はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 調湿性能のブログ記事

珪藻土の調湿機能って本当に期待できるの?

投稿日:2017年11月08日 作成者:


湿度対策といえば珪藻土

そういうイメージが定着をしてきましたが、
珪藻土が塗り壁になって、
まだ20年程度。

建築素材としては、
まだまだ新参者です。

現代の家づくりにピッタリなのは、
新しい素材ならではですが、
新参者だからこそ、

その真価を判断するのは、
時期尚早という見方があるのも事実です。

一般的な漆喰と珪藻土、どちらも塗り壁です。

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

結露対策なら、自然素材の家か高気密住宅か

日本の塗り壁といえば、漆喰をイメージします。
この漆喰の歴史は古く、
古代ギリシャローマ時代からあったと言われています。

昔ながらの漆喰は、
意匠性のために使われていました。
土で作った壁に、
白い漆喰で美しく仕上げる。

それは特権階級にだけ許された美しい装飾で、
庶民の家では土壁が剥き出しになっていることが普通。

でも、その土壁は、
高温多湿の日本の夏に適した壁材で、
エアコンのない当時でも、
庶民は夏の暑さを、凌ぐことができたのです。

つまり漆喰があってもなくても、
土と木で作られて家であれば、

高い調湿機能が期待できたのです。

漆喰というと、
高い調湿性能を持っている壁材というイメージがありますが、

意匠性のための素材である漆喰単体に
高い調湿性能がないことは、
プロでも、あまり知られていないこと。

富裕層が意匠性を求めて利用していた壁が、漆喰。

そう定義づけると、
現代の私たちが、どう漆喰と付き合えばいいのか
答えを出しやすくなります。

珪藻土の塗り壁に調湿機能を期待していいのか?

歴史の浅い珪藻土の塗り壁ですが、
珪藻土は植物プランクトンが化石化した岩石なので、
とても古い物です。

漆喰同様、古代から使われていたとがわかっていますが、

日本人には塗り壁よりも
七輪の原料として
馴染み深い素材です。

その七輪が塗り壁となって約20年余りです。

珪藻土の特徴の1つ「多孔質」に着目し、
塗り壁として利用するようになりました。

素材としては新しくはありませんが、
塗り壁としては新参者なので、
俗説が色々と流れていること、

色んな種類の珪藻土塗り壁が販売されていることも事実です。

でも漆喰だって、
今や様々な種類が販売されています。
昔ながらの本漆喰よりも、

最近できた漆喰の方が多いかもしれないですし、
本漆喰についても、
しっかりと知らない人が多いことを考えれば、

結局、どんな素材であろうとも
情報は玉石混合。

どの情報が正しいのかを自分で見極め、
使用するかどうかは、

自分で決断するしかないんですよね。

珪藻土にどこまで期待をするのか

10年経っても、カビ一つ有りませんね。先日も、洗濯機を修理に来られた方が、ここは、何かとても気持ちの良い空間ですね、壁ですかね?とおっしゃっていました。
珪藻土とは、そのうち壁もポロポロと剥がれたりするのかしら?と当初は正直思っていたのですが、全くその様な事も有りませんね。

このメッセージは神奈川県茅ケ崎市で新築をしていただいたオーナー様からいただきました。10年経過して気持ちよく過ごしていただけるって、嬉しいですし、数字や実験ではなく、実体験として調湿機能の効果を体感していただけているというのは、有難いです。

こういう体験者の声を多くの方が聞いているからか、
カビや結露対策には珪藻土がいい、という声が多くなっています。

でも1つ気になるのは、
珪藻土塗り壁は万能ではありません。

それはアトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町でも、同様です。

石油ストーブでも、
部屋の大きさによりサイズが変わるように、

珪藻土を塗る面積に応じて、
その効果は変わります。
珪藻土を塗っている面積が小さければ、その効果も同じように小さくなります。

マンションの北側の1部屋だけが結露するからといって、
壁の1面だけ珪藻土を塗って効果を感じない。
珪藻土塗り壁はいから小町にすれば違いますか?

というご質問を頂戴しますが、

同じです、と回答をします。
北側の部屋が結露しているのは、

その部屋の中だけではなく、
家全体の断熱材や、間取りや、暮らし方が原因で、

たくさんの湿度が北側の部屋に集中している状態。

それを1壁で、対応するというのは無理だと
アトピッコハウスでは考えています。

適材適所、
そして適切な面積を施工して初めて、
その塗り壁の効果が発揮できるんです。

仕様を守って、
湿度大国日本で、快適に暮らしましょう!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 調湿性能 期待 | タグ: , , | 珪藻土の調湿機能って本当に期待できるの? はコメントを受け付けていません。

塗り壁の調湿性能、乾燥も防ぐ製品選び

投稿日:2016年11月17日 作成者:


塗り壁は調湿性能が備わった壁材として人気があります。

日本は梅雨や秋雨などもともと雨が多い気候ですし
また、ここ数年は猛暑の夏が続いています。
じめじめ、ベタベタ、湿度が高くて不快な時期は
特に塗り壁のお問合せが増えます。

ですが塗り壁の力が発揮されるのは、湿気が高い時だけではありません。
冬場、特に暖房を使って乾燥しがちな時期も、
本物の調湿建材の塗り壁なら、加湿器のような働きをしてくれるのです。

石油ストーブ禁止の集合住宅

冬場の暖房による乾燥を防ぐには

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

冬になると欠かせない暖房
石油ストーブ、ガスストーブ、電気ストーブなど
暖房器具はバラエティに富んでいます。

昔は石油ストーブの上にヤカンを置いたり
鍋を置いて煮炊きしたり
暖房を使いながらも同時に加湿していましたが

いまの集合住宅では
火災の危険が高い
一酸化炭素中毒になる危険がある等の理由で

石油ストーブが禁止
されているところもあります。

ガスストーブも
専用のコンセントが部屋に備わっていない場合も多く

工事をするのに管理組合の許可が必要だったり
もともと、工事が禁止されているところもあります。

最近ではオール電化のマンションも増えていますので
エアコンに頼らざる終えない
ご家庭も多いのではないでしょうか。

エアコンは他の暖房器具と違って冬も夏も使えて便利ですが
気になるのは乾燥です。

乾燥対策も出来る調湿性能のある塗り壁

乾燥するなら加湿器を付ければいいのですが、

加湿器に頼らず
調湿性能のある塗り壁を使って
部屋の空気を快適に保つ、という選択肢もあります。

塗り壁というと除湿のイメージがあるかもしれませんが
加湿の働きも同時に備わっているのが‘調湿建材’です。

では、塗り壁の調湿はどのような仕組で
行われているのでしょうか。

塗り壁の調湿は夏に吸った湿気を
冬に吐き出すわけではない

夏は湿気をめいっぱい吸って、
冬は溜め込んだ湿気をとにかく吐き出す、
このように思われがちですが、

塗り壁の調湿は季節を超えてではなく
日ごと行われるもの。

調湿性能のある建材かどうかを測る試験も一日単位です。

24時間にどれだけの水分を
吸湿・放湿したかを測定します。

湿度の高い時期も、低い時期も
それなりに、湿度を吸って吐きだすのです。

ですが塗り壁が吸い込める水分量には限界があるので
人が塗り壁の調湿性能を手助けしてやることが必要になります。

夏場は適度に換気をしてやります。

冬場は、お風呂や洗面、煮炊きなどで湿気が放出さるので
わたし達の生活自体が
塗り壁による加湿を補うことになります。

塗り壁には放湿性能が無く、過乾燥する商品もある

塗り壁の中には、吸湿性能はあっても
放湿性能が無い、
あるいは放湿性能があっても低い製品も売られています。

塗り壁を調湿性能で比較するには
性能を客観的に表したJIS規格の数値が有効です。

試験は測定する塗り壁を1平米に塗って、
24時間で何グラムの水分を吸収するか
そして、次の24時間で何グラムの水分を吐き出すかを測ります。

JIS規格では70g/㎡/24h以上を
調湿建材と認めています。

塗り壁に調湿性能を求める場合
このJIS規格の数値を判断基準にすることができるのです。

いかがでしたか?

塗り壁の調湿性能は家電製品のように
劇的な成果を期待できません。

ですが、自然素材の内装材による調湿は
穏やかに部屋の環境を快適にしてくれます。

調湿や乾燥を防ぐことが第一目的であれば、
除湿器や加湿器の方が希望を叶えられる場合もあります。

塗り壁の質感が好き、
自然素材で部屋を快適にしたい方に、
調湿性能の高い塗り壁はお勧めです。

アトピッコハウスでは
珪藻土のはいから小町
漆喰調の漆喰美人
ローコスト塗り壁のパーフェクトウォール
3種の塗り壁を扱っています。

どれも吸湿と放湿の両方の性能を備えた商品です。

なかでも最も調湿性能の高いはいから小町は
JIS規格の3倍、業界最高水準の調湿性能をもつ塗り壁です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・塗り壁・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 調湿性能 乾燥 | タグ: , , | 塗り壁の調湿性能、乾燥も防ぐ製品選び はコメントを受け付けていません。

自然素材の塗り壁、メリットとデメリット

投稿日:2016年01月26日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

自然素材ならではのメリットがあります。

自然素材ならではのメリットがあります

塗り壁のメリットは何ですか?
こんなお問い合わせをいただきました。

塗り壁、最近よく聞きますよね。

塗り壁にどんなイメージを持ちますか?
いいイメージでしょうか。
悪いイメージでしょうか。

わたしが子供の頃に住んでいた家は
和室が塗り壁でした。

緑と灰色を混ぜたような色の砂壁で
落ち着いた感じの雰囲気

当時は“落ち着いた”ものの良さがわからず
古臭いなあと思っていました。
他の部屋のビニールクロスの壁の方が
かっこいいとすら思っていたのです。

あれから20年

レトロという言葉を知ったり
伝統的なものに惹かれたり

今や、塗り壁=おしゃれ、かっこいい、高級感がある、
と、プラスのイメージを持つようになりました。

塗り壁とは、
ずばりそのまま
塗り壁の材料で仕上げた壁です。

砂や土や泥などの自然素材を用いて
古くから日本の住宅によく使われてきました。

聚楽漆喰などの歴史があるものから、
セメントに水と砂を混ぜたセメントモルタル
粉末の鉱物で作るプラスター
植物の化石を主原料とした珪藻土など

様々な種類が出ており
見た目や強度、性能、予算に合わせて選ぶことが出来ます。

塗り壁のメリット
まずは見た目の良さでしょうか。

塗り壁は左官職人がコテを使って塗る伝統的な工法です。

職人が塗りながら仕上げていくので
いわば、手作りの1点ものの壁です。

工場で作られたものを貼るクロスの壁とちがい

左官職人の技によって
継ぎ目のない一体感のある壁面を作ることができます。

部屋の壁一面に統一感が生まれ
それはまるで一枚の作品のようでもあります。

見た目だけではありません。
機能面でも
塗り壁を選ぶメリットは沢山あります。

まず、塗り壁には耐火性があります。

天然の土や砂、泥などを主な原料とするために燃えにくいのです。
漆喰は武家屋敷に広く使われましたが
その優れた耐火性が武士に好まれた理由の一つだったのです。

そして、調湿性能が優れています。

自然素材を使った塗り壁ならではの特徴です。
湿度が高くジメジメとしているときは
塗り壁が湿気を吸い

反対に
湿度が低く乾燥したときは
湿気を吐き出し

部屋の湿度を快適に保つよう
コントロールしてくれるのです。

寒い今の季節は暖房による結露が気になりますが
調湿性能のある塗り壁を使えば
結露対策にもなります。

湿度をコントロールすることは
カビやダニの発生条件を減らすことにもつながります。

四季があって、湿度も高い日本の家に
身近な自然素材を用いた塗り壁は
ピッタリなのです。

そして、わたしが塗り壁の一番のメリットだと思うことは

なんとなく気持ちがいい、なんとなく空気がおいしい
ということ。

具体的な言葉にも数値にも出来ないのですが

自然素材の壁に囲まれていると
ビニールクロスの部屋にはない
心地よさを感じるのです。

天然の成分を浴びられるからか

昔から人間が付き合ってきた
自然の素材に感じる安心感からかもしれません。

見た目よし、中身の機能面もよし!の塗り壁

しかし、メリットがあればデメリットもあります。

塗り壁に関するお問い合わせで多いのが、
ボロボロ崩れませんか?
メンテナンスは大変ですか?
というもの。

長い歴史がある塗り壁
今はボロボロと崩れにくいものも出ていますし、
メンテナンスは驚くほど簡単です。

塗り壁は拭き掃除が出来ませんが、
静電気が発生しません。
そのため、ホコリや油などの汚れを、そもそも寄せ付けにくいのです。

最近人気の塗り壁、価格帯もピンキリですが

自分が重視するメリットを叶えられる
塗り壁を選びたいですね。

アトピッコハウスの
はいから小町漆喰美人
ボロボロと崩れにくいように開発した塗り壁です。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 メリット | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の塗り壁、メリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

高性能で硬い珪藻土塗り壁

投稿日:2016年01月23日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁は、
硬くて崩れにくく、調湿性能抜群です!

ボロボロしないから、お掃除らくちん

「珪藻土って、ボロボロ落ちるんですよね?」
「接着剤は何を使っているんですか?」

よくいただくご質問です。

珪藻土の壁材としての歴史は、
まだ20年ほどですが、

最近は、テレビでも取り上げられたり、
標準仕様にする工務店などが増えていることから、

「何となく、いいもの」という認識が
広がってきているように思います。

インターネットで「珪藻土 塗り壁」で検索すれば、

たくさんの商品が販売されていますし、
たくさんの良い情報、悪い情報に溢れています。

良い情報の代表は、やはり、
美しい仕上りの上、調湿性能を発揮してくれること、でしょうか。

悪い情報の代表は、
接着剤を使っているから、結局調湿しない、
ボロボロ崩れるから、洋服が白くなる等でしょうか。

他の建材と比べると、珪藻土は新参者ですから、
賛否両論あるのは自然なことだと思いますし、

あまり効果が発揮されない商品も
出回っていることがあると思います。

もちろん、こんなことをブログに書くくらいなので、

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町は、
違います!

そもそも、
珪藻土100%だと固まらないので、壁材になり得ません。

そこで、「つなぎ」として
接着剤を使用している商品もあるようですが、

これが、珪藻土の穴をふさいでしまうのです。

対して、はいから小町は、
いわゆる「つなぎ」を使っていません。

「マグネシア」と「にがり」の化学反応で固めています。

つまり、簡単に言うと、
そもそもの固め方が違うので、

珪藻土の穴をふさぐことがありません。

つまり、壁材として加工されても、
はいから小町の加工の仕方だと、

珪藻土が存分に調湿性能を発揮できるのです。

そして、この方法だと、
実は、とっても硬く固まってくれるのです。

インターネットの質問サイトなどを見ると、
珪藻土はボロボロ削れるという意見を、良く見かけます。

確かに、ボロボロ崩れる珪藻土塗り壁はあります。

スタッフ手島も、
個人的に見に行ったショールームで
ぼろぼろ崩れている珪藻土塗り壁を見ました。

そこに塗られていた珪藻土塗り壁は、
触るとモフモフしており、

いたる所、傷だらけで、
場所よっては下地が薄く見えてきてしまっているのを
見かけました。

では、はいから小町は、どう違うのか。
そもそも「硬いって、どう硬いの?」と思いますよね。

私も、入社当初は他の塗り壁を知らなかったので、
確かに硬いけど、どれだけ違うのか想像がついていませんでした。

そこで、
私の実体験をもとに分かりやすく言うと、

はいから小町は、画鋲を刺せます。

以前、はいから小町にうっかりドライヤーをぶつけましたが、
びくともしませんでした。

息子がばしばしと壁をたたきますが、
床には何も落ちていません。
(叩いて欲しくないのですが)

布団を運ぶ時にこすっても、
布団には何も付きません。

壁は、カチンコチンです。

びしっと固まっているので、
余計な気を遣わずに、とても気持ちが良いです。

調湿性能を保つことができ、
更には硬く固まるので、生活がしやすい。

マグネシアとにがりのパワー、恐るべしですね。

一口に、珪藻土塗り壁と言っても、
性能は様々です。

情報を見極め、
ご自身に合った壁材を見つけてみてください。

もちろん、
はいから小町が、おすすめです!

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 高性能 硬い珪藻土 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 高性能で硬い珪藻土塗り壁 はコメントを受け付けていません。

珪藻土で、結露を防ぐ

投稿日:2016年01月19日 作成者:


こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの尾崎奈苗です。

気密性の高いマンションのデメリット

寒い冬は結露対策が心配です

一気に冬の寒さがやってきました。

うだるような暑さの夏よりも
どちらかと言えば冬のほうが得意な私ですが、
それでも最近はすっかり寒さに弱くなってしまい、
隙あらばコタツで丸くなりたい症候群です。

とは言っても、マンション住まいの我が家。
一軒家に比べると、寒さはかなり違います。

昔、家族で住んでいた一軒家は
冬になると本当に本当に寒くて、
朝起きてまずすることは、
ストーブにへばりつくことでした。

お手洗いや脱衣所の寒さといったら耐えがたく、
震えながら過ごしていたのを思い出します。

それに比べると、
今のマンションは暖房をつけていなくても
外から帰るとかなり暖かく感じられるし、
あのシンシンとした底冷え感は、雪の降るような日以外は
あまり感じることもありません。

マンションがなぜ暖かいのかという理由は
いくつかあります。

まず、マンションは、上下や左右を隣家で囲んでいるため、
各戸がそれぞれ温めあうことができます。

それから、鉄筋コンクリートは木造に比べて
熱を蓄える蓄熱量というものが高いため、
昼間、じわじわと貯めた熱が夜になると放出され、
よって、一日中温度が安定しやすくなります。

また、次の理由が一番大きいのですが、
コンクリートは隙間ができにくいため、
気密性が高くなり、それが暖かさへとつながります。

ただ、気密性が高くなればなるほど気になることがあります。

結露です。

気密性の高さゆえ、空気の入れ替わりがしにくくなり、
部屋の中にたまった水蒸気が結露となるのです。

私は以前、中国の上海に住んでいたことがあるのですが、
上海のマンションの結露はひどいものでした。

日本のマンションでは当たり前のように使われている断熱材が
上海の多くのマンションには使われていません。

そのため、外壁に面している壁が、毎朝起きるとビショビショです。
壁どころか、床にまで水たまりができる状態なので、
毎朝タオルで拭いても、どうしてもカビが発生します。

日当たりが悪くて奥まった部屋の壁はカビないのに
日当たりの良い外に面した壁がカビる、という光景が、
なんとも不思議というか、カルチャーショックというか、
冬になると毎日ため息をついていました。

ちなみに、業者を呼んで「カビが生える」と文句を言うと、
そのカビの上からそのままペンキを上塗りし、
「問題ない。」と言って帰っていきます。
そのため、どんどん壁が厚くなっている状態です。
そうやって、ごまかしごまかし、生活しているのですね。

それに比べたら日本の結露は随分とかわいいものですが、
それでも、カビは少しでも気になると思います。

一番よいのはこまめに窓を開けて換気をすることですが、
昼間は家にいないので閉めっきりになりがちだったり、
家にいたとしても、外が寒すぎたら、
なかなか窓を全開する勇気がわきません。

そんな方に自信をもってお勧めしたいのが、
珪藻土はいから小町です。

珪藻土には無数の小さい穴が開いていて、
その穴で呼吸することができます。

湿気が強いときには吸い取り、
空気が乾燥すると吐き出してくれるので、
加湿器や除湿機を使わなくても
自然に湿度を調節してくれるのです

実際、はいから小町を施工したお客様から、
冬の結露が大幅に減ったとか、
夏はカラッとして過ごしやすいなどというお声は
沢山いただいており、

アトピッコハウスの事務所も
はいから小町に囲まれて、毎日とても快適なのです。

もちろん、カビがぜったい生えないということはなく
適度な空気の入れ替えなどは必要ですが、

汚れにくく、消臭効果もあり、
なおかつ調湿性能があるはいから小町は、
気密性の高い現代の家にこそ、ぴったりな塗り壁です。

11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 結露 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 珪藻土で、結露を防ぐ はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー