MENU

メール de セミナー

04mail de seminar

無垢材選びのコツ

無垢材の特性を加味しながら、好みに応じた選び方のコツをメールでお伝えします。

今すぐカンタン登録!
お名前
 ※苗字のみ
お住まい
メールアドレス

メールアドレスに間違いが無ければ、登録ボタンを押してください。
※登録しても売込みは一切しません。

  • 第1回

    キズが気になるか? 気にならないか?
    床にキズが付くことをどの程度容認できるかによって、無垢フローリングの樹種の選び方が変わります。では、傷が付き難い樹種と、キズが付きやすい樹種というのは、どんな特徴があって、どんな違いがあるのかというと…
  • 第2回

    温もりの優先度は?
    無垢フローリングには、樹種によって、硬い木と柔らかい木があります。それは、キズの付きやすさとも関係しますが、柔らかい木は「温もり」があります。しかし、キズのことを考えると、現実的な選択肢としては…
  • 第3回

    塗装か、無塗装か?
    フローリングは塗装してあるものが一般的ですが、無塗装という選択肢がない訳ではありません。しかし、汚れや、日頃のメンテナンスを考えると、ある程度塗装してある製品の方が扱いは簡単です。ではどのように選べばいいかというと…
  • 第4回

    国産材か、輸入材か?
    アトピッコハウスでも、初期の頃は、国産材か、輸入材か? ということに、とても神経質になっていました。しかし、価格の高い国産無垢材が選べなくても、合板フローリングにせざるを得ないのなら、輸入の無垢材を長く使う方が、お財布にも環境にも優しいのです。なぜならば…
  • 第5回

    節は気になる? 気にならない?
    節の多さは、値段の違いにも直結します。というのも、節の少ない部分というのは、魚でいうと、トロに当たるので、希少価値があり、値段も高いのです。では、予算を上手に使った無垢フローリングの選択肢はというと…
  • 第6回

    床暖房を希望するか? 希望しないか?
    無垢フローリングは、木そのものに温もりがあるから、床暖房なんていらないんじゃないかと思いますが、色々な理由で、床暖房を設置したいという場合は、こんなことを知った上で、樹種の選定をされるといいます。それは…
  • 第7回

    メンテナンスに対する考え方は?
    無垢材にあこがれつつ、最終的にあきらめる理由の一つとして、メンテナンスが大変なのではないか? という点です。しかし意外なことですが、合板フローリングより、無垢フローリングの方がメンテナンスは簡単なのです。なぜかというと…

メールセミナーの停止、メールアドレス変更はこちらから