アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
理想の家づくりは、お金の話からスタートします。

本当のプロの仕事とは?

  • 25
  • 2月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

全て言った通りに動いてくれるのが
良い工務店・ハウスメーカーと言えるのでしょうか。

的確な提案ができてこそ「プロの工務店」

姪が4月に幼稚園へ入園します。
入園に際して、通園バッグや着替え袋など
幼稚園指定の「通園グッズ」を
揃えなければならないのですが

手芸が趣味である私は、姉の依頼もあり
グッズ一式を作ることになりました。

女の子向けのものは、材料選びが難しい。
フリフリ、キラキラ、ふんわり、シック、
キャラクターもの、かっこいい系…等々
膨大な選択肢があるのです!!

私はひとまず、姉から希望のイメージを
聞き出すことにしました。

「う~ん…私はピンク!とかフリフリ!とか
ハート・リボンみたいな、いかにも女の子っぽい
ブリブリしたデザインは好きじゃないんだよねぇ。
あとキャラクターものも嫌だなぁ。」

なるほど。でもこれでは
膨大な選択肢のいくつかが消えただけで
イメージを作るには漠然としていて
情報があまりに足りません。

じゃあ、子供がいま好きなものとか
色はどうなんだろう?

「好きな色を聞くと、赤とか黄色って言うんだけど
実際は青のTシャツがお気に入りだったり、
緑の物を選んだりするのよね~

そうそう。私はピンクとかフリフリが嫌いって
言ったけど、最近の子供たちは子供目線で
可愛くないものを持っていると『可愛いくない!』
ってはっきり言われちゃうんだって。どうしよう~!」

私は頭を悩ませました。
今まで姉と過ごして得た「姉好み」の情報を総動員し
母親(私の姉)の好みも満たしつつ、子供目線でも可愛いもの。

生地屋さんをハシゴし、
選定には1ヶ月ほどかかりました。
ブリブリしすぎず、それでいて可愛らしい。
姉もイメージ通りと大満足。

いざ製作!…という段階になり、新たな問題が勃発。
それは、姉と姪の希望を叶えるべく選択した生地が
通園バッグを作るには薄すぎたこと。

もちろんそれは承知していたので、
生地に貼り付けてシッカリ感を出すための
カバン用の「芯地」も用意していたのですが

その生地の薄さは予想以上で、
芯地1枚では足りず、何重にも貼り合わせて
かろうじて強度が足りるくらいになりました。

もちろん、私はプロではないので
お金をもらって作っている訳ではないし
身内のものなので問題はありません。

けれど、これがお金をもらって
請け負っているとしたら、
大いに問題だなと思ったのです。

依頼主の好みだから、と言われるままに
カバンにはふさわしくない生地のものを
選んでしまったために

本来のカバンとしての役割を果たせる
保証もできないばかりか、
芯地の手配にお金も時間も
ずいぶんと余分に掛けてしまいました。

これって、家づくりにも通じるところがある!
と思うのです。

例えば、キズやシミを極度に気にされる施主様が
色がどうしても気に入ったから…と
柔らかくキズが目立ちやすい樹種のフローリングを
希望したとします。

その時に、その素材の特徴を説明することもせず
「施主様のご要望だから…」とそのまま
施工される業者様も意外と多いのです。

アトピッコハウスに入ってくる
お問合せの内容を見ていても
「お施主様の希望を全て叶えるのがモットー」
と掲げている工務店、実はけっこう見かけるのですが

お客様の要望を右から左へそのまま叶えるだけなら
どこの業者に頼んでも同じになってしまいます。

施主様が、塗り壁やフローリングを選びかねていて
「あるだけ全部の色の塗り見本を見たい!」とか
「フローリングの全種類のカットサンプルが見たい!」と言われて

そのまま全種類の見本を見せて、
見本を前にして一緒に悩むことが
プロの仕事と言えるでしょうか?

プロであれば、施主様の要望をヒヤリングした上で
その方の生活や好み、施工する場所の環境や、
想定される使用状況をを踏まえた上で
経験からどの材料が最もふさわしいかを選定し、

2~3種類の選択肢に絞って提案してくれるのが
プロの仕事だと、アトピッコハウスは考えています。

また施主様が「どうしてもこれを使って欲しい」と
要望されたときに、“それはあまりふさわしくない”と
判断した場合に、きちんとそれを説明し
より良い選択肢に導いてくれるのがプロなのです。

それは、素材に対する知識が豊富なこと、
経験が豊富なことに加え、ヒヤリング能力が高く
的確な説明力がないとできないことなのです。

アトピッコハウスがおすすめする
はなまる工務店」は、
そんな工務店を目指しています。

契約をした工務店やハウスメーカーは
自然素材のメリット・デメリットを「きちんと」
説明してくれますか?

しかも、その説明は「納得できる」ものでしょうか。

自分の意向とは違う提案をされたときに
その言葉を信頼して受け入れることができる相手こそ
家づくりのパートナーとしてふさわしい相手。

それを基準に、パートナー探しをしてみることも
ひとつの方法です。

皆様にも、自分にぴったりの
「家づくりパートナー」が見つかりますように!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら