アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
日本建築と和室

塗り壁の色の選び方

  • 01
  • 9月
  • 2016

塗り壁の色というと、ねずみ色やうぐいす色など、
和室などによく使われていた地味な色を思い浮かべるかもしれません。
お城や武家屋敷などの漆喰の白色も塗り壁の定番ですが、

いまや塗り壁の色は白や地味な色に限りません。
淡いパステルカラーや、目の覚めるような鮮やかな色など
各メーカーから多彩な色展開の商品が販売されています。

塗り壁の色は土の色がベースだった

落ち着いた印象の塗り壁の色

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

塗り壁の色というと濁ったような
くすんだような印象を浮かべる方も多いと思いますが
それは塗り壁の原料の土の色が影響しています。

地味だから、暗いからと遠ざけがちですが、

天然の土の色がベースになっていると思うと
何ともいえない味わい深さも感じられます。

それでも、部屋の雰囲気を明るくしたい、
古い塗り壁を綺麗な色に塗り替えたいと希望される方は多いです。

最近では、各種の明るい色の塗り壁も
作られるようになっています。

漆喰の塗り壁の色、いまや白だけではない

漆喰の定番カラーといえば白色です。
眩しいくらいの白と艶のある仕上がりが特徴的です。

漆喰は原料に石灰を使用しています。

白以外の商品を作ろうとしても
昔は原料の石灰が白いために淡い色しか作れませんでしたが、

石灰とは別の原料を使うことで
漆喰の塗り壁の色も、
鮮やかな発色のものが作られるようになりました。

漆喰は、他の塗り壁にはない
フラットな仕上がりやツヤのある仕上がりが人気です。

そのような仕上がりで、白以外の塗り壁を希望される方には
漆喰調の塗り壁がおすすめです。

白い色の塗り壁のメリット、デメリット

塗り壁を希望する方からのお問合せは
「塗り壁の色は白がいいです!」
という方と、
「白以外の色で探しています」
という方と、同じくらいいらっしゃるように感じます。

塗り壁以外の壁材にもいえることですが、
白い色の壁にはメリットとデメリットがあります。

メリット
・光を反射するので部屋が明るくなる
・膨張色なので部屋が広く感じる
・インテリアに合わせやすい

デメリット
・眩しくて目が疲れる場合がある
・汚れが目立ちやすい

同じ白色の塗り壁でも、
淡い白、より白が際立った真っ白なものなど
各メーカーによって異なります。

サンプルなどで確認をしたいですね。

塗り壁の色のサンプル、実物とは見え方が違う

メーカーのホームページでは
各塗り壁の色のバリエーションを紹介していますが
パソコンの画面の色と実物とではやはり異なります。

そこで手にしてほしいのは実物のサンプルや見本帳です。

しかし、所詮はサンプル。
大きさは、名刺や葉書サイズのもの、A4サイズのものです。

小さなサンプルで見るのと、
実際に大きな壁一面に塗るのとでは
同じ色でも印象が変わってきます。

一般には小さい面積だと、暗く濃く見えて
広い面積だと、膨張して明るく薄く見えると言われています。

色の感じ方は個人差がありますが、

小さなサンプルではちょっと濃いかなと思うものを選べば
広い面積で塗られた時にちょうどよく見えるということになります。

サンプルと壁に塗った時の印象が変わってくることを
頭に入れておくのも
塗り壁の色選びのポイントです。

いかがでしたか。

塗り壁の色は地味な茶系統の色や白が定番でしたが、
今ではパステルカラーや鮮やかな色が販売されています。

アトピッコハウスの塗り壁、パーフェクトウォールは
43色のカラーバリエーションが自慢の商品です。
色選びの参考になるカラーガイドもご用意しています。

塗り壁比較

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー

塗り壁 色

タグ

,