アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
おすすめの珪藻土の塗り壁とは

珪藻土を施工したらお家の悩みは解決するのか

  • 16
  • 8月
  • 2018

先日、珪藻土を施工したら冷暖房、除湿の効果があるのでしょうか。
というお問い合わせがありました。

なるほど。珪藻土は確かに調湿性がありますが、
そこまでの期待感を持たれているのだなということを
気付かされました。

その他にも北側の部屋の結露防止に珪藻土を塗りたい、といった
ご希望をお伺いすることが多いです。

珪藻土を施工したら、お家の悩みや暑さ、寒さが
解決するものなのでしょうか。

北側の一部屋を施工すれば結露、カビ防止になる?

おすすめの珪藻土の塗り壁とは

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

北側の部屋の結露、気になりますよね。
ジメジメしてカビの原因にもなりかねません。

珪藻土は調湿を得意とする左官材です。

湿度が多い夏の時期には湿気を吸い、
湿度が少ない冬の時期にはため込んだ湿気を
吐き出して調湿をしてくれます。

広い範囲での施工が必要

ただ、施工する範囲が狭いと
各部屋から湿気が集まってきてしまい、
キャパオーバーとなってしまいます。

珪藻土にも許容範囲があります。

ですので、施工される範囲はできるだけ広く
取っていただくことをお勧めしています。

施工すればそれで快適になる?

珪藻土は湿気を吸ったり吐いたりして調湿をします。
それには空気の循環が必須です。

窓を開けて空気を入れ替えるとか、
24時間換気で新鮮な空気を入れ替えるということです。

珪藻土が蓄えた湿気はこの空気の流れにのって
湿気を外に逃がしているのです。

施工したらそれで終わりではありません。
きちんと換気をすることにより初めて珪藻土は
自身の力を発揮することができるのです。

換気がない場合、湿気を蓄えて逃がすところがなくなります。
珪藻土も条件が悪ければカビてしまいます。

珪藻土で冷暖房は不要に?

珪藻土はエアコンや除湿器のような機械ではありませんので
温度を上げたり、下げたり、除湿をしたりという
ことはできません。

しかし、珪藻土塗り壁はいから小町は湿度をコントロールしてくれます。

快適な湿度をキープすることで、体感温度も変わります。

夏は涼しく、冬は、暖かく感じることがありますが、
夏の方が、より感じやすいようです。

そのため冷房の設定温度を高めにできるのです。

どんな珪藻土を選んでも良いの?

例えば珪藻土と検索をするとたくさんの商品が出てきます。

何をもって選んだらいいのか?というお問い合わせを
いただくことがあります。

日本で販売されている珪藻土で、
劣悪な商品はほとんどないと思います。

ただ、珪藻土は自身で固まる力がありません。
何で固めているかということが極めて重要となります。

アトピッコハウスの珪藻土はいから小町は自然素材を使い、
珪藻土の穴を潰さない特許製法により
高い調湿性能を誇っていますが、

商品によっては接着剤などを多く使っているものも
あるようです。

せっかくですからきちんとした素材のものを選びたいですね。

いかがでしたか

珪藻土は私たちの生活を気持ちの良いものにしてくれる
手伝いをしてくれます。

目に見えて気温が下がるとか、除湿をするということでは
ありませんが、体感は変わります。

それにはきちんとした素材のものを選び、
日々の換気も必要です。

珪藻土に頼りすぎず、上手に共存していけるといいですね。

アトピッコハウスでは自然素材の珪藻土塗り壁はいから小町を
ご用意しております。

珪藻土塗壁 はいから小町

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら