アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

自然素材の家を断られないための傾向と対策

  • 28
  • 4月
  • 2016

塗り壁にしたいと言われたら断られた。
無垢材は反るからやめた方がいいと言われた…、

などなど自然素材の家にするためには、
いくつかのハードルがあるのも事実です。
そのハードルを越えるためにも、

建築会社の「断りポイント」を知っておくことは重要になります。
自然素材の家を断わられないための傾向と対策、伝授いたします。

知らない材料は、拒絶するのが建築業界の流儀です。

自然素材の家の施工事例

建築会社をカッコよく変身させる
アトピッコハウス ごとうひろ美です。

20年使いつづけた販売ソフトを変更しました。

世の中に、どんなソフトがあるのか。
それぞれの使い勝手と価格を調べるだけで、
半年かかりました。

ソフトを決定してから動作環境を確認し、
操作に慣れるために3か月弱、費やしたのに、
使ってみると、やっぱり色々出てきます。
練習の時には気付かなかった使い勝手の違いに、
2週間戸惑い続けています。

そうなんです、
新しい商品が使い難いのではなく、

今まで慣れた商品の方が、楽なんです

つまり建築会社が嫌がるのは、
自然素材だからということではなく、
いつもと違うことをすることへの恐怖…。

建築会社が使ったことのない材料を指定する場合は、
その恐怖を1つ1つ取り除いてあげることがポイントになります。

だから「お客様は神様だ」という上から目線で命令してはいけません。

やりたくないのは、怖いからなのに、
高圧的な態度で依頼されたら、

恐怖が増大し、
強く、拒絶されてしまうことになります。

相談を受けていて感じるのは、
依頼の仕方が下手だな~ということ。
建築会社の本音がわかれば作戦も練りやすい。

自然を材の家で後悔しないための、
傾向と対策、伝授します。

慎重な会社だから、断る。

入念に準備をしたつもりなのに、
想定外の出来事がおこる家づくり。

どんなに考えても、
どんなに準備しても、
実際につくってみるのとは違うことが出てきます。

当然、一級建築士とか
国家資格を持った頭の良い方々が、
事前に準備をしても、です。
やっぱり、事件は現場で起こるんです!?

会議室では雨も降らないし、

材料の納品が遅れることもありませんからね。

そういうことを理解している会社だからこそ、
これ以上のリスクは避けたい、と思うのも事実。

新築は高い買い物です。
ドーナツで失敗するのと違い、
自然素材の家で、失敗して受け入れられる人は多くない。

だから、慎重にならざるを得ないんです。

ましてや、
不慣れな自然素材を、
少ない準備期間でお客様の大切な家に使う…というのは、
勇気がいることでもあるんです。

納得して選んだ建築会社です。
手抜きをしたいとか、
意地悪したいとか、そんな理由で断っている訳ではないんですよ。

過去に自然素材の家を作っていたから、断る。

自然素材の家は、ブームです。
だから色んな会社が、なんとなく自然素材の家をつくっています。

やってみて「好きじゃない」と思ったのかもしれません。

鉄筋の家、
ツーバイフォー、
社寺建築など、

家づくりには、色んなタイプがあります。
どの家づくりを選ぶのかは、

それぞれの会社の主張。
つまりは経営方針という好みですが、
なんでもできるという会社よりも、
自分の意志を明確にしている会社を選びたい。

なんとなく…の会社に依頼して、

後悔している方もたくさんいますから、
自然素材の家にしたい人は、

自然素材の家づくりが得意です、
と宣言している会社と契約したいですよね。

ただ面倒だから、断る。

そうはいっても、
ただ、やりたくないから断る建築会社も、
実際は、あります。

新しいことに挑戦することで
メリットを感じられれないタイプ、ということになりますね。

自然素材のデメリットばかりに意識が集中してしまうので、

こういう会社だったら、
無理に自然素材の家への変更を依頼しないことをオススメします。

嫌々やっても、うまくいきません。

ただでさえ、
丁寧な作業が必要な自然素材の家。
嫌な仕事を丁寧にできるような会社なら、

新しいことに挑戦する楽しさを見いだせるハズ。

それができないのから断っているのかもしれないし、
逆に断る勇気もなく、
嫌々、自然素材の家を作ってくれようとする会社より、

質が良いといえます。

すでに契約をしてしまったのなら、
その会社が得意とする家づくりでお願いした方が、
確実に、気に入った家になります。

建築会社といえども、人です。

特にビルや橋などの大型建造物とは違い、
自然素材の家は、
建てる人のパーソナルな部分が大きく影響します。

温度の低い季節は水の温度を上げたり、
雨が降ったら左官材の仕事は延期…。

そういうマニュアルには記載し難い、
いい塩梅、をそれぞれの経験から編み出すコツが
自然素材の家には必要で、

そういう部分を嫌い、
誰でもが統一した家づくりができることを目指したのが
合板フローリングなどの新建材。

確かに、自然素材よりは工夫は少ないけれど、
やっぱり最終的には建築は人が関わらなければ建てられない。

計算通りには、いかないのです。

今、そんなことに気付きだしている人が増えているような気がします。
数字だけでは解決しない、
知識だけでは前に進まない。

自然素材の家を建てたいのなら、
「知恵者」に出会うことが自然素材の家で後悔しないための対策。

自然にあがなうことなく、
自然の強みを活せる知恵者、
アトピッコハウスの周辺に集まってきています。
べっぴんハウス

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

オススメの記事