はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

無垢フローリングの暴れや床鳴り

投稿日:2018年01月18日 作成者:


今年の冬も寒いですね。

ニュースでも乾燥注意報を耳にします。
無垢フローリングは暑さ、寒さに弱い建材です。

床鳴りや反ったり暴れたりといった言葉は
耳にされることは多いと思います。

どのような現象をいうのでしょうか。

 温度差に弱いフローリング

無垢のフローリング
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

フローリングは暑さ、寒さに弱いということは
先にも書きました。

気温や湿度によって割れる、反る、曲がる、
すく、ヤニが出るなどの現象は起こりえます。

なぜなら無垢フローリングは生きているからです。
生きているので呼吸します。

湿度の多い時期には湿気を吸い込み膨らみます。
そして乾燥した時期には蓄えた湿気を吐き出し痩せます。

施工する時期が冬場であればフローリングが痩せている時期
ということになります。

その状態できっちり詰めて敷き詰めたとすると、
夏場に湿気を吸って膨らんだ場合逃げ場がなくなり、
盛り上がってくることがあります。

これを突き上げといいます。

ですので、フローリング同士は名刺やはがき程の隙間を
開けて施工するのが一般的です。

逆を言えば、木が膨張している時期に施工をした場合、
乾燥時期には木が痩せるので隙間が生じることがあります。

 フローリングの暴れ

木の反りや伸縮を暴れと呼びます。

暴れは新築など施工して間もないころに一番顕著に
現れます。

年間を通して繰り返し伸縮を繰り返し、やがて
落ち着きます。

 床鳴りとは

フローリングは雄サネと雌サネを組み合わせて
施工します。

パズルのように凸と凹を組み合わせるのです。

木の膨張や伸縮によりその組み合わせた部分が
擦れ合うことで床鳴りが起こります。

原因はそれだけではなく、下地が乾燥収縮することで
隙間ができることや、フローリング自体が膨張したり収縮することで
浮きが生じるなども挙げられます。

古い家だと白アリが原因の場合もあるようですので
注意が必要です。

床暖房と床鳴り

床暖房用のフローリングも生きているため
全く伸縮しないわけではありません。

温度差に弱い無垢フローリングですから
床暖房は基本的に得意ではないといえます。

冬場はただでさえ床材が縮んで反りやすい時期ですが、
下から熱せられることでその現象が助長されるからです。

無垢フローリングを張って最初の年は床暖房を
低温で慣らす必要があります。

フローリングは急激な温度変化を苦手とするからです。

ワンシーズン超えると安定してきますので少し
おおらかに見守ってあげることが必要ですね。

床鳴り、暴れの予防策

フローリングを張って落ち着くまでにワンシーズン程は
見ていただいたほうがいいと思いますが、

・加湿器や除湿器などで湿度をコントロールする

・水ぶきをしない

・空気の通りをよくし、湿気をため込まない。

などを普段から気を付けることで予防につながります。

 いかがでしたか

暴れ、反りなどの言葉を見ると大変な現象のように
思えますが、無垢フローリングとの生活には
それはあって然るべきものという心持ちで選んでいただければと思います。

生活をしていく上でそれらは落ち着きますし、
何より無垢フローリングとしてのメリットは計り知れません。

生きている建材特有の温かさ、使い込むほどに独特の質感と
深みのあるツヤがきっと生活を豊かに演出してくれる
ことでしょう。

アトピッコハウスでは良質な無垢フローリングを
取り扱っています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 暴れ 床鳴り | タグ: | 無垢フローリングの暴れや床鳴り はコメントを受け付けていません。

子供部屋に使いたい内装とレイアウト

投稿日:2018年01月17日 作成者:


ここ最近、我が家の娘は自分の部屋が欲しい病です。

寝ても覚めても、
「自分の部屋でゆずとみかん(子猫です)と寝たいなぁ」
というのが口癖。ただ猫と寝たいだけなのかもしれませんが、
いい機会なので、彼女の部屋を作ってみようかと考えています。

家をリフォームするときに、アクセントで壁一面だけ
ダスティピンクにしたのですが、現在の彼女はピンクがNG。

はてはてどうしましょうか。

これから10年は過ごす事になるであろう自分の部屋。

どういった内装とレイアウトにしてあげたら、
心地よく過ごせ、成長できるのでしょうか?

今回は子供部屋にお勧めのレイアウトと内装について
お話してみたいと思います。

子供部屋のレイアウトには何が必要?

子供部屋に使いたいレイアウトと内装

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

自分で部屋作りをしようという年齢には届かない
子供たちの部屋作りはなかなか大変ですね。

基本的には保護者が内装やレイアウトを考えることになりますが、
最も大切なのは、部屋を使用するのは子供だ
ということを意識しなくてはなりません。

子どもの目的と動線が余計なものに遮られないような空間。
空気の循環が良い内装が整っていたら基本はOK。

せっかく部屋を渡しても、子供の動線から外れると
その部屋は寝るためだけの部屋になってしまいますね。

シーンで分ける子供部屋レイアウト

子供部屋で子供がすることといえば、睡眠や勉強、
室内遊びが中心です。

親としては子供部屋を与えたからには、
その部屋を大切に自立に向けてほしいですよね。

それにはまず、勉強する時は勉強する、
寝る時は寝るといったように、生活のシーンごとに
切り替えができるレイアウトがお勧めです。

学習机とベッドを背中合わせに

最近のレイアウトの傾向で多いのは、
勉強机は部屋には置かず、勉強はリビングで
というようなスタイルです。

それは目が届く場所で、手を差し伸べられ、会話を
絶やさないという観点からは、レイアウトの1つの
方法だと思います。

それでも部屋に勉強机を置く場合は、
学習机とベッドを背中合わせにするレイアウトがおすすめです。

背中合わせにすることにより、勉強している間はベッドが
視界に入らないようになります。

ベッドの長辺側を背中にするか、短辺側を背中にするかは
部屋の形にもよりますが、コンパクトに収まるのは長辺側を
背にするレイアウトでしょう。

クローゼットや本棚は、机とベッドを置いた後に
残ったスペースへ配置するようにします。

椅子を引いた際や扉を開けた際など、
使う際に余分なスペースが必要になるものに注意しながら、
収まりの良い配置を探してみてくださいね。

空気の流れが良い環境を

レイアウトと同時に大切なのは、
その空間が身体に心地よい事。

子どもは解りやすいです。

太陽の光がサンサンに入った部屋は暖かいと感じるし、
風通しが良いと心地よいと大人以上に感覚で
感じると言われています。

その環境を作り出すには部屋自体に呼吸させられる
ような内装にしてあげる事も子供部屋を作るときの
一つのアイデアですね。

自然素材の内装材

部屋を渡すことは、自立を促すとも言われています。

その部屋で過ごすのは、0歳から考えても20数年の話。
その中でも1日数時間、大した時間を過ごすことはない
部屋だからこそ、その部屋で過ごす時間は心地よいものに
してあげたいですね。

自然素材は、その心地良さを体感できる素材です。

もちろん、大人より代謝がよい子供たちにも
自然素材はお勧めですね。

アトピッコハウスにも、どの部屋に自然素材を使うと
良いですか?などというお問合せも良く頂きます。

皆さんリビング、寝室、子供部屋に使おうと思っている
んですが・・・どこかおすすめは?という内容です。

正解は無いのですが、

直感的に、「心地よくいて欲しいな」と
感じるところに使って頂くのが一番です。

子供部屋も親心から、「できるだけ…」と
考えるんだと思います。

いかがでしたか

子供部屋は子供が子供自身の時間を過ごす大切な空間です。

勉強などに集中できるレイアウトにすることはもちろん、
子供が毎日快適に過ごせるようなインテリアや内装材を
選んであげたいですね。

アトピッコハウスには、子供部屋にもピッタリな自然素材を
ご用意しています。

壁は珪藻土や布クロス。
床は無垢のフローリング。

心地よさの保証は100%です。
ぜひ資料を手に取ってみてくださいね。

資料請求は、こちら資料請求は、こちら資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 子供部屋 レイアウト 内装 | タグ: , , | 子供部屋に使いたい内装とレイアウト はコメントを受け付けていません。

昔ながらのエコ建材 畳

投稿日:2018年01月15日 作成者:


一昔前は日本人の生活に欠かせなかった畳。

今ではあえて和室を作らない家づくりをされる方も
増えていると聞きます。

また、賃貸のアパートなども畳を洋式にリフォームしている
ところが多く感じます。

しかし、ここ最近エコ建材として畳が見直されています。
長い歴史を持つ畳、使われ続けたのにはそれなりの理由が
あってのことです。
今回は畳について考えてみたいと思います。

日本人の畳離れの要因

たたみの部屋は気持ちが良い
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

和室が減った原因の一つにボロボロとするイグサが
あります。

こういった劣化が目立つ畳の多くは中国産の
物でした。

今でこそ、中国製のイグサの品質が上がってきてはいるものの、
多くの住戸で採用されていたため、畳がボロボロするということ
が広がってしまったのかもしれません。

また、私たちの生活が和式から洋式へと変化したことが
大きくかかわってきていると思います。

畳の歴史

畳は断熱性や調湿性などに優れており、
高温多湿の日本の気候に適した床材として重宝されてきました。

存在するもっとも古いたたみは奈良時代の物と言われています。
ゴザのようなものを5~6枚重ねた物を基盤とし、そこに
イグサを被せた物です。

その後平安時代の頃には貴族の邸宅にて板間の上に
寝具として畳が用いられるようになります。
この頃は畳の大きさや縁の柄などで身分の階級を表していました。

畳が一般的に普及し始めたのは江戸中期以降のことです。
歴史が長い割には庶民の身近になるまでにずいぶん時間がかかっていますね。

基礎となる床の種類

ほんものの畳はワラ床が基礎となり、そこにイグサで編まれた
みなさんが良く目にする畳の表で包んだものになります。

現在では基礎となるワラ床の部分はワラではなく、
ポリスチレンフォームなどの建材床を使っている物が
多く見受けられます。

こういった化学床を使っている場合、化学物質スチレンを
揮発している可能性があります。

その点、ワラ床は天然素材ですので国産のもので
良く干されたワラを使っていれば化学物質はほぼゼロとなります。

畳に使われるイグサの力

畳の表に使われているイグサは木炭に匹敵する吸湿力があり、
湿度が高い時には無数の気泡から湿気を吸いこみ蓄えます。

また、湿度が低い時には蓄えた湿気を吐き出し調湿を
してくれます。

また、イグサは二酸化炭素を自然浄化し、シックハウスの
原因となる、ホルムアルデヒドを吸着します。

吸着したホルムアルデヒドを再放出することはほぼないと
言われており、室内の空気清浄に役立ちます。
イグサの香りは精神沈静作用もありリラックス効果も期待できそうですね。

畳のメンテナンス

畳のご採用が決まった後、次のメンテナンスのタイミングは
どのような時期なのでしょうか。
ほんものの畳には下記のメンテナンス方法があります。

◆裏返し
ワラ床を包んでいるイグサを剥がして裏返しにして張ること。
目安は5年です。
内側に入っていた新品同様のイグサを表面にするということですね。

◆表替え
裏返しをした後、ワラ床を包んでいるイグサを新品の物に
貼り変えることです。

ワラ床はそのまま使えます。
裏返しをしたあと5年が目安です。

日々のメンテナンスでとしては風通しを良くする、
畳の上にジュータンなどを敷かない。
掃除機をかけるときは目に沿って何度か往復する。
などです。

いかがでしたか

古い歴史のある畳。
使われるのには日本の気候、土地に合った
先人の知恵が生かされています。

ほんものの畳は気持ちがいい。
ペタンと座って時にごろんと寝転んで。

イグサのニオイと柔らかい感触が
心地よい空間を作り出してくれます。

お家づくりをご検討されている方、この機会に
畳のご採用もご検討してみて下さいね。
アトピッコハウスではワラ床を使ったほんものたたみを
取り扱っています。

職人さんが採寸から敷き込みまでするので
施工できる範囲が限られてきますが、ご興味のある方
ぜひお問い合わせくださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 畳 エコ建材 | タグ: , | 昔ながらのエコ建材 畳 はコメントを受け付けていません。

家づくりはどこに頼めばいいの?

投稿日:2018年01月10日 作成者:


家づくりが具体的になってくると、皆さんはどこに行きますか?

住宅展示場、設計事務所、2択あたりが大半でしょうか。
あとは、工務店だけど、おしゃれな横文字を使っている
「〇〇HOME」というようなビルダーさんでしょうか。

工務店というと、イメージが湧かなかったり、
どちらかというと修繕してくれる便利屋さんという
イメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

現に、私も家づくりの際、「〇〇工務店」というところには
目もくれず、「〇〇HOME」という雑誌にも出ているような
素敵なビルダーさんで家づくりをお願いしました。

いまさらながらに要は「工務店」に分類される
ビルダーさんだったんだ…という事は否めませんが。

アトピッコハウスへのお問合せの中でも、最近増えてきた事は、

「使いたい建材を使わせてもらえない」というお問合せです。

それは建主さんにとっては、思ってもみなかった事かと
思いますが、契約先を誤ると現実的に起こりうるのです。

家づくりは進め方も大切ですが、「どこで建てるのか」という事が
家づくりの満足度を上げるためにも大切なのです。

今回はそんな家づくりはどこにお願いをしたら良いのかを、
お話してみます。

大手ハウスメーカーの家づくり

家づくりはどこに頼めばいいの?

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です

大手ならではの販売計画で利益を追求する
全国展開の企業がハウスメーカー。

各社、テーマ性をもった暮らし方を追求しおり、
その暮らし方のノウハウからなる住宅商品が中心です。

自社のルートで採用している内装材から選ぶ事が基本。

建てた後のアフターフォローはリフォーム部門の管轄となる場合が
多いので、ここで担当者は変更になる場合が多いですね。。

工務店の家づくり

デザイン性より構造体のこだわりなど、各社によって個性がある。
昔から木の家の職人として技を受け継いでいる大工さんと
設計士・プランナーが一環となって、家づくりを形にする。

比較的、かゆい所に手が届くようなオーダーメイドができる
のではないでしょうか。

デザイン、間取りの提案、構造体、性能(断熱など)など
自社で独自に良いものを追及している会社も多い。

設計事務所の家づくり

設計が主体で、施工は設計した内容を実現できる施工会社や
下請けの大工に仕事を依頼する。

機能性よりも秀逸なデザイン性のある家づくりなど、
作品的な家づくりが多い。

なので、その設計士に惚れ込んでいるならば、
お願いする価値はある。

大手ハウスメーカーで家を建てるメリットとデメリット

ハウスメーカーの特徴は、なんと言っても規模の大きさですね。

住宅展示場がエリアごとにあり実際に体感でき、また
カタログ等も豊富でどのような家が建つのかイメージが
持ちやすい。

設計から施工まで一貫して行い、自社工場で部材を加工して
現場に搬入したり、住設機器を大量に仕入れることで、
原価コストを抑えています。

また、工場で大量に生産される建材や製品を使用することで、
工期の短縮や品質の安定化も実現しています。

その反面、仕様が規格化されている事が多く、
設計や採用できる内装材の自由度が制限されるという
デメリットもあります。

規格の中でおさまれば、コストを抑えて
建てることができますが、規格を外れる部分が増えると、
金額が大きく跳ね上がってしまうこともあります。

またメーカーによっては、規格外の仕様や設計に
対応していないケースもあります。

工務店で家を建てるメリットとデメリット

工務店とひと口にいっても、その規模はさまざま。

棟梁のほか少数でコツコツと施工のみを行う会社から、
設計から施工まで自社で行う会社もあれば、外部の建築士と
提携してデザイン性に優れた住まいを提供する会社もあります。

いずれの会社も、規格商品を持つハウスメーカーとは違い、
仕様やプランの制限がないことが多いので、敷地の条件や
施主のこだわりにあわせた家づくりに対応しやすいという柔軟性があります。

柔軟性がある分、手仕事の部分が多く残っているので、
その分、ハウスメーカーに比べて工期が長くなることもあります。

また工務店は、地域に密着している会社が多いため、
気候風土やその土地の慣習、交通状況などにも詳しく、
きめ細かな対応も期待できます。

最近では、各工務店が独自の特徴を打ち出そうと、
自然素材や高気密・高断熱、独自の工法などを積極的に採り入れた
家づくりを提案する会社も増えています。

但し、施工がメインであるための設計力の
提案力不などの不安要素もあります。

住宅展示場を持つハウスメーカーと違って、
実際にイメージが付くような宣伝営業を行わない工務店が
多いので、自身で情報収集が必要となる場合があります。

地元での経験や実績、近所での評判のほか、
ホームページや見学会などで実例を見ながら、
その会社の得意な工法やデザインの傾向なども確認して
見るとよいですね。

設計事務所で建てるメリットとデメリット

設計に特化している設計事務所に依頼するメリットは、提案力。
また、設計士の作品ともいえるような家づくりが特徴です。

狭小地や変形地での建築を検討している人や
住まいに個性を求める人など、デザイン性や住み心地に
こだわった住まいを提案してくれる家づくりを希望される方には
ぴったりですね。

施工は、建築士が描いたプランを実現できる工務店に
依頼するので、工法や仕様に対する制限はあまり無い事が
多く、建て主の立場に近い目線でプラン提案を行うことができます。

コストの面では、工務店に支払う施工費用とは別に、
設計料・監理料を設計事務所に支払うため、工務店に依頼する
ケースと比べると金額は高くなります。

また、一棟一棟こだわったデザインをかなえるために、
特注品やこだわりの部材を使用したり、手間のかかる仕上げや
形状を採用するなど、施工コストが高くなることも。

同じ理由で、工期が比較的長くなりますので、
その分、仮住まい費用も余分にかかるといった
デメリットも発生する場合があります。

いかがでしたか

家づくりを進めると「暮らし方」を考えることに
突き当たります。「こうしたい、ああしたい」という要望が
みなさんそれぞれあって、内容もさまざまだということ。

その要望を満たす、工務店・住宅会社からの
かゆい所に手が届くような提案にみなさんは
グッと惹かれるのではないでしょうか。

大手ハウスメーカーで満足された方もいらっしゃいます。

そのハウスメーカーの提案するテーマや家が
理想と重なり満足を得られればそれがいいのです。

こうしたことをしたい、取り入れたいという
要望があるならば、契約をする前に目的を明確にし
依頼会社の違いを理解した上で、その要望を取り入れてもらえる
ビルダーさんを探す事が大切ですね。

アトピッコハウスでは家づくりを失敗しない為のものさしを
「メールセミナー」としてご案内しいます。
まだまだ家づくりはこれから!という方、ぜひ契約前に
勉強してみてくださいね。

メールセミナーは、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり どこに頼む | タグ: , | 家づくりはどこに頼めばいいの? はコメントを受け付けていません。

自然素材の壁 布クロス

投稿日:2018年01月05日 作成者:


新年明けましておめでとうございます。

新しい年が始まり、新たにお家づくりを
お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的な壁紙はビニールクロスが多いですが、
アトピッコハウスにお問い合わせをいただく方の
多くは自然素材の使用を希望されています。

塗り壁が理想だけど、予算が合わない。
でもビニールクロスは使いたくないというお客様に
ご案内をさせていただいているのは布クロスです。

布クロスを採用するのは難しいことなのでしょうか。

10年前に施工した布クロス

布クロスは高級感のある自然素材

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

先日、こんな嬉しいお話をいただきました。

ご自宅を10年ほど前にすっぴんクロス(アトピッコハウスの布クロス)
でリフォームされたとのこと。

その際に業者さんからは布クロスはほつれるし
見栄えが悪くなってくるから
やめた方がいいと言われたそうです。

結局押し切って広い範囲で施工した所、10年経った今でも
貼り具合も見た目も何も変わらず、綺麗なまま使われているということです。

すっぴんクロスを採用したことでとても満足されていました。

業者さんにとっての仕様変更

業者さんはなぜ布クロスの採用を危惧されたのでしょうか。

施工する側からすると出来ればいつも同じ商品で家づくりをしたい。
使い慣れていて施工も簡単なビニールクロスを使った方が
仕上がりも早いし、キレイに仕上がる。

不具合も想定できるし費用だって予測できます。

ですが、標準仕様ではない商品を使えば必ず差額が出るし、
日数だって余分にかかります。

建築会社は差額が出ることを懸念します。
それはお客様を思ってのことなのです。

理想を追えば追うほど差額が大きくなります。
それによってその後の生活が大変になってしまっては
元も子もない。

そのような考えあってのことなのです。

まず欠点を知る

布クロスは塗り壁に比べ予算をおさえて
自然素材を取り入れることが出来ます。

ですがビニールクロスに比べると高価にはなります。

ジョイント(クロスとクロスの張り合わせの部分)が目立ちます。

自然素材特有のことですがクロスのロットによっては
同じ品番でも色味が違って見えることもあります。

これらは数か月生活するうえで目立たなく、
気にならなくなっていきます。

建築会社に布クロスを使ってほしいという際に
こういったデメリットも承知の上だということを
伝えるのも採用に大きく近づく一歩となるかと思います。

布クロスの長所

塗り壁に比べると安価ですが、高級感があります。
結婚式場やホテルなど格式高い場所で使われています。

吸音性もありますし、通気性も良い。
そして強いです。

糸を織って作っているのでちょっとやそっとでは
破れませんし、ビニールクロスのように経年変化により
性質が変わってくることもありません。

なにより自然素材ですので化学物質などを気にされる方でも
安心してお使いいただけます。

布クロスを採用する際の注意点

布クロスはビニールクロスよりも施工が難しいことは
先にも書きました。

つなぎ目が目立ちやすいことや、自然素材なので
施工の際に布が多少伸縮したりすることが
理由となります。

布クロスの施工の経験が豊富な職人さんに
施工をしてもらうことが大切です。

いかがでしたか

自然素材の壁=塗り壁のイメージが強いですが、
予算をおさえて自然素材を取り入れるには
布クロスがおすすめです。

布クロス特有の高級感をぜひお家づくりに
取り入れてみて下さいね。

アトピッコハウスでは上質な布クロスすっぴんクロスを
取り扱っています。
資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 布クロス | タグ: , | 自然素材の壁 布クロス はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー