アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

素顔に触れると安心する

  • 23
  • 4月
  • 2010

天然日和の編集を担当してくれているちぃさんから

食のこだわり=仕事のこだわりから工務店の素顔が想像できてPRになりますね

という評価をいただきました。
元気のみなもと というコーナーのことです。

ここは各地の工務店さんに寄稿していただいていますが、
何故か料理自慢をしてもらうページ。
p1020169.jpg

建築と関係ない内容ですが、
そこが大切なんです。

私の持論ですが、
ローコスト住宅を選ぶ人は「家」という建物を購入したいと考えている人。

自然素材を使った家が欲しいと考えている家族は、
家を手に入れた後の自分の理想の「暮らし」を求めている人。

極端な言い方ですが、
家を手に入れるのであれば、
建築について詳しい人であれば充分。

でも「暮らし」を求めている人は、
構造の優位性を中心とした建築知識ばかりを披露されても、
興味がないから聞いてません。
「暮らし」を求めている人は、

そのキッチンは使いやすい?
珪藻土塗り壁はいから小町にすると毎日がどう変わるの?

という部分が気になる。
建築知識は立派でも、
その説明してくれる人の「暮らし」が見えてこないと、

はいから小町って気持ちいいですよ

って説明されたところで、
「あんた、それ本心?」と思われる。
例え、自宅に使っていたとしても、

「営業トークに利用するために自宅に使ったんじゃないの」
と、信用されないのです。

衣食住足りて、なんとかといいますが、
食は、暮らしの中の重要なファクターで、

食べることに一生懸命じゃない人は生きることに無頓着な人

とも言えます。
生きることに無頓着な人に、
一生に一度の家づくりを託せないですよー。

仕事しながら一級建築士を取得した山根社長は、
VOL9で、お子さんと一緒にオニギリを作っている様子を寄稿してくれましたが

こういう姿が見えると、

子供部屋のこととか、
おもちゃが片付かないこと、
キッチンの使い難いこと

を、男性だけど相談してみようかな、と思ってくれる。

設計事務所の建築士は
先生だから背景が見えてこなくても問題はない。
逆に、家庭が見えてくると幻滅してしまう可能性が大。

でも、地元密着を目指すはなまる工務店は、
自分の素をどんどん公開した方がいいと思う。

工務店基礎力(商標登録申請中)は、
そういうことも気付いてもらえるような内容にしていきますね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら