漆喰なんか勉強してもダメなんだ。

というセリフも印象的でした。

戦後、左官職人の仕事はどんどん減りました。
確かに本漆喰の現場は少なくなりました。
だから、本漆喰を施工できる職人は実は非常に少ないのです。

先行きを案じて、
タイル屋やペンキ屋に鞍替えした人も多いと聞いています。

左官職人にも専門分野があって、
それをこの祖父ちゃんは言いたいのです。
セメントで一本でやっていけ!

職人ってカッコイイ!
はずなんだけど、はて、主役の彼はどうでっしゃろ。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら