アトピッコハウス ブログ
  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

防音材とは? 防音材・遮音材の種類と違い

2021/06/18
2021/10/06

防音材の種類・特徴

防音材と呼ばれるものには、「吸音材」「遮音材」「防振材」「制振材」と、いくつかの種類があり、特徴や防音性能、効果にも違いがあります。また、用途と目的によって使い分けられており、「吸音材」のことを「調音材(ちょうおんざい)」と呼ぶこともあります。

では、「吸音材(きゅうおんざい)」「遮音材(しゃおんざい)」「防振材(ぼうしんざい)」「制振材(せいしんざい)」とは、それぞれどういったもので、どういう違いや効果があり、どのような設置場所に、どう設置するのか使用方法・効果等詳しく解説したいと思います。対策したい音・騒音によって、マット状のもの、シート状のもの、板状のもの等、防音効果のある材料も変わります。

マンションの床リフォーム

・吸音材とは

吸音材のことを「調音材」とも言います。それは音を熱エネルギーに変換し「吸音」することで効果を発揮する「吸音材」と、音を「拡散」させることで効果を発揮する「拡散材(かくさんざい)」の2つがあり、それを総称しているからです。ただ、一般的には、吸音材の方が馴染み深いです。形状も、シート状のもの、マット状のもの等色々です。

「吸音材」は、音を熱エネルギーに変換し吸収することで、室内で発生する音の反響を抑え、音が響いている時間を短くする効果がある防音材です。また、「拡散材」は、室内で発生する音を拡散する効果を発揮し、音の響きをコントロールする防音材です。

吸音材と遮音材の違いを、よく比較されますが、吸音材は、音を吸収して「消す」効果をだすアプローチの防音材であり、遮音材は、音を遮って「響かない」ようにする防音材だという効果の違いがあります。吸音材と防音材の違いですが、吸音材も、防音材というカテゴリーに入る製品ということになります。

主に吸音材は、身近では音楽や楽器の音など、空気を伝わって、壁や天井から隣家に影響を与える可能性が高いお部屋に使用される「音対策」に使われます。

音響に影響する場合は、出力する音量、部屋の使用目的も考慮する必要があります。たとえばホームシアターを設置するとか、期待される音響効果とも直結しますので、予算も一つの基準として材料選びをされると良いです。

吸音材は、壁、天井の仕上げ面の吸音に使用されるので、音を熱エネルギーに変換する吸音効果、音響のほか色や素材等の意匠面(見た目)も製品を検討し選定する要素となります。

・遮音材とは

床の遮音材 わんぱく応援マット

遮音材は、吸音材と違って、音を遮る(さえぎる)ことで効果を発揮し、防音する素材です。音を遮る力は、面密度の高い素材ほど有利なので、鉛(なまり)が入ったゴムマットとか、アスファルトが入ったゴム等密度の高い素材が効果的とされました。しかし、鉛は有害であり、アスファルトも床暖房の熱で、有害物質が発生するため使われなくなりました。

最近は、鉛や、アスファルトを使わなくても効果を発揮する製品開発が進んでいます。

遮音材と制振材の効果の違いを質問されることがありますが、遮音材は、音を遮って対策する防音材として使用されるものであり、制振材は、振動そのものを抑える防音材なので、機能や用途が全く違います。

>>遮音材の詳細は、こちらをご参照ください

床遮音材 わんぱく応援マット

・防振材とは

防振材は、振動することによって発生する振動エネルギーを伝えにくくする素材です。冷蔵庫や洗濯機などに使用され、機械の振動を抑えて、響かなくする防音材です。マンション等の住宅工事においては、2重床(にじゅうゆか)とか、置床(おきゆか)と呼ばれる床の下地材の支柱として検討され使用されます。

