分をわきまえる

今、感じること

御縁結びをさせていただきました。

10年以上お付き合いのある取引先に、
仕事に関心を持ってくれそうな女性を、
ご紹介しました。

初回のお見合いは、
いい感じで終了し、

ひとまずお役目を果たせたのですが、
それぞれが自分の紹介をされた内容が、
自然体で、すごく良かったんです。

ビジネスでは、
大法螺を吹いて良い条件を引き出そうとすることが
戦略として正しいとされている風潮があります。

アトピッコハウスにも、
予定購入額の数字を示して
価格交渉をしてくる建築会社が後を絶ちませんが、
過去の事例からいって、
それが現実になったこと、ないんですよねぇ。

例えば大手であっても、
自然素材の提案には慣れていないので、
そんな簡単は話ではありませんし、

中小零細は技術もセンスも悪くなくても、
それだけの集客力がないことや、
丁寧に作ろうと思えば思うほど、
年間建築数は少なくなります。

となると数の論理で、
価格交渉をしてくるって、

大言壮語なだけ。
今では、そういう提案をしてくる人は、
一切信用しなくなりましたし、

大言壮語をしてきた人とは、

疎遠になっていきますね。
人間的に信用ができませんから‥。

経済が成長し難くなっている今、
身の丈を大きく見せることが
はたして信用につながるのか疑問です。

双方の事情を理解している私は、
先日のお見合いの席で、

2人の女性が無理することも、
誇大表現することもなく現状を伝えあい、
どんな協力関係ができるのかを模索し合っていました。

おままごとのようだという見方もあるかもしれませんが、

大きく経済発展が難しい今、
結果的に、こういう方法がビジネスを継続させ、
安定的な経済活動に繋がるような気がします。

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

坪単価や技術に加えて、
価値観の合う「類友」かどうかを
建築会社選定基準にして欲しい。

このブログに共感できるところがあったら
アトピッコハウスに請求してみてくださいね。
家づくりのモヤモヤが1つスッキリするかもしれません。
https://www.atopico.com/request/

goto hiromi

21,340 views

気付けば建築業界歴20年となりましたが元々は貿易事務をしていた建築素人です。素人でもわかるを基本に、自然素材の家づくりや暮らしについて書いています。紅茶&茶...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA