アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

ローコスト塗り壁の調湿性能は、予想以上

  • 12
  • 11月
  • 2009

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

JIS規格の調湿テストをしていた

ローコスト塗り壁材
パーフェクトウォールの調湿試験が終わりました。

img_03b

予想以上の好結果がでたので、驚きました。
1㎡辺り、61gです。

調湿性能の高い珪藻土塗り壁材、はいから小町は、241g/㎡
消臭性能の高い漆喰壁、漆喰美人は、94g/㎡なので、

それと比較すると、少し少ないですが、
調湿量が20gに満たなくても、調湿建材として販売されている商品もあるし、
一般的に漆喰は40g程度といわれているから、

まあ、漆喰よりは調湿するといえるようです。

これなら、意匠性とコストを要求される場合などは、
ベストチョイスになるかもしれません。

色は43種類です。

それから、漆喰は調湿性能がもっといいはずとお考えの方のために
少し解説させていただくと、

昔、壁が土壁だった時代であれば、下地の壁が調湿するので、
40gということはなかったはずです。

ところが、現代の住宅は、下地が石膏ボードなので、
表面に1mm,2mm塗る仕上げ材で勝負が決まるのです。

素材特性でいうと、調湿性能のチャンピオンは、やはり珪藻土です。

しかし、量、固め方などによって調湿性能は変わりますので、
珪藻土であれば、どの商品もすべて調湿性能に優れているとはいえないわけです。

素材という意味で説明すると、漆喰の原料である
消石灰は、調湿性能に優れた素材ではないのです。

しかも、消石灰は空気中の炭酸ガス(co2)を吸収して、岩に戻ろうとしますので、
調湿性のもとになる「穴(隙間)」が、年々減少することになる訳です。
その結果、調湿性能も悪くなるという理屈が成立するわけです。

漆喰ファンの方、ごめんなさい。
でも真実です。

厚さ1,2mmの厚さで塗った漆喰は、調湿建材というには、少し力不足なのです。

ちなみに、内装建材の調湿性能に関しては、
JISに規格が決められており、

1㎡当たり、70g以上(24時間で)吸放湿しないとならないことになっているのです。

その意味においては、
はいから小町は241g、漆喰美人は94gなので、調湿建材といえますが、

パーフェクトウォールは、61gなので、JIS規格に照らし合わすと、
調湿建材とはいえないのです。

ただ、61gも調湿していれば、ほぼ調湿性のある建材といえると思います。
パーフェクトウォールは、意匠性とコストを両立させた塗り壁材なので、
調湿性能を期待するのなら、

はいから小町か、漆喰美人を選んで頂けるといいと思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

パーフェクトウォールの資料のご請求は、こちらです
塗り壁比較