アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

環境価値がある自然素材の建材とは?

  • 08
  • 12月
  • 2009

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

COP15が始まりました。

地球温暖化対策とか、CO2削減というと、
太陽光発電システムを連想する人も多いと思う。
f1000586.JPG

確かに、石油などの化石燃料を燃やして、
電気を作るのに比べると、太陽光を直接電気にするので、
地球温暖化対策にもなるし、エネルギーの枯渇の防止にも
貢献できる。

つまり、太陽光発電には環境価値がある。

しかし、ソーラーパネルを作る際に使用した
エネルギーを回収することを考えると、
実は、太陽光発電を手放しで評価できない!

一方

自然素材と呼ばれる建材にも環境価値がある。

経済産業省 資源エネルギー庁 が発行している
「LO-HOUSE(ロ・ハウス)」の冊子には
f1000587.JPG
環境価値がある素材として、
「自然素材」が紹介されているので、紹介したい。
f1000588.JPG
自然素材は、一般的に
生産に必要なエネルギーが少なくて済む。

また、廃棄後はすべて大地に戻るので、
環境への影響もきわめて少ない。(p.12の内容から抜粋)

無垢材に限らず、自然素材に分類されるものは、
別の検証でも「環境価値」がある。

そういう意味でも、アトピッコハウスの事業内容は、
社会的意義と、価値があると思っています。

自然素材の価値と魅力を沢山の人と共有したいですね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら