アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

部屋の壁紙を、どう選ぶべきか?

  • 28
  • 4月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

部屋の壁紙選びというと、色柄のことになると思います。

どの部屋に、どんな壁紙を選んだらいいか?

建築会社からは、
数百種類のサイプルが載った

巨大な壁紙見本帳を渡され、
「この中から選んでください」と言われる。

大抵は、この辺のシリーズから
お願いします。

と言われるので、
多少、選択の範囲は、狭くなる。

それでも数が多いし、
そもそもどんな基準で、

部屋の壁紙を決めていいかなんて、
素人の方が知っている訳もない。

一生に一度の家づくりだから、
気合いをいれて、

家づくりのことを勉強して、
部屋の壁紙も、

部屋ごとに変えてと、
プロからみたら、妙なバランスの家になることも
少なくないように思う。

壁紙も、色とりどりだし、
柄も沢山あるから、

迷っていいし、部屋ごとに変えていいとも思います。

でも、家って、家具や、家電も入るし、
カーテンも付くし、

壁には、ポスターやカレンダーを張ったりもするだろうし、
大人になったら、子供っぽいものに、

抵抗感も出るだろうし、

数年たてば、好みも変わるだろうから、
主張の強い壁紙を張らない方が

いいのではないかと思う。

壁紙メーカーの思惑としては、
5~6年で壁紙の張替えを実施してもらいたいようですが、

実際のお宅を見ると、
20年も、30年も、新築当時のまま。

壁紙が汚れようが、剥がれてこようが、
張替えるということはせずに、

そのまま建替えということになる。

すると、花柄や、雲の絵の壁紙を選ぶと、
建替えるまで、ずっと、そのままということになる。

私は、インテリアコーディネーターの資格も持っていますが、
部屋の壁紙は、シンプルなものを選ぶべきだと思っています。

居室と廊下位は区別していいと思いますが、
極端な話、あとは、それぞれ一緒でいいと思うのです。

そして、インテリアで楽しむ。

もし、極端な色柄の壁紙を部屋に張ったら、
どんなオシャレなインテリアにしても、

その「壁紙」が、インテリアを台無しにしてしまう
と思います。

それと、部屋の雰囲気に大きな影響を与えるのが、
照明ですよね!

照明の種類や配置を変えるだけで、
ぐっと雰囲気が変わります。

無地で白とか、淡い色合いにしておけば、
照明で、いかようにも

部屋の雰囲気は変えられると思います。

しかし、極端な柄物の壁紙や、
主張の強い壁紙を選ぶと、

どうしても、その色柄に引きずられてしまうと
思います。

それと、世の中のほぼ90%の壁紙は、
ビニール壁紙ですから、

ビニール壁紙の中から選ぶというのではなく、
素材から選ぶという選択肢も

あっていいと思います。

アトピッコハウスの「すっぴんクロス」は、
織物壁紙です。

織物壁紙とは、布に紙を裏打ちして、
壁に張れるようにした製品です。

全30種類のバリエーションがありますが、
全体に、淡い色合いが多いです。

汚れが目立ち難い壁紙、
撥水性のある壁紙、
台所などの火気使用室にも使えるも壁紙、
塗り壁のように見える壁紙、

布なので、織り柄と糸の種類や太さで、
バリエーションを付けています。

特徴としては、ビニール壁紙より
かなり丈夫です。

ビニール壁紙などは、
表面がピリピリと剥がれてくる
ことがあると思いますが、

すっぴんクロスは、織物壁紙なので、
何かで引っかけても、こすっても

剥がれてくることはないですね!

すっぴんクロスの資料をご希望の方は、こちらからどうぞ!

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら