そうめん、食べてって。

今、感じること

ワークショップに参加するため、
初めての道を歩いていたら、
ちょっと独特な植栽の御宅が目に留まりました。

私はゴチャゴチャっと並んだ植木鉢群が大好きで、
下町感が溢れていて、
日本らしい風景の1つだな、と感じているので、
ついつい民家の前を通ると、
眺めてしまうんです。

そこは私が今まで目にした植木鉢群とは違っていて、
振り返って、
上下左右を眺めていた時、

お姉さん、と声を掛けられました。

ジロジロ眺めてたから、
不快に思われたのだろうか‥。

と不安に思っていたら、

そこの赤いドレスのお姉さん。
そんな服、どこで買ってるの。
みたことないよ。
こっちきて、そうめん食べていきなさい。

へ??????
そうめんを食べていけ、って言ってるのか‥。

視線を向けると
初老の男性が、
玄関前のスペースで、

小さなテーブルを出して、
ご婦人と二人で、
何かを召し上がっているようです。

13時半に、
この先にお約束があって、と伝えたところ、

直ぐ近くで間に合うから、
いいからいいから、お姉さんどこから来たの?

と、話が続きます。
まぁ、この初老の男性が、
私に毒を飲ませても徳はないだろうから、
お付き合いするか‥。
 

ということで、
マイ箸を出して、
焼きそうめんをいただきながら、
10分ぐらい、そこに滞在してしまいました。

途中、お住まいから奥様が出てこられ、
初老の男性と一緒にいた女性を連れてお出かけとなり、
古い写真やらの話を伺いながら、
不思議な時間を過ごしたのでした。

ワークショップが終わって、
そこの道を再度通る時、
 
また声かけられると面倒だなぁ‥。
 
と思っていたら、
お姿は見えず‥。
 
会社に戻って、
夫とスタッフに話したら、
食べたことに、驚かれましたが‥。
 
これって下町あるある、なのかな。

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

坪単価や技術に加えて、
価値観の合う「類友」かどうかを
建築会社選定基準にして欲しい。

このブログに共感できるところがあったら
アトピッコハウスに請求してみてくださいね。
家づくりのモヤモヤが1つスッキリするかもしれません。
https://www.atopico.com/request/

goto hiromi

21,340 views

気付けば建築業界歴20年となりましたが元々は貿易事務をしていた建築素人です。素人でもわかるを基本に、自然素材の家づくりや暮らしについて書いています。紅茶&茶...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA