アトピッコハウス ブログ
  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

北九州市 施工事例のご紹介【床遮音材わんぱく応援マット】

2020/05/12
2021/04/21

世界中でstay at homeが進行中で、
著名人の方の自宅からの動画投稿も話題ですね。

海外アスリートの、
自宅でのトレーニング動画を拝見していると、
敷地は広いし、家も広い!

羨ましい限りですが、
日本のささやかな住まいを快適にするために、

色々と工夫をされている方もたくさんいらっしゃいますが、
stay at home時間を快適にするための工夫、
あと暫く続きそうです。

北九州市で床遮音材わんぱく応援マットをご採用いただきました

住めば住むほど元気になる自然素材
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

電車通勤者が1名しかいないアトピッコハウスは、
何も変わらず、通常営業ができています。

残念ながら来社は控えていただいていますが、
メールや電話、FAXでのお問合せも、
当たり前のようにご返信させていただけて、
それだけで感謝です。

北九州からご注文いただいたのは
ゴールデンウイーク前。

例年ゴールデンウイーク期間中の
建材配送は苦労するのですが、
今年は予測不能な状態で、
ヤキモキしましたが、
大きな遅延もなく、一安心。

北九州へもゴールデンウイーク直前に、
無事に到着し、
工事完成のお知らせをいただきました。

中古マンションを購入され、
キッチンと、6畳の和室リフォームをされ
床遮音材わんぱく応援マットをご利用いただきました。

最近また畳が注目をされてきていますが、
和室をリフォームされたいという相談は少なくありません。

畳を洋室に変える理由は様々ですが、
和室から洋室へのリフォームは、
それなりに費用がかかるため、
実は、断念される方も多いんです。

北九州市 床遮音材わんぱく応援マット工事 49万

アトピッコハウスの「ほんものたたみ」なら6枚で15万。
北九州のリフォームでは49万。

ここまで費用をかけるのは、
小さいお子さんがいらっしゃるので、
汚れに強く、掃除しやすい部屋に変えたいという
希望が強かったんですね。

「ほんものたたみ」はクッション性もあり、
オムツ替えの時など、
子育て世代に使っていただきたい商品なのですが、

粗相をしてしまった時のメンテナンスは弱点なんです。

実は中までシミ込むには
時間がかかるのですが、
塩ビタイルのように、ササっと拭き取って
なかったことには出来ません。

畳表面にシミが残ることがあります。
数年に一度、表を交換するとはいえ、
なんとなく気になる…という心理もわかります。

だから建築工事って、
リフォーム金額の高い、安いだけで
判断ができないんですよね。

北九州市 床遮音材わんぱく応援マットの仕上げは…

「床遮音材わんぱく応援マット」はフローリングとの組合せが多いのですが、

北九州の施工事例のように、
塩化ビニルで作られたフロアタイル施工をしていただくケースも、
けっこうあるんです。

仕上げ材までアトピッコハウスで確認しないケースがほとんどですが、

こんな風にご連絡いただけると
嬉しいですね。

befor/afterが詳細にアップされているので、
和室リフォームを検討されている方に、
1つの方法として、
参考になると思います。

山﨑建材株式会社
代表取締役 山﨑 星児様
福岡県北九州市八幡西区八千代町11-11
フリーダイヤル:0120-8039-25
https://yamasakikenzai.co.jp/president/2020/05/-k-41.html

キャッチフレーズが
「なんでも気軽に相談できるともだちみたいなリフォームショップ」

というだけあって、
山﨑社長も、スタッフの方も
明るい方でした。

お陰で気持ちの良いお取引きができました。
山﨑建材様、ご注文とブログのご紹介、
ありがとうございました!

マンションでフローリングにできないかな?
って思った時に、
床遮音材わんぱく応援マットが活躍します。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

床遮音材わんぱく応援マットの資料請求は、こちらです

資料請求は、こちら