アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
梅雨対策は自然素材の内装材で

梅雨対策は自然素材の内装材で

  • 31
  • 5月
  • 2018

そろそろ日本も梅雨の時期に入りますね。

洗濯物の乾きが悪くなり、なんとなく部屋もベタベタする。
日本人ならちょっと「あ~嫌だなぁ」と感じる季節ですね。

雨の多い梅雨の季節、皆さんは湿気対策はどうされていますか?

ホームセンターや家電量販店へ行くと、
いろいろな除湿グッズが売り出されています。それを見ると、
やはり湿気でお悩みの家は多いんだなぁと感じます。

エアコンも空気清浄を兼ねたものが多数。
その種類も機能も多すぎて選べません。

そして、果たしてどこまで違いを感じさせてくれるのか?
だから、いつも機能がシンプルなもので選ぶようにしています。

でも、エアコンは苦手という方も最近は多いですよね。
乾燥のし過ぎ、冷え過ぎの調整は中々難しい。

本来は、家電の力を借りるのではなく、
自然の気候の中で過ごすことが、一番心地よいですし、
身体への負担も少ないはずです。

そんな環境を整える事が出来るのか?

出来るんです、自然素材なら!

今回は梅雨対策なら自然素材の内装材を選んでみては?
という事をご案内してみます。

梅雨ってなんだろう?

梅雨対策は自然素材の内装材で

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

梅雨という表現の仕方の意味を読み解いたことはありますか?

梅の実が熟す時期にちょうど雨の時期が来たため、
梅雨といわれるようになり、中国から来た言葉だと、

梅のみが熟してつぶれるときに降る雨ということで、
「つぶれる」を意味する「潰ゆ」から来ている言う説、

木の葉に落ちる「露」から来ているという説、

いろいろな説があり、日本では「梅雨」と表現しています。

この言葉だけを聞くと、その四季の移り変わりに
風情すら感じます。

でも、実際は朝起きたときからすでに体がベタベタ、
なにかこぼしたわけでもないのに床もベタベタ。
歩くと足跡がついてしまうほどです。

空気もなんとなくムッとしていて、
子供たちは空咳のようなものをしています。

洗濯物が外に干せないから部屋干しすることになり、
ますます部屋の中は湿気だらけ。

なんていうちょっと「嫌な季節」ととらえている方の方が、
多いのではないでしょうか。

家電に頼らず家全体で湿気対策

湿気対策と聞いて、まず思い浮かぶのは除湿機ですね。

一晩で水がいっぱい溜まるのを見るとびっくりしますが、
一番手っ取り早いのはやっぱり除湿機かもしれません。

でも、全ての部屋に除湿機を備えるのは
電気代も含め、かなりの費用がかかってしまいます。

では、それ以外のもので湿気対策をしてくれるものって
何かあるんでしょうか?

実はあるんです!

私もここまで違うのかという体感をしました。

自然素材 塗り壁で湿気対策を

電気代もかからない湿気対策とは、なんでしょう。

それは、自然素材の建材を家自体に取り入れる事です!

アトピッコハウスの春夏秋冬を体感して、お伝えします。

自然素材は梅雨にも最強です。

アトピッコハウスの事務所の壁は自社商品の
「はいから小町」です。

これは、調湿性能で注目されている珪藻土。

珪藻土には無数の小さな穴が開いていて、
そこから自発的に呼吸をするので、

空気が湿っているときは湿気を吸って、
乾燥してくると湿気を吐き出してくれる、優れモノです。

施工面積も一部ではなく、事務所全体に施工しているので、

珪藻土の利点を最大限に生かされています。

なので、不思議と梅雨の季節にジメジメ感を
感じる事は全くなく、快適です。

自然素材 無垢材フローリングで湿気対策

もう一つは無垢材フローリング。

これも自然素材の一つで、吸湿効果があります。

梅雨の時期でも、裸足で歩いてベタベタすることは
ありません。

無垢材フローリングは素材そのものが「木」なので、
呼吸をします。

周囲の温度や湿度に合わせて空気中の水分を
吸ったり吐いたりしているという意味で、
“呼吸している”と表現されています。

それは切られて木材に加工されてもなお、
この“呼吸”は続きます。

乾燥した木材は自然に湿気を
吸収・放出を繰り返し室内の湿度を調整しています。

なので、これも梅雨対策としては、効果は大ですね。

自然素材で家全体の調湿性を保つ

これから家づくりをする方、リフォームをする方。

日本で暮らしていくのであれば、春夏秋冬、
四季の移り変わりがあります。

その四季を気持ちよく過ごす一つの手段として、
自然素材で家の内装をしつらえるという事を
取り入れてみてはいかがでしょうか。

梅雨の時期はもちろん、
真夏の暑さ、また冬の乾燥の時期などでも、
その心地良さを体感できます。

家電ではなくて、自然素材で家全体の調湿を整える、

という事も可能です。

いかがでしたか

日本の四季は本当に美しく、
海外でもその素晴らしさは、注目されています。

もちろん日本人の私たちもその四季に心動かされる
事も多々ありますが、それでもあ~この季節は暮らしにくいな・・・
と感じる事もあります。

もちろん便利な家電も沢山ありますが、
自然素材の内装材を取り入れる事で、ありのままの四季を
感じ、心地よく生活できます。

アトピッコハウスでは、そんな自然素材の内装材を
ご用意しています。

調湿性能が高い「珪藻土壁はいから小町」、
吸湿性のある無垢材床「ごろ寝フローリング」。

そんな自然素材の内装材を基本仕様とした
「べっぴんハウス」。

是非ご検討ください。

珪藻土塗壁 はいから小町
ごろ寝フローリング
べっぴんハウス

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら