「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

好きな本

たのもしい人格を持たねばならない。

司馬遼太郎さんは
21世紀を生きる私たちに、自己の確立を求めました。

時代に流され、
大きな痛みを伴う二つの大戦を経験した世代の方だからこそ
思うところがあったのだろうと想像します。

私たち日本人は、
良くも悪くも時代に流され、
小さな島国の中で自己の確立もできないまま、

自分たちの権利だけを主張して
今を生きているような側面があります。

そうかと思えば、
他人の痛みを自分のことに置き換え、
共感力という、
今の時代に求められている能力も備えています。

昨日、知人から癌の転移を報告されました。

自分が、余命の宣告を受けた時、
どういう感情を持つのかはイメージすることもできませんが、
私には彼女が潔く見えました。

いえ、潔く生き抜こうと決意しているのかもしれません。

人間、意地を張ることも大事だなと、
思うことが多くありました。
こんな気持ちを抱いている時に、

手に取った1冊がこれだったことは、
きっと私に、

たくましく生きろというメッセージなのだと思います。

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 磯田道史著

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

価値観の合うパートナーをみつけることが
家づくり成功の秘訣。

家づくりに成功した方は、
条件から取捨選択するのではなく、
価値観で取捨選択し、条件で絞っていっています。

読書は価値観の見極めの1つになります。
「すきな本」に共感する部分があったら、
アトピッコハウスのHPやブログで、
まずは家づくりの知識を増やしてみては如何でしょうか。

アトピッコハウス公式サイトhttp://www.atopico.com/
メールで学ぶ自然素材の家づくりhttps://www.atopico.com/atopicostyle/
不定期メルマガhttp://www.atopico.com/mailmagazine/form_02.html
アトピッコハウスブログhttps://www.atopico.com/blog/

goto hiromi

30,308 views

気付けば建築業界歴23年となりましたが元々は貿易事務をしていた建築素人です。素人の私が理解できることを基本に、家づくりや暮らしについてお伝えするブログです。...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA