はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 壁紙のブログ記事

キッチンの壁紙の選び方

投稿日:2016年08月18日 作成者:


何かと汚れやすいキッチンの壁紙は
機能面を重視して選びたいものです。

掃除のしやすさを追求したもの、
防火性に優れたもの、
消臭効果があるものなど
キッチン周りに嬉しい機能の備わった壁紙も販売されています。

冷蔵庫や食器棚など、比較的大きな家具を配置することが多いため、
キッチンの壁紙が目に見える面積が狭いご家庭も多いと思います。

機能、見た目ともにキッチンに向く壁紙とはどういったものでしょうか。

キッチンの壁紙として欠かせない防火性能

キッチンの壁紙の選び方

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

まず、キッチンの壁紙に欠かせないのは防火性能です。

火気を使用するキッチンや、
キッチンと一部屋に繋がっているダイニングやリビングでは
防火認定を受けた壁紙しか使えないことになっています。

クロスの見本帳を見ると、
防火性能、防火種別といったものが載っていて、

壁紙の防火性能は
石膏ボード、金属板など壁紙を貼る下地との組み合わせで
「不燃」、「準不燃」等の性能に分類されています。

最も普及している壁紙、ビニールクロスはほとんど防火認定品

壁紙にはビニールクロス、織物クロス、紙クロスと
素材の種類がありますが、
日本の建物の9割以上で使われているビニールクロスは
ほとんどが防火認定品となっています。

そのため、キッチンの壁紙を
豊富な色柄から選びたい方には
ビニールクロスがお勧めです。

でも、いざ火事になった時に
ビニールクロスは有毒な塩素ガスが発生します。

火気を使用するキッチンだからこそ、
色柄ではなく、
安全なものを選ぶという選択があります。

ここで注意したいのは、
ビニール以外の、織物や紙などでつくられた壁紙でも、
有毒ガスを発生する商品があるということです。

キッチンの壁紙、難燃剤不使用のものが安心

自然素材を原料に作っていても、
難燃剤という薬剤を使用していると
火事になった時に有毒ガスが出てしまいます。

また、普段の生活をしているうえでも
難燃剤を使用している壁紙は空気と触れることで
変色してシミになってしまうことがあります。

同じ防火認定品でも、
難燃剤を使用していない商品を選ぶと安心です。

水拭きの出来る壁紙と、汚れを寄せ付けない壁紙の違い

お料理をするキッチンは油汚れが気になります。
年数が経つと、壁紙は油汚れでベタベタになり、
色も変わってきます。

汚れたときに手軽に拭き掃除が出来るのは
ビニールクロスです。

さらに表面に特殊なフィルム加工を施した
汚れ防止機能付きの商品であれば、

お醤油やお茶をこぼしてしまった場合も、
水や洗剤で拭き取れますし
消臭機能を併せ持った製品も多くあります。

対して、拭き掃除は出来ないけれど、
汚れが付き難い壁紙が織物壁紙です。

静電気を発生させないので
埃を寄せ付けません。

壁紙に埃が付いていると
そこに皮脂や油汚れがどんどん付着してしまいますが、
織物クロスはそういった汚れを寄せ付けず、
嫌なベタベタがありません。

ビニールよりも丈夫なので、長く使うことが出来ますし、
油汚れで薄汚れるといったことはなく
時が経つごとに、味わいが出てくるのも織物ならではの特徴です。

いかがでしたか?

キッチンに使える壁紙にも、火気に強い製品は沢山販売されています。
いざ火事になった時のことを考えてみると、
選ぶ商品もより安全な商品になると思います。

アトピッコハウスではキッチンにも使える
織物クロスを販売しています。
火事になっても有毒ガスを発生しない特殊な糸を使用しています。

絵本のようなかわいい見本帳もご用意しています。
実際に手に取って、
織物クロスならではの質感を体験してみてくださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: キッチン 壁紙 | タグ: , | キッチンの壁紙の選び方 はコメントを受け付けていません。

壁紙の種類とその選び方

投稿日:2016年06月19日 作成者:


部屋の内装材の中でも、壁紙は特に沢山の種類があります。
中でも最も普及しているのはビニールクロスで
90パーセント以上のシェアを占めています。

では他にはどのような壁紙があるのでしょうか。
ビニールクロスの特徴と比べながらみていきます。

壁紙の90パーセント以上を占めるビニールクロス

どんな壁紙にしますか?