床で発生する振動エネルギーを、階下に伝えないことで、防音対策する防音材です。

冷蔵庫や洗濯機の足も、置床の支柱も、床に接している部分はゴムが使用されていることにお気づきだと思いますが、そのゴムが防振材の代表選手なのです。

>>防振材・制振材の詳細は、こちらをご覧ください

・制振材とは

制振材は、振動そのものを抑える素材です。横浜ランドマークの最上階に施工設置され、使用されている「揺れ防止」の「制振材」は、大規模なものですが、身近では、冷蔵庫や洗濯機の鉄板部分に使用されていて、鉄板自体が震えるのを抑制する働きがあります。

フラフラして船酔いしそうで嫌いという方が多い遮音フローリングなども、制振材とフローリングを組み合わせた製品の1つです。

>>防振材・制振材の詳細は、こちらをご覧ください

防音材の用途別選び方

防音材には、「吸音材」「遮音材」「防振材」「制振材」があると紹介した訳ですが、防音の目的や、対策したい騒音の種類や用途によって、使える防音材の選び方が変わります

例えば、マンションのお部屋や戸建て住宅では、目的は同じであっても騒音対策の方法や内容、防音材の選び方が変わります。また、工場、ライブハウス、音楽教室、ホームシアター、音楽演奏による音対策等、音や騒音の種類も響き方、軽減のさせ方も違います。

音楽教室などは残響時間の問題もありますし、好みもありますから、目的にあわせ、扉から部分的に通過する音対策の仕組みも考えないとなりません。通常、安全を考えた音響対策をしますので、表面的な材料の話だけでなく、下地の商品選びに直結します。

表面的な仕上げ商品は好みもありますから、残響時間と音の通過を計算した材料を選び、場所に応じた対策を併用し、悩みを解消できる商品の採用が必要です。音響を確認したり、専門家に相談すると間違いがありません。

では、用途による防音材選びを見て行きましょう。

・床の防音対策(遮音対策)

鉄筋コンクリート造のマンションの床は、スラブと呼ばれますが、1階以外のお宅では、自分の家の床が、下の家の天井ということになるので、マンション管理組合において、遮音規定というルールが決められています。

マンションリフォームの際には、管理組合が規定するL40とか、L45といった遮音性能をクリアする必要があります。また、遮音性能に関する証明書の提出及び、隣家、階下のお宅の許可を取り付ける必要があります。

自分のマンションの遮音規定を確認し、マンション管理組合に相談すれば、相応しい対策を紹介してくれます。

防音対策としては、L40とかL45といった既定の遮音性能をクリアした遮音材を使ったり、置床を作る必要があります。また、遮音フローリングを使うという選択肢もあります。

>>遮音材の詳細は、こちらをご参照ください

床遮音材 わんぱく応援マット

・壁の防音対策

鉄筋コンクリート造のマンションの界壁は、コンクリートですが、その上に石膏ボードを貼って、ビニールクロスなどで仕上げられています。特に、防音対策をしていなければ、防音性能を発揮するのは、コンクリートの壁だけです。

コンクリートと石膏ボードとの間には、隙間がありますので、反響して音が漏れたり、響いたりします。快適な空間を維持するためにも隣家への配慮が大切になります。

壁の防音対策は、遮音材と吸音材の両方があります。遮音材の場合は、壁の下地に入れますから、仕上がってしまえば、見えなくなります。しかし、吸音材の場合は、室内の空気に触れた状態で「機能」しますので、色柄とかテクスチャーといった意匠性も重要になります。

仕上げ材として考えることをおすすめします。

ロックウールやグラスウールで出来た吸音材もありますが、ロックウールもグラスウールも、仕上げ材として使えません。そこで騒音の原因を解決する目的は果たせると思いますが、雰囲気、意匠性に注意し問題を解決しないとなりません。

遮音シートとか防音シートといったシート状の薄い材料もありますが、シート状の薄い材料でできた遮音シートや防音シートでは、十分な面密度が確保されず、求める遮音性能が確保される保証がありません。

遮音したい目的に応じて、相応しい素材の遮音シートや防音シートを選ぶ必要があります。建築に精通されている方であれば、ゴムシートの上に不織布を貼った程度では効果がないことは容易に理解できることです。

ただ、遮音シート、防音シートと他の材料を併用することで、お悩みが解決できる場合があります。音響設備を設置している場所などは専門家の紹介を受け、相応しい材料の選定、お悩みの解決方法を相談されると良いです。

・天井の防音対策

鉄筋コンクリート造のマンションの天井は、やはりコンクリートです。階上のお宅の床が、自宅の天井ということになる訳ですが、天井の防音対策は、壁の「吸音材」と同様になります。

天井の仕上げ材として、吸音性に優れ、意匠性も優れている素材を使いましょうということになります。階上のお宅が対策してくれれば良いですが、様々な事情で、自分で防音対策しないとならない場合は、「吸音材」の使用がおすすめの方法になると思います。

防音材の目的別選び方

防音したい目的によって、防音材の選び方も変わります。例えば、マンション住まいで、床をリフォームしたいとか、隣家、階下とのトラブルによって、騒音対策したいなどです。あるいは、商業スペース、店舗などによる商用利用による防音対策ということもあると思います。

快適な空間づくりを目的別に解説しご紹介したいと思います。

・分譲マンション

分譲マンションにおける防音材のニーズは、床をリフォームしてフローリングにしたいとか、コルクとか、クッションフロアーにしたいといったことです。

マンションは共同住宅であることから、階下、隣家、及びマンション管理組合の許可を得ないと工事出来ません。また、管理組合の遮音規定をクリアするためには、L40とか、L45といった遮音性能をクリアしていることを証明しないとなりません。

床の遮音材には、遮音シートとか防音シートといった簡易的な製品もありますが、管理組合の許可を受けないとなりません。また、薄い遮音シートや防音シート単体の材料では、遮音性能を確保できず、遮音シート・防音シートと他の材料との組み合わせが必要となります。

高性能な遮音マットなども、単に、遮音しているたけではなく、高密度素材との組み合わせで、吸音と遮音の両方の働きをしています。

マンションの床リフォームにおいては、必要書類をそろえ、マンション管理組合の理事会で承認を得て、初めて工事が実施できる訳です。

>>遮音材の詳細は、こちらをご参照ください

床遮音材 わんぱく応援マット

・賃貸マンション

賃貸マンションで、床をリフォームするというのは、まず無理だと思います。かりに、マンションオーナーの許可が降りたとしても、退去する際には、「現状復帰」の義務があるのが普通ですから、その辺りも、話をつけないとなりません。

その上で、隣家、階下の許可を得た上で工事ということになりますから、こちらも可能性が低くなります。

もし、賃貸マンションで、床をリフォームしたいという場合は、床の遮音材を「仮置き」して、その上に、希望のフローリングとか、クッシヨンフロアー、コルク等の仕上げ材を「設置」すると良いと思います。

最近では、ホームセンターなどで、フローリング感覚の床シートや、簡易なフローリングが販売されていますので、床を簡易に模様替えすることも難しくありません。価格が高いという問題も解決できます。

・自己所有の戸建て住宅

木造の戸建て住宅でも、2所帯住宅にしたいが、階下に住む両親に迷惑をかけたくないという理由で、床に防音材を入れたいというお話があります。

この場合は、持ち家でもありますので、許可の問題は発生せず、費用面だけの問題だと思います。

防音の方法は、床の遮音材を使う形になります。木材で、下地の床を作って、そこに床の遮音材を設置して、その後、フローリングなど希望の床仕上げ材を貼っていけばOKです。

・商業スペース、店舗

商業スペースや店舗の場合、建物に遮音規定があれば、それをクリアする防音材を設置する必要があります。主な対策としては、床の防音対策だと思います。

マンション同様に床の遮音材を使用し、建物に、管理規約があれば、その管理規約をクリアする形で、防音対策をする訳です。

床の遮音材に関しては、遮音材単体、2重床や置床単体で、遮音性能を取っている訳ではありませんので、仕上げの床材が「何」になるかによって、遮音性能が変わります。

防音材の種類

マンションリフォームは、遮音材が必要

防音材には、「吸音材」「遮音材」「防振材」「制振材」があり、吸音材は、主に、壁・天井の防音に使われ、遮音材は、床の防音に使われるという話をしました。また、2重床の支柱のゴムは防振材だし、遮音フローリングなどは制振材との組合せだという話をしました。

音楽教室など音響が大切になる場合は、対策する音が、高音なのか低音なのかといった点も注意する必要があります。対策したい音によって、選ぶ防音材の種類が変わるからです。

マンションの床をリフォームする場合は、遮音等級を要求されます。対策としては、遮音材を使う、遮音フローリングを使う、2重床(置床)を組むといった3拓が考えられます。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、それらを比較検討した上で、どの防音対策を選ぶか決定されると良いと思います。

・2重床(置床)

2重床は、置床とも呼ばれますが、床のコンクリートの上に、防振材の付いた支柱を立てて、下地の床を木材を使って作ります。この方法は、費用も手間もかかる上に、床が10cmとか、15cm上がるので、天井が低くなるといったデメリットがあります。

・遮音フローリング

遮音フローリングは、フローリングの裏側に制振材を張り付けた製品です。あらかじめ制振材が貼り付けられていることで、別途、遮音材を貼る必要がなく、コンクリートスラブ直接に工事出来て、施工が簡単です。ただ、価格が高い上に、「船酔いする」とか「フワフワする」という感覚を持つ方が多い点が問題です。

・床の遮音材

床の遮音材とは、コンクリートスラブの上に設置することで、遮音性能を確保する製品です。遮音材単体で遮音性能を確保している訳ではなく、無垢フローリング、合板フローリング、クッションフロアー、コルク等の仕上げ材との組合せで、遮音等級を取っている製品です。

面密度が高い素材が効果的だとして、鉛などの金属が使われている場合があります。特に安価な製品には注意が必要です。

遮音性能に関しては、JIS規格に基づく試験を実施し、マンション管理組合への提出書類が準備されている場合があるので、安心です。


まとめ:おすすめの床遮音材とは

アトピッコハウスには、最大L40の遮音性能を発揮する床の遮音材「わんぱく応援マット」という製品があります。これは、遮音フローリングの「フワフワ感」を解消した製品です。

合板フローリングとの組合せでは、L40の遮音性能があり、無垢フローリング、クッションフロアー、コルクとの組合せでは、L45の遮音性能があります。

遮音性能は、L40

わんぱく応援マットは、L40の遮音性能

管理組合提出用の「試験完了報告書」のご用意もありますので、マンション管理組合への許可申請が簡単です。

資料、サンプルをご希望の方は、こちらからご請求ください

床遮音材 わんぱく応援マット

よくあるご質問

吸音材と遮音材の違いは何ですか?

吸音材とは、音を吸収または拡散させて、防音する素材で、主に壁とか天井の防音に使われる素材です。遮音材は、主に床の防音に使われる素材で、音を遮って防音する材料です。アトピッコハウスには、L40性能床の遮音材「わんぱく応援マット」があります。

遮音材を使えば、タイルが貼れますか?

アトピッコハウスの床の遮音材「わんぱく応援マット」は、最大L40の遮音性能ですが、タイルや大理石といった硬質の仕上げ材との組合せでは、遮音試験をしておりませんので、タイルが貼れるとは言えません。

試験成績書を提出すれば、管理組合の許可は下りますか?

床の遮音材「わんぱく応援マット」は、公的機関において遮音性能試験を実施し、その結果を「試験成績書」としてお出ししていますが、マンション管理組合の判断は、個々に違いがありますので、100%許可が下りるとは言えません。まずは、試験成績書を取り寄せ、申請してみてください。

防音材の種類を教えてください

防音材には、「吸音材」「遮音材」「防振材」「制振材」があり、「吸音材」のことを調音材と呼ぶことがあります。「調音」には、「吸音」と「拡散」の2種がありますが、吸音の方が身近なので、単に吸音材と呼ばれることが多いようです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

床の遮音材「わんぱく応援マット」の資料は、こちらからご請求ください

床遮音材 わんぱく応援マット