アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

壁紙の選び方

  • 23
  • 7月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

新築で壁紙を選ぶ際には、大抵巨大な見本帳を渡される。

すっぴんクロスの見本帳

その見本帳の中には、数百種類から、1000種類近くもの、
壁紙の見本が貼られていて、

実は、その見本帳そのものも、
1冊数万円かかっている。

大手壁紙メーカーでは、見本帳代として、
年間30億円も投資している会社がある。

ただ、売上げ規模は、1,000億を超えるのだから、
見本帳代としては、

3%程度の経費ということになる。

タダで、立派な見本帳をバンバン配るから、
大手、中小に関係なく、

ハウスメーカーも、工務店も、みんな大手壁紙メーカーの
見本帳を持っていて、

自然とお客様に、「その」見本帳を見せ、
お客様は、「その」中から、壁紙を選ぶというのが、

「普通」の流れになっています。

特に、自然素材に関心がある建築屋さんや、
工務店でない限りは、

自然素材のクロスといった提案はないだろうから、
数百種類というビニールクロスの中から、

色柄だけで、好みの壁紙を選ぶ。

可愛い柄とか、ポップなものまで、
よくビニールで、こんなものが作れるものだと
関心するような色柄もあります。

布クロスに見えるもの、コンクリート打ちっぱなし
に見えるもの、そして、塗り壁に見える物まで。

一見、本物との区別がつかない位です。

ただ、じっと見ると、偽物だと解るし、
よく見ると、本物ほどの重厚感がありません。

しょせん、偽物は偽物です。

ただ、色柄は豊富にあるので、
価格と色柄が優先する人は、

普通にビニールクロスの中から、
「好きな」ものを選べばいいと思います。

アトピッコハウスは、小さな建材メーカーなので、
大手の壁紙メーカーのように、

バンバン見本帳を配ることは出来ないし、
配っていません。

それに、エコクロスとしては、バリエーション豊富ですが、
それでも30種類しかありません。

色柄といっても、「織物」なので、
糸の種類や織り方が違う程度で、

全体に淡い色合いのものが多いので、
それほど極端な違いはありません。

それでも、ピンクっぽいものとか、
ブルー系統のものとか、

自然素材クロスの中では、かなり健闘していると思います。

水周りに使える撥水性のある壁紙とか、
キッチンなどの火気使用室に使えるもの、

そして、「塗り壁風」の壁紙まで。

小さな壁紙メーカーとしては、
頑張っているほうだと思います。

それに、本物の「布クロス」は、
需要が少ないし、

丁寧な扱いを必要とするので、
たとえ大手壁紙メーカーであっても、

アトピッコハウスのように、30種類もの
バリエーションを持っている会社多くないと思います。

もし、自然素材壁紙、エコクロスの中から
選びたいといった場合は、

大手壁紙メーカーの巨大な見本帳の中から
ではなく、

中小のエコクロスメーカーに問合せを
すべきだと思いますね!

エコクロスの中には、紙壁紙、織物壁紙(布クロス)、
和紙クロスなどがあります。

クロスの上から塗装できるタイプのものもあるので、
お好み次第で選ばれるといいと思います。

アトピッコハウスの「すっぴんクロス」は、
本物の布クロスなので、

丈夫であること
調湿性があること

薬品処理をしていないので、シックハウスの原因となる
有害化学物質が揮発しないなどの特徴がありますが、

ビニールクロスよりも高いし、
紙クロスよりも高いですね!

予算と好みで選んで頂けるといいと思います。

すっぴんクロスの資料をご希望の方は、こちらからどうぞ!

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら