亡くなる前のこと

老犬との暮らし

トイプードル華子がみまかり、
キッチンで遺骨におはようと声をかけ、
お水を新しくする毎日が2か月が過ぎました。

哀しみがこみあげてくる時もありますが、
残されたトイプードルくるみ15歳が落ち着くまで

1か月ぐらいかかり、
普段通りだなぁと思えるようになったのも束の間、
まるで抜け殻か!
というぐらい眠り続けるようになりました。

華子も2-3年前から、
起きているのはゴハンとトイレだけで、
お散歩も、起こせば喜んでいくけれど、
自分から行きたいとは言わないくなってきて、

それと似ているなぁ、と一抹の不安を感じながら眺めています。

華子は亡くなる2か月ほど前の3月に、
体調を崩し、血便を出していました。
病院で薬を点滴でいれてもらい、

元気になったのですが、
また急激に気温が冷えた4月中旬に

同じような症状が出て、
血便は止まったものの、
そのまま帰らぬ犬となりました。

亡くなる10日程前、
目の力がないなぁと感じていました。
それまではゴハンを食べなくても
私は大丈夫だから、心配しないで!

という顔つきだったのですが、
その時は、

人生のしまい支度をしているようにと感じて、
仲良くしてもらったクロネコさんにも、
寝たままの華子を、
見せたりしていました。

猫は死ぬことがわかった時、
いなくなると聞きましたが、

犬も、やっぱり自分の意思で
人生を閉じるのかもしれません。

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

2018年4月、華子が17歳半で旅立ちました。
くるみ2003年生まれ。
健康住宅同様、ペット対応住宅も花盛りですが、
我が家の実体験、綴っています。

goto hiromi

1,091 views

気付けば建築業界歴20年となりましたが元々は貿易事務をしていた建築素人です。素人でもわかるを基本に、自然素材の家づくりや暮らしについて書いています。紅茶&茶...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。