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

壁紙と聞いてまず思い浮かべるのは
ビニールクロスだと思います。
広く普及した理由は価格の安さと施工のしやすさ。

そして、手入れのしやすさでしょうか。

汚れが付いた場合、水拭きが出来ますし、
さらに落ちにくい汚れには
薄めた食器用の中性洗剤が使えます。

年数が経ってくると
部屋の隅など剥がれも気になりますが、
すぐに対処することで補修も出来ます。

剥がれた部分をめくって
汚れや古い糊を取り除き
木工用ボンドを使って補修完了。

案外簡単に出来そうです。

また、ビニールクロスは種類も豊富なので、
沢山の色柄から選びたいという人には向いています。

ビニールクロス以外の壁紙の種類、珪藻土壁紙

ビニールクロスの他に流通している壁紙は
紙壁紙織物壁紙ですが

最近では珪藻土壁紙といった変わったものも出ています。

珪藻土といえば
湿度をコントロールする自然素材の塗り壁材として人気がありますが、
ビニールクロスと比べると費用が3倍ほどかかります。

希少な自然素材のため、
商品自体の価格も高いのですが、
下地処理等に手間や時間が多くかかり、

工事費用もその分高くなるのです。

そこでビニールクロス並みに工事がしやすい
壁紙の珪藻土が販売され始めました。

しかし、価格は抑えることが出来ても
塗り壁に比べて厚みが薄い分、
調湿などの性能は落ちてしまいます。

中には価格面の他に
塗り壁のボロボロしたり
崩れたりするデメリットが気になって

あえて壁紙の珪藻土を選択する方もいるようですが、

塗り壁でもボロボロしにくいものが
販売されていますので、
予算が合う方には、塗り壁風ではなく、
本物の塗り壁をおすすめします。

ビニールで模した、○○風の壁紙

ビニールクロスにも
塗り壁の柄を模した商品がありますが、

他にも、木目やレンガ、タイルを模したもの、
中にはコンクリートを模した壁紙も!

本当にビニールクロスの柄の種類は豊富で
見ていて楽しくなってしまいます。
(実際に決めるとなると、豊富すぎて反対に大変かもしれません)

しかし、カタログで見るような個性的な柄は
実際にはお目にかかることは無く、
よく見かけるのは織物調のクロスです。

本物の壁紙はクロス(布)で作る織物壁紙

壁紙の種類は多数ありますが
本物は織物で出来た織物壁紙です。

壁紙のことをクロスというように、
クロス(布)で作られた壁紙が本物なのです。

1本1本、糸を織り込んで作っているので
ビニールのプリントや型押しとは異なり、
見た目の高級感はもちろん、耐久性にも優れています。

ビニールクロスは子供の手で驚くほど簡単に千切れますが、
織物壁紙は大人の手でもなかなか千切れません。

織物クロスの難点として、
水拭きが出来ないことがあげられます。

汚れた場合は
消しゴムをトントン叩いたり
ガムテープでペタペタと取ったり
布が傷まないように優しく落とす必要があります。

しかし、織物壁紙は静電気を起こさないので
ホコリを寄せ付けにくく、
もともと汚れにくいというメリットも。

20年30年後も薄汚く汚れるということはなく、
丈夫なのでなかなか破れるということもありません。

本物志向の方、高級感を求める方、
小さなお子さんのいるご家庭にも向いています。

いかがでしたか

壁紙は部屋の内装材の中でも多くの種類があります。
より沢山の色柄から選びたいという方にはビニールクロスが向いています。

自然素材を求める方には、
珪藻土壁紙、紙壁紙、織物壁紙などがありますが、
中でもお勧めなのが丈夫で高級感もある本物の織物壁紙です。

アトピッコハウスの織物壁紙、すっぴんクロスは
7シリーズ、全30色をご用意しています。

ビニールクロスと比較できる、実物のサンプルもございます。
ぜひお手に取って、その質感、丈夫さをお確かめください。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 壁紙 種類 | タグ: , | 壁紙の種類とその選び方 はコメントを受け付けていません。

劣化する新建材より、変化する自然素材を

投稿日:2015年12月24日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

劣化するビニール、変化する自然素材

自然素材のものはビニール製のものより経年変化に味わいが。

暖冬とはいえ、コートと手袋が
恋しい気候になってきました。

特に手袋にこだわりがあるわけではないので
3年程前に、たまたま通りがかった店で売っていた
安くてシンプルな手袋を購入して使っています。

クローゼットにしまってあったものを
久しぶりに出してみてビックリ。

去年まで何ともなく使えていた手袋が、
手のひらから指先の部分がボロボロと醜く
剥がれているではありませんか!

ボロボロと剥がれ落ちる手袋の表面

この醜く劣化した部分は、「合成皮革」。

合成皮革というのは、布地に合成樹脂を塗布したもので、
人工的・化学的な素材です。

これらの樹脂製品は大量生産が可能で、
加工など取扱いが容易なこともあり
爆発的に普及し、私たちの身の回りに
あふれかえっています。

例えば私たちの最も身近なものでいうと、
ポリ塩化ビニルでできた
ビニールクロスやクッションフロアも
大きなくくりでいえば同じような樹脂製品です。

ビニールクロスやクッションフロアも
色や柄の加工が容易で、施工も簡単。

価格も安いことも手伝って、
今では「ふつうの家」といえば
ビニールクロスにクッションフロアが
標準となっています。

確かに、施工者にとっても施主様にとっても
メリットの多い建材ですが、
見過ごせないウィークポイントがあります。

それは、劣化しやすく
劣化の仕方が醜いということ。

ビニールクロスは一般的に寿命が10年~15年と
言われています。
しかし実際には、5年も経つと生活の中でついた
傷や汚れが目立ち始めます。

ビニールクロスの我が家は
ちょうど5年が経過していますが、
そそっかしい私は爪や物をしょっちゅうぶつけていて
あちこちにその傷や剥がれが痛々しく残っています

また、10年も経過すると、クロスを貼った接着剤が分解し、
壁紙自体が剥がれやすくなってきて
ジョイント部分(クロスとクロスの接続部分)が剥がれ
目立ち始めます。

それだけでなく、紫外線や湿気、熱の影響で
樹脂が固くなって、ポロポロと崩れるところも現れ始めます。

これが、冒頭にお話した
合成皮革の手袋と同じような現象です。

そんな状態になってしまったなら、
さっさとリフォームしてしまえばいいのでは?
と考える方も多いと思いますが、

リフォームにかかる費用、
部屋の家具や荷物をどかして準備する時間、
リフォーム屋さんを探してやり取りする労力、
などなどの負担を考えて、

実際には10年~15年で
リフォームをされる方は

多くはありません。

醜く劣化したままの部屋で
過ごしていらっしゃる方が大多数です。

ビニール製品は、買ったその時、
施工したその時が最も美しく、
その後はただひたすら、劣化していくのが運命。

けれど、自然素材は違います。
施工したその時ももちろん美しいけれど
年を経れば経るほどに、
美しく味わいのある変化を見せます。

劣化ではなく、変化。

アトピッコハウスの壁紙は
糸を織って作った布でできた「すっぴんクロス」。

爪を立てたらすぐにピリッと剥がれてしまう
ビニールクロスとは違って、
少し角がぶつかったくらいでは
ビクともしない丈夫さがアピールポイント。

それどころか、カットサンプルを
千切ろうとしても全然破れないという
タフさを備えています。

確かに拭き掃除はできませんが、多少のシミなら、
時間とともに馴染んで味になっていきます。
ビニール製品特有の醜い劣化と違い、
「歴史を重ねる」というイメージです。

それに、歴史を重ねるのにふさわしいだけの
重厚感と豪華さが、自然素材にはあります。

年を経るごとに、温かくまろやかさを帯び、
味わい深く優しく変化していきます。

資料請求は、こちら

いずれにしても長年貼り替えをしないのなら
ビニール製を選ぶのか自然素材を選ぶのか、
どちらが経済的で気持ちが良いかは
言うまでもありません。

目先の価格だけでなく、長い目で見て
本当にいいと思えるものを選んでくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 劣化 新建材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 劣化する新建材より、変化する自然素材を はコメントを受け付けていません。

ヴィンテージも楽しめる織物クロス

投稿日:2015年11月28日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

時を重ねることで生まれる味わい

時を重ねた味わいを楽しむ

先日、ボジョレーヌーボーを飲みました。

毎年、近所の喫茶店では
解禁日に合わせて小さなお祭りが催されます。

ワインの味がわかるというわけではないのですが
その年のボジョレーを飲むことが
わたしの友人達の間で恒例行事となっています。

誰に頼まれるでもなく
今年もその出来を味わいに行きました。

わたし達の間での今年の味の感想は、

「フレッシュ!」
「ピチピチしてる!」
「瑞々しい!」

毎年同じ感想のような気もします。
そして、その後の展開も毎年同じです。

「では、いつものワインを頼もうか。」

ボジョレーヌーボーは
1年に1度、1杯試して満足。

2杯目はいつものワインが飲みたくなるのです。

そして、
「ああ、やっぱり時を重ねた方がいいねえ。」
「しっくりくるねえ。」
「落ち着いた味だねえ。」

と、わかったような口をきいて楽しみます。

わたしも含めてワイン通は一人もいません。
いつものワインというのも安ワインです。

それでも、新品、出来立てにはない“味わい”が
するような気がして、
美味しく感じるのです。

新品と、時を重ねた物
どちらもそれぞれに違った良さがあり

どちらを好むかは人それぞれです。

アトピッコハウスは、
無垢のフローリングや織物壁紙などの
自然素材を扱うメーカーです。

自然素材に耐久性や
美しい経年変化を求めるお客様も多いです。

今日は織物クロスを検討中のお客様から
お問い合わせをいただきました。

「ハウスメーカーから、 壁紙はすぐに破けるし汚れるものだから
安いものを頻繁に張り替えた方がいいと言われた。
でも、自分はいいものを長く使いたいと思う。」

どちらの考え方もあっています。

現在、壁紙として当たり前になっているビニールクロスは
驚くほど簡単に破けます。
カバンを引っ掛けただけでも、簡単に破けてしまうのです。

物の寿命は住まい方にもよりますが
ビニールクロスは5年もすれば
汚れや破れが気になってきます。

クロスのメーカーも
5年、10年で張り替えてくれることを前提に
製品を作っているのです。

ビニールクロスの特徴として
拭き掃除が出来ることが上げられますが、
拭き掃除では落ちない汚れが多いのが事実。

湿気や油分で、いつの間にか
薄汚れ、みすぼらしくなってしまいます。

だからといって、
ハウスメーカーが言うように
みな安いビニールクロスを頻繁に張り替えるかというと
そうではなく

10年、20年と
汚れは気になるけど
そのままにしているお宅も多いようです。

お金だけでなく、時間も労力もかかるリフォーム、
そう頻繁には出来ませんよね。

いい物を長く使いたいというお客様が増えているように思います。

織物クロスはビニールクロスに比べると
値段は高いですが
10年、20年後にみすぼらしくなることはありません。

糸を織り込んで作っているのでとても丈夫です。

手で千切ろうとしても、なかなか千切れません。

そして、織物クロスの最大の魅力は、
その経年変化の美しさにあると思います。

新品の洋服が、時間をかけてヴィンテージの洋服になっていくように
布クロスも、時を重ねるごとに味わいが出てくるのです。

一見すると高い値段も、
ビニールクロスとの耐久性の違い、
長くその美しさを楽しめることを考慮すれば
結果として安くつくともいえます。

新品にはない、
時を重ねることで生まれる美しさを
お部屋の内装材に取り入れてみませんか?

アトピッコハウスのすっぴんクロスは
20年~30年と経年変化が楽しめる織物クロスです。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: ヴィンテージ 織物クロス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | ヴィンテージも楽しめる織物クロス はコメントを受け付けていません。

自然素材にもリフォーム出来ます。

投稿日:2015年11月19日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

知ったうえで、選択したい。

自然素材へのリフォームという選択

友人がマンションをリフォームしたというので
興味津々で見学に行きました。

都心の駅から歩いて10分の
築40年のマンションです。

友人がそのマンションに入居したのは15年前

何度か遊びに行っているので
ビフォアー、アフターの違いが見られるのを
楽しみにしていました。

部屋にお邪魔して
まず変わったと思ったのは
物が全体的に少なくなり、すっきりしたということ!

(リフォームとは直接関係ないかもしれませんが・・。)

今回リフォームするにあたって
だいぶ物を処分したり
リサイクルに出したりしたそうです。

リフォーム後は、床に物は置かないルールを作っていて
それだけで部屋が広くなったように見えました。

我が家は当面リフォームの予定はありませんが
家の中の整理整頓は直ぐにでも真似しようと思いました。

本題のリフォームによる変化ですが
“明るく”“眩しく”“ピカピカ”
になっていました!

友人がリフォームしたのは、壁、床、照明、窓です。

部屋中の壁紙を張り替え
フローリングや玄関のタイルも真新しいものに、
畳の部屋は、上に絨毯を敷いていました。

そして、照明は天井に埋め込むタイプの
ダウンライトをいくつか設置。

劇場のスポットライトのような光で、

飾り棚に置かれた写真
テーブルの上の果物
椅子に座って微笑む友人、

照らされたものは
みな主役に見える素敵な照明でした。

窓のリフォームは、
一枚の窓から二重窓への変更です。

交通量が多い場所で、
今までは車の音が気になっていたそうですが
二重の窓を閉めると音は全く気になりませんでした。

全体的に明るく、スタイリッシュになった友人の家

わたしが個人的に感心してしまったのはクロスでした。

洗面のクロスは、
新雪のような眩しい白で
雪ダルマか8の字のような丸がポコポコつながった模様

洗面用に、湿気を吸いやすい効果もあるそうです。

寝室の壁紙は、生成りのような落ち着いた色です。
少し光沢があり
幾何学模様が織り込んであるようなデザインでした。

“織り込んであるよう”に見えたので、
まさかと思い触ってみたのですが
やはりビニールクロスでした。

一瞬、本物の布で出来た織物クロスと見間違えてしまったのです。

でも、本物の織物クロスであれ、
無垢のフローリングであれ、

自然素材の内装材は
「自然素材を使いたい!」
という強い意志がないと使われませんし、

普通のリフォーム業者との面談では
選択肢にも上がってこないのです。

わたしも
自然素材が大好きなメーカーで働く以前は
壁紙はビニールクロスしか知りませんでした。

友人もきっと、知らないと思います。

知らなければ、知っているものが当たり前ですし、
それはそれで、いいのだと思います。

でも、もしもこれからリフォームする方がいるとしたら
自然素材の内装材があることも知ってほしい。

そして、ビニールクロスとは違う
本物の自然素材、
本物の布に包まれるような心地よさや
メリット・デメリットを知ったうえで

新建材か、自然素材か
選択をしていただきたいと思います。

リフォームを見学した後の話ですが、
友人お気に入りのバーに連れて行ってもらいました。

「ここのお店の内装、いいでしょ。」と友人。

存在感のある無垢のテーブル
グレーの塗り壁で、コテで付けられた波模様が素敵です。

「この壁も落ち着くでしょ?」

とはしゃぐ友人に、
お家の内装にも使えるんだよ~と知ってほしくなりました。

これからリフォームをされる方、
ぜひ、自然素材の内装材を知って
その選択肢に入れてほしいです。

アトピッコハウスでは実物サンプルもご用意しています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 リフォーム | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材にもリフォーム出来ます。 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー