アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

頑張って!は禁句なんですって

  • 19
  • 10月
  • 2005

秋はイベントが多いですねー。横浜の野村皮膚科医院からも届きました。

万が一定員の場合でも、アトピッコハウスからの紹介、と言っていただければ調整していただけるとのことです。有り難いです。

日時:2005年11月6日(日)14-16時
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
http://www.yokohama-akarenga.jp/

テーマ:「肌のトラブルを克服して美肌を取り戻そう」

横浜労災病院 向井秀樹先生
聖マリアンナ医科大学皮膚科名誉教授 溝口昌子先生
タレント:宇江佐りえさん

主 催:日本臨床皮膚科医会南関東山静支部、日本皮膚科学会、神奈川県皮膚医会
事務局:野村皮膚科医院 野村有子先生

アトピッコハウスのはいからさん実演イベントがその前週に同じ場所で開催します。同日だったら良かったのですが‥。

と、こちらの詳細をお知らせするのを忘れていました。

日時:2005年10月29-30日 10-17時 はいからさん実演は1日4回を予定しています。場所:横浜赤レンガ倉庫(多分真中の広場だと思う)中鉢建設さんのブースを間借りしてやらせていただきます。

いつも、皆さんにご協力をいただいているアトピッコハウスなんです。ありがとうございます。

11月6日は「皮膚の日」なんですって。私は、この日、親戚の結婚式の為、参加できません(泣) ご報告お待ちしております!

赤レンガ倉庫って、今はとても綺麗になりましたが、私が遊びまくっていた頃、立入り禁止の崩れかかったような倉庫だったんです。

場所がちょっと違う気がするですが(そんなことないよね)夜な夜な、赤レンガに入り込んだりしてたんですよねー。成人式の日も、振袖の裾を巻き上げて、不法侵入。ここでの写真も随分ありますが、このメンバーとは、今は連絡取ってないなー。みんな、どうしてるだろう。

成人式の時、かなり状態が悪くってー。確か、その数ヶ月前、真赤な顔して自宅近くを歩いていたら、中学校の友人に「どうしたの!」とすごく、驚かれて、凹んだ記憶あり‥。ま、そりゃ、気味悪いしね。

周囲もどう対応していいか、わからないんですよね。

昨日ラジオでお見舞いに行った時、頑張っては禁句で「早く復帰してくれないと仕事が滞るよ」「元気になって〇〇に連れてって」など、体調を崩している人がいなくて寂しい、という気持ちを伝えるのが一番いい、と言っていました。

元気のない時に「頑張って」は確かに辛い。でも、どう励ましていいのかがわからず、苦労しますが、こんな風にこちらの気持ちを伝えればいいんですね。

アレルギーなんかの場合は、「卵我慢して偉いね」とか、我慢してたり、頑張って治療をしていることを誉めてあげるといい、と、教えていただいたことがあります。

誉められて不愉快になる人はいないだろうけど、成人相手でもいいのかな。私は、どう言われたら嬉しいんだろう、か。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら