アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングの価格以外の違い

  • 14
  • 10月
  • 2020

アトピッコハウスでは、創業以来、20年以上
無垢フローリングを扱ってきました。

国産にこだわったり、厳選した輸入品も
取り入れたりしながら、現在の製品バリエーションに
なっています。

しかし、国産の杉だけは扱ってきませんでした。
それには理由があります。

というのも、「杉」は、全国どこにもありますし、
価格も安いので、あえて、当社が扱う必要もないと
思うからです。

それに、杉は、柔らかくて、温もりもあって、
悪くはないのですが、「いくらでも」安い製品があるので、

価格勝負になったら、絶対に勝てないからです。
ただ例外としては、「杉」でも、高級な製品は、

生産される量も少ないので、仮に当社が扱っても、
価格競争に巻き込まれることがないので、

取扱いは、可能なのです。
それでも「杉」は、扱っていせん。

もっとも価格で比較される商品

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢フローリングは、ほんと「差」を出しにくい
商品だと思います。

節が多いとか、色が綺麗だとか、木目が多いとか少ないとか、
見た目の違い以外は、

「きちんと乾燥」させてきすよ! とか、
「施工性が良い」ですよ! とか、
「ロスが少ない」ですよ! と言っても、

あまり、建て主さんには響かないようです。
それに、プロも、その辺りは、割と簡単に考えていて、

目先の単価(価格)だけで判断されています。

どこに頼んでも違いがない訳じゃない

無垢フローリングは、「差」が出しにくい商品だと言いましたが、
実は、「地味な差」があるのです。

まずは、原木の選定から始まって、
乾燥、製材、加工、塗装と沢山の工程があります。

どこの産地の何年物の原木を使うか、
どの程度キチンと乾燥させているか?

そして、加工の精度、塗装の品質等々です。

折角こだわって、丁寧に作っても、
その部分は、なかなか評価されません。

やはり一番に評価されるのは、
「色味」ということになりますね。

ただ、ある意味それは、仕方のないことだと思います。

見た目が気に入って、価格に納得すれば、
それで決まりな訳ですから、

「こだわっています」
「品質が良いです」

といっても、その価値が分かる人は、多くないということですね。
やはり、「見た目」と「価格」ということになる。

安いだけの商品は、いくらでもあります。

でも実際は、ロスや施工性といった違いがある

では、価格だけ安い製品と、品質がしっかりした製品の
違いとは、どんなことでしょうか?

まずは、無垢フローリングの表面部分は「等級」があります。
ABCDで表したり、「特一」とか「小節」とか「無節」と
いったようにです。

そして、フローリングとフローリングの接続部分(ジョイント)は、
「実(サネ)」という形状に加工されていますが、

このサネの形状や精度によって、
加工のしやすさが変わるわけです。

それに、反ったり割れたりしている材料だと、
使えないので、「ロス」といって、処分対象になります。

だから、無垢フローリングの価格は、
「ロス」として、処分する分の割り増し分も含めて、

原価ということになる訳です。

私の会社の無垢フローリングは、精度が高く、
ロスが出にくい製品なので、

その点も加味して、評価して欲しい訳ですね。

それでも価格が優先されるなら、杉やパイン

品質がどうの、キズの付きやすさがどうのと言っても、
無垢フローリングでさえあれば良いのであれば、

「杉」や「パイン」で良いと思います。

どちらも、「針葉樹」です。
針葉樹は、全般的に、どの製品も、「広葉樹」よりも、
柔らかいです。

「杉」は国産ですが、「パイン」は、輸入材です。
どちらも価格が安いです。

そして、「柔らかい」ので、傷がつきやすいです。
ただ、温もりがありますから、傷のつきやすさなんて、

無視しても良いかも知れません。
そこは、ご自身の価値観次第です。

傷の付き難い堅い樹種(広葉樹)を選んで、
床暖房を入れるという選択肢だってあります。

広葉樹(ナラ、カバ)、針葉樹(杉、パイン)の違い

無垢フローリングの原料となる木材には、
ナラ、カバといった広葉樹と、杉、パインといった針葉樹があります。

針葉樹は、柔らかく、傷が付きやすい、
広葉樹は、堅く、傷が付き難いといった特徴があります。

木目とか、見た目も違うので、
無垢フローリングに「何」を求めるかによって、

変わってきます。

アトピッコハウスでは、基本、広葉樹で
製品バリエーションを整えています。

唯一、針葉樹でご用意しているのが、
「尾鷲ヒノキ」というヒノキ製品です。

こちらは、品質が高く、昔からの銘木の産地なので、
「産直」にこだわって、取り扱っています。

それ以外は、広葉樹が基本です。

ナラ、カバといった一般的な広葉樹のほか、
アメリカンブラックチェリーだの、ブラックウォルナットだの
という高級材を扱っています。

予算がある程度あって、無垢フローリングの
価値、魅力を、ある程度理解されている方に

選んで頂きたいと思っています。

いかがでしょうか?

無垢フローリングは違いの出しにくい製品です。
予算だけで選ぶなら、いくらでも、安いものが見つけられます。

しかし、施工のし難さとか、施工後のトラブルといった
ことも発生しやすくなりますから、

その部分の「ロス」や「手間暇」も、コストとお考え
いただきたいところです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら